中嶋 俊輔

焼肉おしわら / アルバイト

中嶋 俊輔

焼肉おしわら / アルバイト

中嶋 俊輔

焼肉おしわら / アルバイト

Why not create your own Wantedly profile?

Showcase yourself and your experiences to bring your professional story to life.

Join

自分の頭を使う

私は「今、頭を使え」というキャッチフレーズで活動しています。 私は過去にアルバイト以外の収入を得ようと考え、副業を始めました。 しかしゼロから何かを始めることへの大変さとつらさから、「頑張れば稼げるようになる」という甘い言葉に騙され、55万円のお金を失ってしまいました。

Instagramにおいて認知0の状態から一投稿で最大1000人に見られるような投稿を作りました

私はInstagramにおいて認知0の状態から一つの投稿で最大1000人に見られるような投稿を作りました。 Instagram運用を行った理由は2つあります。 1つ目は、過去に情報商材に手を出して55万円失った経験から私のように簡単に自分のお金を失って後悔する人を一人でも減らしたいと考えたため。 2つ目は、Instagram運用を通じて何者でなくても、たとえスキルやノウハウが全くない状態でも頑張れば自分の力で人生を良くできるというメッセージを届けたいと考えたため。 以上の理由からInstagram運用を始めました。 私と同じようにInstagram運用をしている人はたくさんおり、Instagramのシステム上フォロワーやファンが多い人、成長率が早い人を頻繁に見かけます。しかし私は3ヶ月運用しても50人フォロワーを集めるのでやっとでした。以前は周りと比べて成長速度が遅い自分に対して劣等感を抱き、数ヶ月で結果が出なかったことがわかると自分には向いていないと諦めていました。過去にブログを運用した時はそうでした。 しかしそこで挫折することなく、PDCAサイクルを回して失敗と成功を繰り返したことで今では1回の投稿で約1000人に見られるようになりました。 他の人と比べると結果はまだ良いとは言えず、自分でも納得していません。 しかしこのような体験をしたことでどん底に落ちても諦めず、這い上がって努力するを身につけられたと感じています。

組織に頼らず、自分の力でお金を稼いだ

私はせどりを初めた最初の月で9万円の利益を出し、そこから現在に至るまでの半年間、毎月5万円以上の利益を出し続けています。 私は過去、情報商材に手を出して55万円失ってしまった経験から自分の力で物事を決断する勇気が足りていなかったことを自覚し、今度は他者に頼ったものではなく自分の力でお金を稼げるようになりたいとい思い、せどりを始めました。 せどりを始める前は3ヶ月で継続率が50%減り、1ヶ月で1万円の利益を出せれば良いと事前に聞かされていました。その中で私が半年以上継続し、結果が出せたのは以下の2つの点があったからだと考えています。 1つ目は、せどりを行う目的と目標の明確化です。私は物事を行う上で目的と目標の明確化こそ継続する上で最も大切だと考えています。そこで「人生の選択肢と収入のリスク分散、そして自分の力で商売を行う経験を得る」という目的を定め、「目的達成のために毎月5万円の利益を得る」という目標を最初に設定しました。 2つ目は、領域選定です。何を主軸に商品を売るのかはとても重要でここをミスしてしまうと結果はほとんど出ません。そこで私は比較的相場が不安定な「アニメ」を主軸に行いました。他のジャンルとは異なり、限定品などレア値がつきやすいものを選ぶことでより高利益を出せる確率を高めました。 以上の2つのことをしたことで上記のような結果を得られました。 私はこのように論理的かつ戦略的に物事を考えることで求める成果を出すことができます。

Instagram

インスタグラム運用をしている理由は過去に情報商材に手を出し55万円失ってしまった経験から私のような失敗をする人を減らしたいという思い、そして自らの力で社会に価値をもたらすことのできる人間になりたいという思いからスタートしました。 私と同じようにインスタグラム運用をしている人はたくさんおり、インスタグラムのシステム上フォロワーやファンが多い人、成長率が早い人を頻繁に見かけます。 しかし私は3ヶ月運用しても50人フォロワーを集めるのでやっとでした。 以前は周りと比べて成長速度が遅い自分に対して劣等感を抱き、数ヶ月で結果が出なかったことがわかると自分には向いていないと諦めていました。 過去にブログを運用した時はそうでした。 しかしそこで挫折することなく、PDCAサイクルを回して失敗と成功を繰り返したことで今では1回の投稿で約1000人に見られるようになりました。 また最近では1日に1フォロワー以上獲得できるようにもなりました。

Instagramにおいて認知0の状態から一投稿で最大1000人に見られるような投稿を作りました

私はInstagramにおいて認知0の状態から一つの投稿で最大1000人に見られるような投稿を作りました。 Instagram運用を行った理由は2つあります。 1つ目は、過去に情報商材に手を出して55万円失った経験から私のように簡単に自分のお金を失って後悔する人を一人でも減らしたいと考えたため。 2つ目は、Instagram運用を通じて何者でなくても、たとえスキルやノウハウが全くない状態でも頑張れば自分の力で人生を良くできるというメッセージを届けたいと考えたため。 以上の理由からInstagram運用を始めました。 私と同じようにInstagram運用をしている人はたくさんおり、Instagramのシステム上フォロワーやファンが多い人、成長率が早い人を頻繁に見かけます。しかし私は3ヶ月運用しても50人フォロワーを集めるのでやっとでした。以前は周りと比べて成長速度が遅い自分に対して劣等感を抱き、数ヶ月で結果が出なかったことがわかると自分には向いていないと諦めていました。過去にブログを運用した時はそうでした。 しかしそこで挫折することなく、PDCAサイクルを回して失敗と成功を繰り返したことで今では1回の投稿で約1000人に見られるようになりました。 他の人と比べると結果はまだ良いとは言えず、自分でも納得していません。 しかしこのような体験をしたことでどん底に落ちても諦めず、這い上がって努力するを身につけられたと感じています。

組織に頼らず、自分の力でお金を稼いだ

私はせどりを初めた最初の月で9万円の利益を出し、そこから現在に至るまでの半年間、毎月5万円以上の利益を出し続けています。 私は過去、情報商材に手を出して55万円失ってしまった経験から自分の力で物事を決断する勇気が足りていなかったことを自覚し、今度は他者に頼ったものではなく自分の力でお金を稼げるようになりたいとい思い、せどりを始めました。 せどりを始める前は3ヶ月で継続率が50%減り、1ヶ月で1万円の利益を出せれば良いと事前に聞かされていました。その中で私が半年以上継続し、結果が出せたのは以下の2つの点があったからだと考えています。 1つ目は、せどりを行う目的と目標の明確化です。私は物事を行う上で目的と目標の明確化こそ継続する上で最も大切だと考えています。そこで「人生の選択肢と収入のリスク分散、そして自分の力で商売を行う経験を得る」という目的を定め、「目的達成のために毎月5万円の利益を得る」という目標を最初に設定しました。 2つ目は、領域選定です。何を主軸に商品を売るのかはとても重要でここをミスしてしまうと結果はほとんど出ません。そこで私は比較的相場が不安定な「アニメ」を主軸に行いました。他のジャンルとは異なり、限定品などレア値がつきやすいものを選ぶことでより高利益を出せる確率を高めました。 以上の2つのことをしたことで上記のような結果を得られました。 私はこのように論理的かつ戦略的に物事を考えることで求める成果を出すことができます。

Instagram

インスタグラム運用をしている理由は過去に情報商材に手を出し55万円失ってしまった経験から私のような失敗をする人を減らしたいという思い、そして自らの力で社会に価値をもたらすことのできる人間になりたいという思いからスタートしました。 私と同じようにインスタグラム運用をしている人はたくさんおり、インスタグラムのシステム上フォロワーやファンが多い人、成長率が早い人を頻繁に見かけます。 しかし私は3ヶ月運用しても50人フォロワーを集めるのでやっとでした。 以前は周りと比べて成長速度が遅い自分に対して劣等感を抱き、数ヶ月で結果が出なかったことがわかると自分には向いていないと諦めていました。 過去にブログを運用した時はそうでした。 しかしそこで挫折することなく、PDCAサイクルを回して失敗と成功を繰り返したことで今では1回の投稿で約1000人に見られるようになりました。 また最近では1日に1フォロワー以上獲得できるようにもなりました。

In the future

Ambition

In the future

私は人生において「自分の頭で考えて行動する」ことを大切にすると同時にこのような状態で在り続けたいと考えています。 それはこれまで行ってきたサッカーやアルバイト、副業などの全ての経験から考えたことです。これらの活動を行う上で私が楽しく幸せだったと思えたことの共通点は「自分で自

June 2020
-
Present

アルバイト
Present

June 2020 -

Present

教える立場として新しく入ってきた人に仕事を教える際、私は人が早く仕事ができるようになるためにはどのような指導方法がよいのかを意識して取り組みました。 そのような行動を心がけている理由は将来自分自身が上司や親として部下や子供を教える立場になった時に活かせると考えたからです。 私がとった指導方法は相手に「考えさせる」をベースにしたものです。

Apr 2015
-
Mar 2018

藤枝明誠高等学校

3 years

普通科

Apr 2015 - Mar 2018

私は高校時代、サッカー部での活動を通じて論理的に物事を考えて努力することの大切さを学びました。 その結果、部員数200人の中から最後の大会でメンバーの25人に選ばれ、試合にも出場することができました。 私は高校3年時に夏の大会のメンバーには選ばれませんでした。しかし、毎日の朝練習、午後の練習が終わってからの自主練習を怠ったことはありません。


Accomplishments/Portfolio

Instagramにおいて認知0の状態から一投稿で最大1000人に見られるような投稿を作りました

Jan 2021

組織に頼らず、自分の力でお金を稼いだ

Oct 2020

Instagram