Takuri Shinoda

ファストドクター株式会社 / オペレーションコントロール部

Takuri Shinoda

ファストドクター株式会社 / オペレーションコントロール部

東京都

Takuri Shinoda

ファストドクター株式会社 / オペレーションコントロール部

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

全ての人に、適切な医療を。

物事を行う中で生じる違和感を改善に向けて深掘りしていくことが好きです。 看護師としての医療的な視点も武器に、人々の健康に関わる様々な課題解決に向けて動いていきたいと思います。

未来

この先やってみたいこと

未来

2022年4月のオンライン診療恒久化など、診療のDX化は国を上げて飛躍的に進んでいる中、本当に必要な地域にはまだ届いていないように思います。医療格差の解消や適正な医療の提供を標榜に、持続可能な医療体制の構築に貢献していきたいです。

2021年10月
-
現在
ファストドクター株式会社の会社情報

オペレーションコントロール部
現在

2021年10月 -

現在

▪︎オンライン診療グループ 次なる医療体制の構築と、生活者のよりよい医療アクセス・体験を目標に、コンタクトセンターの品質向上に邁進しています。現場管理だけでなく、直接運用に関する施策を考えPoCを行えたりと大きい裁量を持って動くことが出来ます。

2021年4月
-
2021年9月
株式会社DMS

株式会社DMS

6 months

BPO第二事業部 オペレーター

2021年4月 - 2021年9月

▪︎Cov-19ワクチン相談業務(自治体委託)

2019年4月
-
2021年3月
医療法人財団 健貢会 総合東京病院

医療法人財団 健貢会 総合東京病院

2 years

看護師

2019年4月 - 2021年3月

▪︎看護管理(教育・人事補佐) ▪︎地域医療連携支援 ▪︎発熱外来

2014年4月
-
2019年3月

帝京平成大学

5 years

ヒューマンケア学部・看護学科

2014年4月 - 2019年3月

3年次の夏、交通事故で胸椎(Th8-9)の脊髄損傷を負い以降車椅子に。1年半かかるといわれたリハビリテーションを3ヶ月で終わらせ看護学科に復学。周りの人達に助けられながら、2019年に卒業しました。

卒業論文「脊髄損傷者の避難所生活で予測される不安や困難の原因」

自分自身の脊髄損傷者になっての体験と、元から興味のあった災害看護から。サンプル数としては非常に多い脊髄損傷者200名への匿名アンケートをとり発表。

2018年3月 - 2018年11月

2014年3月

福岡私立常葉高等学校

普通科

2014年3月


Accomplishments/Portfolio

卒業論文「脊髄損傷者の避難所生活で予測される不安や困難の原因」

2018年3月 - 2018年11月

Awards and Certifications

正看護師

2019年4月

診療情報管理士

2021年4月

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう