花村 拓哉

株式会社花村 / 代表取締役

花村 拓哉

株式会社花村 / 代表取締役

変化して時代と繋がる

  ■略歴  早稲田大学商学部を卒業後、2013年4月に株式会社ハピネットに入社いたしました。営業マンとして担当法人の販売予測、販売戦略の立案を行っておりました。

この先やってみたいこと

未来

今までの業界慣習に囚われず、ITの力を持って、その業界に関わるすべての人の幸福を引き上げるような挑戦を行って行きたいと思っています。

株式会社花村7 years

代表取締役現在

- 現在

現在、オフィスビル、住居ビル賃貸経営業を行なっています。 ただし、「変化して、時代と繋がる」ことを信条としており、自らWebエンジニアとなって、セカンドキャリアを歩む挑戦をしています。

プログラミングスクール「RUTNEQ」卒業1 year

-

【HTML,CSS,Ruby on Rails,React,AWS,Git,データベース,インフラの学習】 webアプリケーションを作成するための知識を全般的に学んできました。 HTML,CSS,web技術,データベース,インフラの基礎知識を学んだ後、 Ruby on Railsを使って、一通りの機能開発をカリキュラムをもとに学んできました

株式会社三好不動産4 years

オーナーサポート部

-

トラブルと向き合って、本質的な問題解決に挑戦し続ける。

売買仲介営業部

新人が育つ組織にする。それがお客様のためにすべき仕事でした。

  • 知識習得や営業のロールプレイングを行う勉強会を週1回主催

    若手の教育体制をどうするかという課題に向き合い、若手一同を集めて、知識習得や営業のロールプレイングを行う勉強会を週1回主催し、スキルアップや、営業の状況を密に共有することで潜在的トラブルやクレームを防げるように努めました。

    -

賃貸仲介営業部

チームメンバー全員がWINになる仕組みを作る。

  • ネット広告戦略立案と実行するための組織作り

    当時の店舗では、来客人数に対して、営業の稼働可能人数が上まっているような状態で、必然的にお客さんを営業同士で奪い合うことになってしまう構造になっていました。この状況を打破するには、ネット広告の反響数の絶対数を増やすことだと考えましたが、そのためには空室物件の写真撮影が必要となり、その業務には多くの時間を割かれるためメンバーがやりたがらないというのがボトルネックでした。  そこで、撮影に行かなくてもその部屋と同じマンション、同じ間取りパターンの部屋写真が社内にあれば、それを活用できるというケースに着目して、撮影写真の管理体制改善、データベースの作成をしました。その後、マンション名と部屋番号を検索すれば、代用が可能な部屋写真が現在あるかどうかや、その写真がどこに保存されているかがすぐに分かるエクセルファイルを作成しました。

    -
  • 昨年対比売上
    -
    120%

株式会社ハピネット4 years

法人営業担当

-

エンターテイメント業界を背負っているという誇りを持って仕事をする。

  • 最大手GMSの法人担当に

    玩具の需要予測、販売戦略を行いました。 流行の移り変わりが激しい「玩具」という商材の予測において、「仮説と検証」を地道に行うことで、予測の「精度」と戦略の「質」を高めるように努力しました。

    -

早稲田大学4 years

-
  • 商売の「実学」を学ぶ

    マーケティング戦略論、行動経済学を通して、商売の「実学」を学びました。

    -

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう