Norio Tadokoro

ネットウイングス / 代表兵庫県 尼崎市

Norio Tadokoro

ネットウイングス / 代表

情報インフラだけじゃない言語も回路もわかるシステムエンジニア 52

1970年5月、福岡県北九州市小倉北区で出生。旧姓:横尾。20歳のとき、千葉家庭裁判所で、子の氏の変更届を出して現在田所姓。兵庫県尼崎市在住。基本、千葉県富里市には、すいか畑と、森と、道と、空しかないので(笑)そういうところで素朴に育ったんで、実に田舎者です。なので、「素朴なエンジニア、略してSE」と自称しているのです。

この先やってみたいこと

未来

情報弱者がなくなる、情報セキュリティインシデントがなくなる世の中にしたい。日本政府は75歳まで働いてくれ(年金的に)と仰っている。基本、男に定年はない、と考えているフシがある52歳です。身体と頭脳の続く限り頑張りますので、よろしくお願いいたします。

ネットウイングス20 years

代表現在

- 現在

創業を目指して頑張って来たものの、最近ではインフラ系SEや、情報セキュリティエンジニアなどに帰り咲こうとしています。

株式会社ヤマイチテクノ1 year

営業部 営業支援課 テクニカルグループ

-

大阪市西区の大阪リコーの代理店の技術部門に配属。一個でも多くの故障したコンピュータ類を一個でも多く修理する。そのためだけです。「おれがなんでも修理する」と言ったカチカチの技術屋さん(直属上司)と「おれがなんでも売って来る」と言ったカチカチの営業マンが、同じ営業支援課にいたから、水と油ですよ。混ぜるな危険ですよ。そこでの気苦労が多かったです。

  • 要は、保守契約を結んでくれたお客さんの「社外SE」をしていました

    ICTと格好いい、耳障りの良い言葉にはなっていますが、要は、電話対応(主に故障などの文句、苦情)と、出張サポートに出かけて、情報インシデントの切り分け作業、原因の分析と情報機器の保守サービス、それに、怒っているお客さんのガス抜き作業まで(笑)なんでもやりました。「なんでもやります部」と言っても良さそうな感じです。

    -
  • 現在では、南堀江の物流センターはITセンターになっているようです

    昔の物流センター(TLセンター)は、一部改装されて、ITセンター(ITをつかさどる部門)は、本社営業部から建物ごと分離配置されているようです。

    -
  • LAN UTPケーブル(Cat5e)を作る作業

    こういうことばっかりしていた記憶があります。箱に入ったLANケーブルを、よいしょっと箱からお徳用のLANケーブルを引っ張って来て、お好みの長さに切り離して、先っちょの被覆を剥いて「緑白、緑、茶白、茶……」まさに情報インフラの一丁目一番地にいましたね。今では、こういうサイト(リンク先のリンク先)を見ないと覚えていないんですけどもね(覚えようという気持ちすらありませんでしたね) いかに、ケーブルテスターで、低いデシベル数を叩き出すか、課内で競い合った経験があるのですよ。

    -

タケウチ事務機株式会社6 months

営業部 技術課 システムサポートグループ

-

兵庫県西宮市甲子園口にある、兵庫リコーの代理店。お客様にパソコンやサーバー類のカスタマーサポートを行いました。Windows 2000 Server、Microsoft Exchenge Server(社内試用)、DNS BIND など、インフラ系エンジニア寄りでした(です)。

  • 千葉県立千葉工業高等学校・情報技術科にNEC Express5800サーバー(Gモデル)1台を寄贈しました

    「コンピュータ技術研究部で使ってください」と、Vine Linux Serverとして、千葉工業高等学校・情報技術科に寄贈したものですが、部員らはパーツ取りに使ったらしく、その「鼻毛カッターサーバー」は、中身だけ抜かれて、本体をバラバラにされた模様です。残念ながら。当時は、鼻毛カッターが付属していたことから、通称「鼻毛サーバー」と呼ばれていた、簡易的なオンプレミス環境のPCサーバーでした。 「学校の授業に使ってくださいね」と念を押していれば、そのサーバーは、分解されることもなく、Linuxサーバーとして役立ったと思っています。約5万円の無駄遣いでした。後輩がこれほど現金でバカだとは思いませんでした。酷い後輩を持ったおじさんは、大変嘆かわしく、そして、悔やまれます。

  • お客様先で、自作機&ADが組んであって、HDD故障でデータが吹き飛ぶ恐怖を味わいました

    前々職で、データが吹き飛ぶ恐怖を味わったので(自作機で、パソコン2台でWindows Server の Active Directory が組んであって、サーバー機のHDDが故障したのでADも組めなければ、データも吹き飛んだ経験がありますので)それについては恐怖しかございません(汗)

    -
  • 西宮市内法人さまにおけるデモンストレーション

    サイボウズAG(当時)のグループウェアのデモンストレーションを行いました。それなりに、自社ショールームに訪れた法人様には購入していただけたようです。 また「簡単に使えるもの」が、裏を返せば「簡単に設定できないもの」であることを理解した時期でした。

    -
  • 故障したコンピュータ→兵庫リコーへ持ち込み修理

    当時、自社では故障したコンピュータを修理する術(部品など)がなかったので、兵庫県尼崎市南塚口町(当時)の兵庫リコー阪神営業所に持ち込んで修理代行をお願いしました。

    -

アイシー印刷株式会社3 months

工務部 プリプレス課

-

やっぱり印刷かな? と思って一時的に印刷業DTPに戻った次第です。訓練校(ポリテクセンター兵庫)の畠山講師に言ったら「それは勿体ない!」と言われて次を探したものです。この会社には、あまり良い思い出はありませんでした。

  • 三菱電機(伊丹製作所)半導体技報のDTP

    一般人には理解不可能な、難しいパワー半導体などの技報を仕上げました。何回も再校正があり、困難を極めましたが、Edi Color(版組ソフト)や、FACIRIS(面付ソフト)の技術を活かし、制作・納品にこぎつけました。

    -

株式会社アクテック5 months

システム開発部

-

大阪市北区芝田町のプログラム受託開発企業。いきなり顧客先派遣は難しいので、JUA(日本ユースウェア協会)の仕事から始めさせてもらいました。

  • ニムダウイルスとの約6時間に及ぶ「仁義なき戦い」を制したのは僕です

    社長夫人の親戚の貿易商社(大阪市内)に赴いて、ニムダウイルスと初対面しました。当時は、オンプレミス環境のサーバーも、クライアント機も、セキュリティソフトがあまりなかったか、とてもライセンスが高額でしたので、その会社は、セキュリティソフトが全く入っていませんでした。それどころか、従業員が、ウイルスによって咲いたお花の画面を飾っていましたので、思わず「全部のクライアント機からLANケーブル抜いてください!」と叫んで、1台1台ウイルスを抜いて行ったのですが(トレンドマイクロ社のもので)しかし、放置期間が長すぎたため、食われたファイルも多く、全面復旧には至りませんでした。

    -
  • 心に沁みる社長さんの言葉「一流のエンジニアは、一流のビジネスマンであれ」

    「お客様の満足を得るためには、まず技術者として一流であることが必要ですが、技術力だけでは本当にお客様のご満足を得ることはできません。お客様の立場に立って、お客様のご満足とご信頼を得るためには、人とコミュニケーションがとれる、人の気持ちがわかる、きちんと責任が取れる、常にプラス思考であることが必要です。人間として、社会人として、ビジネスマンとしても一流でなければならないという信念を持って、積極的に新しい技術にチャレンジする技術屋集団です。」(神谷 坦社長のあいさつ文より)

    -
  • JWNTUG(日本ウインドウズNTユーザーズグループ)所属

    JWNTUGという勉強会の関西支部所属(現:JANOG)でした。MSC(マイクロソフトカンファレンス)後に、マイクロソフトの技術営業さんと一緒に軽食をつまみながら、Windows NT / 2000の今後の動向を語ったものでした。MS MVP、データーサイエンティストの河端善博さん(大阪府和泉市)とか、JWNTUG関東の現マイクロソフト安納順一さん(栃木県)と親交があるのです。

    -
  • MS Visual Basic 6 の自学自習

    実機なしで、プログラムを動かさずに読書だけでしろ、学べというのは僕にはきつくて、そこで挫折しましたね。今ほどパソコンが(DOS/V機と呼ばれていた頃)安価ではなかった頃のお話です。

    -

雇用・能力開発機構 ポリテクセンター兵庫6 months

情報システムサービス科(政府系専門学校)

-

修了研究:Windows NT4 Server、Apache Web Server、BIND DNS Server、Fedora Core 3 Serverなど 学習したこと:ANSI C、Visual Basic、N/Wルーター(CISCO)など

  • ディジタル技術検定 3級合格

    ちょっと昔過ぎて、正式名称を思い出せないのですが、工業高等学校・情報技術科でやったようなことの、ちょっと応用をやって合格しました。この時やったことは、電子回路、ゲートICなどです。

  • J検(情報能力活用検定)準二級合格

    結構頑張った結果がこれです。2級になると、プログラミング演習があるのでちょっと当時の僕には無理でした。

  • VBA、VBA for Access もバージョン2000で学んでいます

    当時の畠山講師の下で、VBA、あるいは、VBA for Access も学んで来なくはありませんでしたので、最新式に対応する分には、ある程度の習熟期間は必要ですが、ほぼほぼ即戦力と言っても過言ではありません。

    -
  • 同時に「放送大学 ベンチャー企業論」を目指すものの、単位取得に失敗

    ポリテクセンター兵庫が終わったら、当時あった原付バイクで、当時の放送大学兵庫学習センター(武庫川女子大学・別館)まで、ビデオテープや、カセットテープ(古い)を借りに行き、「ベンチャー企業論」ベンチャー企業論('00)経営学('00)経済学('00)マーケティング論('00)を取得しようとしたのですが、ポリテクセンター兵庫の授業が結構濃密でしたので、単位の取得までには至りませんでした。

    -

阪神印刷株式会社7 years

工務部 写植課→プリプレス課

-

怖ろしく出世が遅い会社で、主任級のことを任されていても出世できない(上がつかえていた)会社でした。また、ISDN回線が敷設されていたにも拘わらず、営業部員が全員IT音痴で1台もPCをインターネットに繋ぐ様子もなく、ホームページ一つありませんでした。(作れとも命じられていない)さらに、商品開発部もないような印刷会社だったので、平成12年2月には会社を清算しました。(計画倒産とも言います)

  • もし、オンプレミス環境のインターネットサーバーを立ち上げることが出来たなら 阪神印刷株式会社をつぶさずに済んだ

    しようとしても、出来なかったことです。もし、会社が、せめて営業活動に際して、広報活動に際して、レンタルサーバーでもなんでもいいんです。ICT関連の改善に、若者をもっと信じて登用してくれたなら、僕田所や、祝さんらで、インターネット関連のお仕事も出来なくはありませんでした。しかしながら、提案を受け付ける窓口がない。ただ働きの可能性もありましたので。それに、社長(二代目)自身が、会社を続ける気がなかった(計画倒産の噂さえ立っていました)ので、提案したくても出来ませんでした。

    -
  • DTP作業の近代化、コストカットなど

    少しでもコストカットをするために、それまで文字入力に外注費を払っていたやり方を、JIS106キーボードを女性社員に学習させて、SMI EDIAN PLUS(産経新聞社がやっていた組版システムと同じもの)が導入された際にもそのスキルが活かせた。なお、JAGAT(日本印刷技術協会)神戸支部のDTP職業訓練も受けています(Adobe製品とiMac)

    -
  • 写研・一寸の巾式キーボードと8インチFDの廃止

    まず、年少者から、Windows98/2000 の面白さを理解させ、文字入力の外注費をコストカットしました。次いで、SONY NEWS Workstationや、Power Mac(iMacのこと)の導入に際して、年長者(老人)を除いては、8インチFDを廃止しました。

    -

カグラベーパーテック株式会社2 years

技術部

-

本当のLPGって液で出来ていて、ボンベの中もあれは液状なのです。それを切り替える切替弁の軽量化・動作音静粛化改良設計に携わって、それなりに量産化にこぎつけました。なお、当時の社名は先代が付けた「イノベーション」&「ベスト」合わせて「カグラインベスト株式会社」でして、よく投資投信顧問会社と間違えられました(そういう間違い電話が多数かかる)爆発

  • 現在では、有馬工場 技術グループになっています

    平均的な技術部員の一日はこんな感じです。僕は、弁管類(圧力調整バルブ、LPG液切り替えバルブなど)を扱って来ましたので、燃焼実験グループは専属ではなかったです。いま、カグラにいま入社すると、クルマがない人は、JR立花本社ではなく、神鉄二郎(にろう)が最寄り駅になり、工場までの急坂を、えっちらおっちら登ることになりますよ。

    -
  • 平社員でも役職なくても部長代理

    技術部長が、太陽光揮発型のベーパライザーを開発した経験上、日本太陽エネルギー学会というところに所属しており、「ワシは忙しいので、田所、お前、代わりに関西電力の宮津のエネルギー研究所に行ってレポートを提出してくれよ」と言われたので、宮津のエネ研までバスツアーに参加して来ました。 知らない大人たちに囲まれて、終始よそよそしさを感じながらの参加でしたが、丹後の宮津の海の幸をいただいて、ホクホク顔で帰って来ました。レポート課題は、正直、今となっては全く覚えていません(笑)

    -
  • LPG液系統自動切替弁の改良設計

    取締役技術部長直下のプロジェクトで、平社員は僕しかおらず、といった状況の中で、現行製品の「キリカエ」(そのまんまのネーミング:現、エルアール)をポイっと渡され(本社技術部)工具とノギスを渡されて「分解してみろ、それが学びだ」というところから開始しました。駅前の本屋さんで「初学者のための機械製図」「初学者のための機械材料」という本を購入してもらいました。旅費交通費・試験研究費という概念はこの会社で知りました。また、稟議書をはじめとする各種ビジネス文章のスキルも「文章起案の技術」という本を買ってもらって、ビジネスマナー研修めいたものもありました。ここに書ききれないぐらい、いろんなことを担当いたしました。 なお、軽量化設計においては、カム、ダイヤフラム部分を、全て導電性の66ナイロンにして軽量化を図り、試作機は出来たのですが、技術部長が「ワシの代では、それは品質に責任が持てない」と言われて却下されました。

    -

株式会社千葉そごう2 years

電器文化雑貨課

-

取りあえず、契約社員として採用されたはいいものの、水島会長の本拠地(当時)食料品売り場(デパ地下)がけん引しており、その他AV商品は売上イマイチなところへもってきて、新米社員が70円で仕入れた乾電池を72円で売ろうとするなど、正社員にコスト意識が全くない。そんな職場でした。むしろ、アルバイト・契約社員・プロパー社員の方が元気ハツラツでした。

  • 段ボール箱たった12箱で、父親の元から独立

    親の離婚調停が成功したので、千葉家庭裁判所で子の氏の変更届を提出し受理。母親の姓「田所」を名乗るようになりました。同時に、母親を養うことになり、自分自身と母親を食べさせなければならない困難に直面しました。幸い、母親が先に千葉そごう(催事場担当の)パート社員だったので、食べるには困らなかったのですが、千葉市(緑区)誉田の住環境が良くない(少年院を出てから観察処分になっている男性が上階に住んでいた)ため、家主から敷金礼金返してもらって、そのおカネを元手に、兵庫県尼崎市に転居したものでした。

  • やがてコンビニが、そごう・西武を屠ろうとしている現在です

    本当に、百貨店で生計を立てていなくて正解だったのですが、完全にアパレル移行になろうとも、ターミナル駅でモノを陳列して、売って儲ける「百貨店ビジネス」は、コロナ禍と、インターネット社会の中で、完全に終わりを告げようとしている2022年です。コンビニが、そごう・西武を飲み込んだ上で、屠ろうとしている現在です。そごう・西武売却報道を受けて、コンビニの株価が、高値を付けるというご時世です。デバートメントストアというものが、今ではすっかり厄介者扱いです。

    -
  • 村田機械感熱紙ファクシミリの拡販

    そこで、村田機械株式会社さんの「エフ・ジャン・ムーラ」というA4のファクシミリを2個セットで売りまくって、売り場の上司からは「ムーラ」というあだ名が付く。本来商業系の脳みそをしていない(工業系情報処理)のですが、ここで、商売っ気を出して売り上げに少しは貢献できたかな? と思っています。

    -

第一家庭電器株式会社9 months

DAC(ダック)千葉店→鎌取店

-

お客さんに売るとともに、自社商品買いを友人と一緒に進めたのですが、上手く奏功しませんでした。仕入れ部門(本社)に、仕入れ値のディスカウント能力が全くなく、商品仕入れ値の12%しか利益を吹っ掛けられない。同時に、店舗の上司毎に派閥めいたものがあり、縄張り争いで同士討ちをしている。そんな会社が、他店に勝てる訳もなく、ハゲタカファンドに全部持って

  • 千葉セントラルプラザ(再開発)旧奈良屋に出来た家電量販店

    東洋経済オンラインのように、かつて千葉市街を支えた「千葉セントラルプラザ」内に出来た「第一家庭電器DAC千葉店」です。このセントラルプラザそのものも、2013年に解体工事され、現在では「千葉セントラルタワー」という住居兼店舗がございます。

    -
  • 60番台商品(パソコン商品)の拡販

    家電製品を販売しました。特に、オーディオ専門店ということもあり、バブル末期の好景気でもあったので、たこ焼きが売れるように、飛ぶように高級オーディオコンポが売れました。60番担当でもあったので、第一家庭電器が弱いとされているパソコンの拡販にも努めました。

    -
  • 社員優待購入を積極的に進めました

    売り上げがバブル崩壊とともに頭打ちになったので、なるべく自社の在庫を取り崩すために、松下電器のこたつ、MSX用の専用カード(FS5200用)RS-232Cカード、アイワのパソコン通信モデムなどを、社員優待で購入して、売り上げに貢献しました。

    -

千葉県立千葉工業高等学校3 years

情報技術科

-

https://cms1.chiba-c.ed.jp/chiba-th/ TTL回路、電源回路、アセンブラ、FORTRAN77、COBOL80、ANSI Cなどを学びました。芸術科や家庭科を端折った普通科の勉強と同時並行で学ぶものです。 校訓:信義礼譲・自主責任・勤労愛好

  • 死屍累々のLSIを壊した「おれの青春」

    何をどうやったか。まあ、記事をご覧ください。千葉県全県区から集まった、電子工作オタクの集団に囲まれた結果、このような不思議ちゃんが出来上がったものですよ(笑) その結果として、社会に出てからのお仕事は「パソコンの修理」ですよ。えらい違いですよ。180°違う。なぜかというと、死屍累々の電子部品を壊して来た結果「あ、ここを触ったら、俺の本能がヤバイと言っている」という風な変な勘が付き、それからというもの、何の贖罪か、パソコンを申し訳ございませんと言わんばかりに修理している毎日を過ごしたものです。

    -
  • 全国工業高校校長協会 計算技術検定 3級合格

    工業高校に欠かせない、計算技術検定という、関数電卓をどこまで使いこなせるか、という試験が、年度末試験に出て来るものでした。とろくさいので、ノロノロしているので、僕は関数電卓はゆっくりと使う派です。

    -
  • 全国工業高校長協会 情報技術検定 2級合格

    授業を真剣に受けていれば、学年年度末試験があるのです。工業高校では。(以下、Wikipediaより) 「基礎的情報技術に関する、知識と技能が習得されているかを検定する事が目的である。 受験資格は、高等学校在校生・卒業者および受検校が受検を認めた者である。 高等学校では「情報技術基礎」をすべての学科で履修する様になり、情報に関する知識や技術の習得が必須となったため、情報技術検定に関しては科目関係なく受験する傾向にある。」

