つながってこの人をもっと知ろう

自己紹介などの詳しいプロフィールは、つながりをリクエストして承認されると表示できます。

この先やってみたいこと

未来

やりたいことに満ち溢れていますが、 まず直近として、自身の持つ言葉の力を武器に、コピーライターとして名前を売ります。 心理学の学びや、日常の暖かさを切り取る自分の感性を武器に、

宣伝会議コピーライター養成講座 基礎コース

ただのコピーライターではなく、「本物のコピーライター」になりたい。 コピーっぽい顔をした言葉を並べるだけではなく、 言葉の力で時を越えて人の行動を変えられる存在になりたい。 そのために、第一線のプロから多様なコピーの考え方を吸収したい。

日本マクドナルド株式会社4 years

マネージャー

-

アルバイトながらマネージャーとして働いていました。 通常業務に加え、閉店後の売り上げ管理や在庫チェックなどなど、デスクワークも行っていました。 特に私は、働き続けたくなるモチベーション管理に注力し、性別・年齢・国籍や社員・バイトなど関係なく、組織の潤滑油とな

  • 「ジブン色」で特別な店舗体験を。 ディナーの雰囲気を何トーンも明るく輝かせる。

    私は現在、ディナーから深夜という、一日の終わりにかけての時間帯で働いています。 私がマネージャーになる以前は、お客様側も働く側も疲労の溜まっている時間帯であるため、クレームやトラブルが多いことが課題となっていました。 特にお店の雰囲気に対してご意見いただくことが多く、お客様からしても来店しにくい、働く側としても働きにくい、どんよりとした重い雰囲気がありました。 このような課題を解決するために私はマネージャーとして、自身の感情に対する敏感さやユーモアというパーソナリティと、大学の学びであるコーチングやチームビルディングによるモチベーションへのアプローチを行うことで、問題解決を図りました。 具体的な行動としては ・一人一人の性格を見極め、個々に合わせたコミュニケーションをとること。 ・自身を中心に皆を巻き込んで、全員にとって居心地の良い環境を目指すこと。 ・ポジティブでユーモアのあるコミュニケーションをとること。 ・大変な時こそ変化を楽しむ、精神的に強いリーダーでいること。 を意識して働きました。 これらの行動により、共に働く仲間の笑顔を創造することで自然なコミュニケーションを生み、仕事へのモチベーションを高めることができました。 その結果、以前よりもお客様からお店の雰囲気に対するお褒めの言葉や、心地が良い接客と言っていただける機会が格段に増えました。 自身の個性を活かしたアプローチによって仲間たちの笑顔を創造する。そして、お客様の笑顔を創造する。 ディナーの暗い時間帯の店舗を、何トーンも明るく輝かすことができた経験です。

東京未来大学4 years

モチベーション行動科学部

-

臨床心理系のゼミに所属し、自身の気質であるHSPについて研究を進めていました。 学内活動ではエコ美化委員会への所属や、学園祭のPV作成、勉学では特待生として、心の専門家である公認心理師課程を歩んでおります。また卒業式では、卒業生代表として答辞を務めました。

  • 「感謝」を原動力に。 企業30社以上の前でプレゼンテーション

    大学一年次と三年次に大学推薦インターンシップという、学内選抜にて参加できるインターンシップに参加しました。 特に三年次では、先生からの推薦を受けて参加させいただきました。また、本インターンシップに参加した代表生徒として、体験や学びをプレゼンテーションする成果報告会というものにも登壇させていただきました。 成果報告会は30社以上の企業や他大学の先生方、加えて学長やキャリア長、先生や学生など学校のありとあらゆる人が集う重要な場です。 そのため私にとっては、受け入れ先の企業や自身を特待生に選んでくださった先生方、わざわざ時間をいただき、この場に集まっていただいた方々などに感謝の想いを伝える絶好の機会となりました。 そこで、壇上で私自身が自分らしく輝くことが恩返しであると考え、企業のキャッチコピーを作成するなど、自身の言葉の力を存分に活かしたプレゼンテーションを行いました。 結果として人の心を動かし、来場された企業の方ともつながりを作ることができました。 まさにこの経験は、緊張場面で堂々と「想い」を大切にする自身の表現力を存分に発揮した経験になりました。

    -

都立深川高校3 years

普通科

-

合唱部に所属していました。 高校訪問にてたまたま合唱部の歌声を聞き、少人数でありながらも色鮮やかなハーモニーに一目惚れをしました。憧れの先輩方と合唱をしたいという想い一本で推薦入試にて合格しました。

東京都文京区立第八中学校3 years

-

三年間野球部で活動し、二年次から廃部寸前であった科学部の友人にお願いされたことで兼部を始めました。 いわゆる学芸会では実行委員長を務め、班活動でのリーダーやイベントで司会を務めるなど、リーダーシップを発揮する機会が数多くありました。今思えば、仲間とともに楽しみながら成長して


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう