vaibhav verma

Shri Vaishnav Vidhyapeeth Vishwavidhyalaya / Bechlor of Technology

vaibhav verma

Shri Vaishnav Vidhyapeeth Vishwavidhyalaya / Bechlor of Technology

vaibhav verma

Shri Vaishnav Vidhyapeeth Vishwavidhyalaya / Bechlor of Technology

This user is using the new profile.

Join our Beta test to try out our new profile.

Join

Hello Everyone My name is Vaibhav Verma I am 19 years Old I am College Student Major In Computer Science

Anime Blog

1) Introduction Anime Blog As the Name Says In this site People Add there Anime and Describe those anime So that if people Wants to See that anime So they Read the Anime Description what is the Story line in the Anime and then watch that anime 2) Contents when User open My Website Firstly they need to Authenticate if user tries to enter in my website without Authentication they again and again throw to the Authentication Page This site Contains 4 Dimension i) Shonen ii)Slice of Life iii)Romentic iv)Comedy Each Dimension Contains Music Switch (I Recommond when you Visit My site please First onn the Switch So you get More Relaxation) . In mainPage there is Glowing Add Button where User Add there Anime -> Image , name , Description when they add there anime it uploads to all the Dimension 3) Languages To Develop 1) HTML5 2) CSS3 3)Webpack 4)JavaScript FrameWork 1) React JS 4) Designing In Designing Part Every Design Part In this Website I hanled By React library Called i) makeStyles which work is to Create Css Part In JS ii)Symantic React with the Help of This I create My Navbar iii)For Inserting Sound in My Website I use React Third Party Librarary Called Howler 5)For Skeleton Implementation And Backlog i) Figma for Skeleton Implementation ii) trello For Backlog targets 6) Hosting and Data base Management i) Firebase 7)Working In this Website I prefer Mostly Functional Programming React Hooks Mythedology i ) For Authentication I prefer Firebase Programming and React Router And Redux ii) For StateManagement For State Management I use Redux State Mangenment To Simply there Complexity and Reduce Hard Static State And in Redux to Provide Asynchronous Data I prefer Redux saga to originate And Helps to replensih the Asynchronous Data 8)Challanging Part To Use And Able to Understand More And More Third Party Libraries Of JavaScript FireBase Programming for Inserting Files 9)Conclusion Basically I want to Learn Some Third Party Libraries And Intrested In Anime So Thats Why I create This Website 1)はじめに 名前が言うようにアニメブログこのサイトでは、人々はそこにアニメを追加し、それらのアニメを説明します。人々がそのアニメを見たい場合は、アニメの説明を読んで、アニメのストーリーラインとは何ですか。 2)内容 ユーザーが私のウェブサイトを開いたとき最初に、ユーザーが認証なしで私のウェブサイトに入ろうとした場合、ユーザーは認証ページに何度もスローする必要があります このサイトには4次元が含まれています i)少年 ii)スライスオブライフ iii)Romentic iv)コメディ 各次元には音楽スイッチが含まれています(私のサイトにアクセスするときによくあることですが、最初にスイッチをオンにして、よりリラックスしてください)。 mainPageには、ユーザーがそこにアニメを追加する光る追加ボタンがあります->画像、名前、説明アニメを追加すると、すべてのディメンションにアップロードされます 3)開発する言語 1)HTML5 2)CSS3 3)Webpack 4)JavaScript フレームワーク 1)React JS 4)設計 パーツのデザインでは、このWebサイトのすべてのデザインパーツをReactライブラリで処理しました。 i)動作するmakeStylesは、JSでCssパーツを作成することです ii)これを利用したSymanticReact私はMyNavbarを作成します iii)私のウェブサイトにサウンドを挿入するために、ハウラーと呼ばれるReactサードパーティライブラリを使用します 5)Skeleton Component And WebPack の場合 i)スケルトン実装のFigma ii)バックログターゲットのtrello 6)ホスティングとデータベース管理 i)Firebase 7)働く このウェブサイトでは、私は主に関数型プログラミングReactHooks神話を好みます i)認証用 FirebaseプログラミングとReactルーターとReduxが好きです ii)StateManagementの場合 状態管理では、Redux State Mangenmentを使用して、複雑さを単純化し、ハードスタティック状態を減らし、Reduxで非同期データを提供します。Reduxsagaを作成して、非同期データを補充するのに役立ちます。 8)チャレンジパート JavaScriptのサードパーティライブラリを使用して理解できるようにする ファイルを挿入するためのFireBaseプログラミング 9)結論 基本的に私はいくつかのサードパーティライブラリを学び、アニメに興味があるので、このウェブサイトを作成する理由

Online Burger Delivering

Online Burger Delivering

1 Work Of this Website This is My Best Authentication Website In this site the user customize there Own Burger And When they Customize there Burger Prize also Changes As include Or Disrupt when they Finish there Customiztion they Can Add there Information Email and Passwords and when they Authenticate then they add there Location Address fields and Confirm there Burger Dilevery Order 2 Languages I used this Languages And Framwork to create this Site i) JavaScript ES6 ii)Html5 iii) Css3 Framework i)ReactJs 3) Platform i) Visual Code Studio 4) Designing Skeleton Implimentation i) Figma 5) Repository i) Github ii) Gitlab 6)Database i)Firebase 6) Implimentation i) For the Designing I prefer Html And Css ii) For Authentication I use Router in all Links So that if the User Tries to open Any Other Pages inspite of Homepage they redirect to the homepage Also I Manage to reduce the Server Side Attacks I manage Every User who are Authenticated When they Authenticate there Data token are Expire in one Hour So After login they work in One Hour After One Hour They auto Logout Also I create The users Orders Safe So the Other Users Not See Other Users Orders Because At some Situtation the Hackers Handled The Other User Token To control there Packet And Customize there Information thats why I create the Users Orders Self I Also Secure the Routers iii) For State Management I use Redux State Mangenment To Simply there Complexity and Reduce Hard Static State And in Redux to Provide Asynchronous Data I prefer Redux saga to originate And Helps to replensih the Asynchronous Data iv) Programming way I prefer React Hooks more then Life Cycle Hooks Functional Programming v) Testing I also Test Every Component Of my project by 7) Hardest Part The hardest Part of my project which I Learn And OverCome is the Asynchronous Data Handling And Token Time Handling このウェブサイトの1つの仕事 これは私の最高の認証ウェブサイトですこのサイトでは、ユーザーは自分のハンバーガーをカスタマイズし、ハンバーガー賞も変更します。カスタマイズが完了すると、情報の電子メールとパスワードを追加できます。認証すると、場所が追加されます。フィールドにアドレスを指定し、そこでバーガーダイレベリーオーダーを確認 2つの言語 私はこの言語とフレームワークを使用してこのサイトを作成しました i)JavaScript ES6 ii)Html5 iii)Css3 フレームワーク i)ReactJs 3)プラットフォーム i)Visual Code Studio 4)スケルトン実装の設計 i)フィグマ 5)リポジトリ i)Github ii)Gitlab 6)データベース i)Firebase 7)実装 i)デザインにはHtmlとCssが好きです ii)認証には、すべてのリンクでルーターを使用します。これにより、ユーザーがホームページにもかかわらず他のページを開こうとすると、ホームページにリダイレクトされます。また、サーバー側の攻撃を減らすために管理します。データを認証するときに認証されるすべてのユーザーを管理します。トークンは1時間で期限切れになるので、ログイン後は1時間ごとに動作します自動ログアウトまた、ユーザーの注文を安全に作成し、他のユーザーが他のユーザーの注文を表示しないようにします。パケット化してそこにカスタマイズするユーザー注文を作成する理由自己私もルーターを保護する iii)状態管理では、Redux State Mangenmentを使用して複雑さを単純化し、ハードスタティック状態を減らし、Reduxで非同期データを提供します。Reduxsagaを作成して、非同期データを補充するのに役立ちます。 iv)プログラミング方法 私はライフサイクルフックよりもReactフックの方が好きです 関数型プログラミング v)テスト また、プロジェクトのすべてのコンポーネントを 8)最も難しい部分 私が学び、OverComeする私のプロジェクトの最も難しい部分は、非同期データ処理とトークン時間処理です。

Simon Game

1 ) Introduction In this game Player have to click or type those button which computer Show you if you follow than you Going to next level if you loose than you start with the Beggining 2) Languages i)Html5 ii)CSS3 iii)JavaScript

2019
-
2023

Shri Vaishnav Vidhyapeeth Vishwavidhyalaya

5 years

Bechlor of Technology

2019 - 2023

My Course Is Computer Science Association With IBM Cloud And Mobile Computing Regarding my Course I reaserched That how we Collabrate to the Companies with Jira Software I know The Agile Methodologies thorough my Major Which I reasearch more And More Day by Day Is Web Development

2019

B.Tech

2019

My Course Is Computer Science Association With IBM Cloud And Mobile Computing Regarding my Course I reaserched That how we Collabrate to the Companies with Jira Software I know The Agile Methodologies thorough my Major Which I reasearch more And More Day by Day Is Web Development

Aug 2020
-
Sept 2020

My Contribution(Intern)

Aug 2020 - Sept 2020

I Contributed in My Microsoft Club SVVV Website as a frontHand Management But Still It is in Development Mode I created A lots of Websites 1 anime blog 2 burger Ordering which is present in My showCase


Skills and qualities

React

0

Redux

0

Redux saga

0

Java

0

JavaScript

0

Accomplishments/Portfolio

Anime Blog

Sept 2020 - Oct 2020

Online Burger Delivering

Apr 2020 - June 2020

Online Burger Delivering

Mar 2020 - Apr 2020

Simon Game

Feb 2020