    -
  • メモリのガーベイジコレクション、コンデンサ・蓄電池の充放電特性などの学習

    情報技術(1・2・3)、実習、工業数理、電気基礎(上)(高圧電力を除く)、電子技術などの授業では、例えば、キルヒホッフの法則(閉回路の電位差の和はゼロ)とか、プログラム実習では、例えば、メモリ領域を管理する、スタック・ヒープ領域などの、POP、PUSH、FIFOなどの概念を学んでおり、ガーベイジコレクション(無駄遣いしているメモリ領域を解放すること)なども学びました。また、コンデンサ・キャパシタ・蓄電池などの充放電特性といった突っ込んだことも、千葉県立千葉工業高等学校・情報技術科ではさせるものですよ。あとは、半導体素子の原理をトランジスタから学んだ、とかですね。

    -

富里市立富里北中学校3 years

-

https://www.fureai-cloud.jp/tomisatokita-j/ 千葉県印旛郡富里町立富里北中学校。心技体を重んじる学校です。インドの山奥じゃなく、印旛の山奥。野菜とスイカしか獲れないような田舎に出来た、成田市の植民地的ニュータウン。京成成田駅やJR成田駅から都心を目指す通勤客多し。

富里市立日吉台小学校2 years

-

https://www.fureai-cloud.jp/hiyoshidai-e 千葉県印旛郡富里村立日吉台小学校。主に、身体をトレーニングさせる学校。

川崎市立宮前平小学校1 year

-

https://kawasaki-edu.jp/2/609miyamaedaira/ 小学校4年生のお勉強。親の勧めで「日能研・たまプラーザ校」に通うが、ストレスで挫折。

  • 日能研(横浜市)たまプラーザ校に1年通う

    近所の、現:あおば沢井病院の院長先生(が、まだ爆竹で遊んでいた頃)母に促され「沢井さんと同じお受験塾に通いなさい!」と命じるので、しぶしぶ行きました。勉強大嫌いなのにね。トリッキーな問題(いま思えば、中学校の国語・数学の先取り)ばかりで、小学校3年生の凡人には毎日がつらかったのですが、何とか1年通い、千葉県富里市に越した時には、身体はしんどかったですが、学校の勉強はせずとも出来ていましたね。僕の教育方針をめぐっては、父母同士で対立しており、母が「慶応義塾大学に行きなさい!」と言う一方、父が「憲雄、これからはコンピュータだ!」と違う教育方針でしたので、間に立ってとてもつらかったです。

    -
  • 川崎市立小学校合唱コンクール出場

    当時は、川崎市立中原会館と呼ばれていた施設です。「牧場の子牛」「さあ太陽を呼んで来い」の2曲を、クラス全員で合唱したものです。渋谷先生という音楽の先生が、合唱コンクールに非常に熱心な方でしたので、宮前平小学校代表として出場したものです。

北九州市立守恒小学校3 years

-

https://www.kita9.ed.jp/moritsune-e/ 小学校1年と3年は守恒小学校。小学校2年生は、当時の北九州市立企救丘養護学校・小倉記念病院分室。(気管支喘息の公害病認定患者のため)

  • 初めての図書館で「車のいろは空のいろ」

    今でこそ、小2の国語の教科書に出て来るぐらいの名作ですが、1970年代当時は違いました。守恒小学校の図書館で借りた初めての図書は「車のいろは空のいろ」という「松井さん」という気のいいタクシー運転手さんが登場する、不思議なお話だったのです。あれ以来、不思議なもの好きになりました。

    -

学校法人村端学園 志徳幼稚園2 years

ばら組(年中組)→ふじ組(年長組)

-

http://shitoku.murahashi.ed.jp/ 主に、どろんこ遊びをしていました。自宅ではレゴ・ブロックで遊ぶ日々。給食旨し。



言語

  • English - Professional
  • Japanese - Native

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう