350万人が利用する会社訪問アプリ

つながってこの人をもっと知ろう

自己紹介などの詳しいプロフィールは、つながりをリクエストして承認されると表示できます。

  • 「大学の新着情報をLINEに送信するアプリ」の開発

    大学1回生のとき、私は、「大学から新着情報がいつ流れてくるのかわからない」、「確認するのに毎回ログインしないといけない」ことに困っていました。なぜなら、知らない間に成績に関わるような重要な情報が送信されるからです。私は、「LINEは頻繁に確認するので、大学からの新着情報をLINEに送ることができれば問題を解決できる」と考えました。そのため、ローカル環境で、「大学の新着情報をLINEに送信するアプリ」を開発しました。その結果、上記の問題を解決することができました。

  • 新規立案ハッカソン

    学生時代に頑張ったことは、ハッカソンです。理由は、チーム開発をして、結果を残す経験をしたいと考えたからです。将来、開発業務に携わる場合、結果を求められることがあると思います。そのため、どのようにすれば、チームで結果を残すことができるのかを学生のときから経験しておく必要があると思い、ハッカソンに真剣に取り組みました。最終的には、優勝することができませんでしたが、「なぜ、優勝したチームは評価されたのか」、「優勝したチームと私たちのチームの違いは何なのか」ということを学び、以前より「チームで結果を残すこと」に近づけたと思います。

  • 草津街あかり・華あかり・夢あかりプロジェクト

    学生時代に頑張ったことは、草津市のボランティア活動です。なぜなら、草津市の方に恩返しをしたいと考えたからです。私は、駅から大学までのバスの送迎や学食の提供など草津市の方の支えがあることで、大学生活を送ることができています。そのため、いつもお世話になっている草津市の方に恩返しをしたいと思い、草津市のボランティア活動に参加しました。その様子をYouTubeに掲載した結果、900名以上の方に楽しんでいただきました。このことから、草津市の方に恩返しができたと考えております。

この先やってみたいこと

未来

世界中の人の役に立つサービスを開発することです。なぜなら、より多くの人に喜んでいただきたいからです。「大学の新着情報をLINEに送信するアプリ」を友人に紹介すると、「こういうアプリ欲しかった」と喜んでいただけました。そのとき、自分の開発したサービスで、誰かの役に立つことができることを知り、自信に繋がりました。その結果、さらに多くの人に喜んでい


企業からスカウトをもらいましょう