350万人が利用する会社訪問アプリ

Keigo Arai

ファシリテーター / ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくこと群馬

Keigo Arai

ファシリテーター / ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくこと

山梨県富士吉田生まれ。2007年、専修大学を卒業後、地元の市役所に一般職として勤務。2011年、東日本大震災での被災地派遣をきっかけに、地域の人が地域のことを担う大切さを痛感する。以降、シビックプライドを育むことを軸におき、地域のおじちゃん、おばちゃん、中高生、さまざまな人たちと空き家再生、中心市街地活性化、産学官連携などのプロジェクトを立ち上げる。同時に「やりたいことができるまち」をコンセプトに地域の人

この先やってみたいこと

未来

40代でも挑戦していいですか。 自分のこれまでとは違う、知らない世界を知りたい気持ちが強くなってきました。業種・職種に問わず、ピンときたらお声がけしてもらえると嬉しいです。

ファシリテーター3 years

ワークショップデザイン・ファシリテーター・きくこと現在

- 現在

小さな声を掬うをコンセプトに、まちづくりでは講演やワークショップを行っています。組織向けには課題整理/ミッションビジョン作成/チームビルディングのための1on1やワークショックなどをおこなっています。

SDGs・地方創生推進補佐3 years

鹿児島県大崎町

-

リサイクル日本一の街、鹿児島県大崎町にてSDGs、地方創生を推進していくプロジェクトに従事。総合計画作成、リサイクルをテーマにした研修・研究、推進団体の立ち上げなどをワークショップデザイン、ファシリテーションを通して参加型の場づくり企画設計・運営を担当。

ブレーキンゲ工科大学2 years

Master in Strategic leadership towards Sustainability

-

スウェーデンの大学院でサステナビリティとリーダーシップの修士号を取得。サステナビリティのフレームワークと、サステナビリティに向かうためのリーダーシップ育成を学ぶ。 ドイツ・ブレーメンの農業コンサルティング会社「MMB」のサステナビリティを軸にしたビジョンメイキング・アクション

財団法人4 years

事務局長

-

事務局長として、バックオフィス全般(経理、人事、労務など)、プロジェクトマネージャー、企画、雑務全般を担当。大きな役割としては、関わる人たちのケア。プロジェクトや事業の名前のない仕事がたくさんあり、総じて雑務を全てこなしたプロジェクトマザーを担当。

地方公務員10 years

地方公務員

-

2011年東日本大震災への1ヶ月の災害支援を機に、自分が生まれた街を愛し、コミットすることを決意。 公私を融合し、まちづくりに奔走する。中間支援組織の立ち上げ、慶應義塾大学連携コーディネーター、地域リーダー、市役所若手職員リーダーの育成などファシリテーションとワークショップデザインを軸に活動。 詳しい仕事については、インタビュー記事があります。


企業からスカウトをもらいましょう