1
/
5
バックオフィス全般
中途
on 2022/05/23 85 views

経理募集!急拡大・海外進出の基盤となる経営管理組織づくりを経験したい方

SIVA Inc.

SIVA Inc.のメンバー もっと見る

  • みんなのウェディングで広告営業(2013~2014)
    Gunosyでアドテク周りの立ち上げとセールス、運用(2014〜2017)

    を経験後に起業しました。

  • 家電量販店(全国チェーン)の元執行役員。
    商品部のトップとして全ての商品の仕入れ販売を統括。

    みんなのウェディング時代に代表の杉浦と同チーム(マネージャー)で働く。
    2018年6月SIVAに参画

なにをやっているのか

  • 驚くほど簡単にデジタル広告の制作から運用ができ、成果を出せるSaaS型デジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」の開発と運営を行っています。
  • プラットフォームを中心に、データサービスからコンサルティングに至るまでのサービスを法人、個人問わず幅広く提供しています。東証一部上場企業から個人経営店までありとあらゆる顧客のマーケティングを成功に導いています。

■デジタルマーケティングプラットフォーム事業
SaaSプロダクトである「Squad beyond」を開発運営しています。
デジタルマーケティングにおいて必ず必要とされるサイト制作・広告運用・データ分析・コンテンツ最適化、顧客対応のすべてを一つのプラットフォーム内、一つの作業で設計・連動させることで圧倒的な業務効率化と費用対効果改善を実現します。
また、すべての業務が一つのプラットフォーム上で行われることにより、業務における川上から川下までを網羅的に抑えており、「どの作業(改善)がどの成果に繋がったか」等、唯一無二のデータを有しています。
これらのプラットフォームとしての強みを活かし、デジタルマーケティング業務の再発明と未来における人間×業務の価値を最大化することを事業とし、顧客への価値提供を行っています。

■企業としての特色
【大胆かつ堅実に巨大市場のシェアを確立。世界展開が動き出す絶好のタイミング】
当社は2016年10月3日に創業したまだまだ若い会社です。
創業事業であるマーケティングコンサルを軸にプロダクトを開発しつづけ、2020年7月に「Squad beyond」を正式リリース致しました。
わずか1年半で1500億円以上のデジタル広告に利用されるまで成長し、数100社の顧客を獲得。
2022年夏からは東南アジアへの進出を予定しています。
当社は資金調達を一切行っておりませんが、高い成長を維持し堅実かつ大胆に経営を行っております。100%自社で支配権を持つゆえに大胆かつスピーディな施策を打ちつづけ急拡大を継続します。
今後一切資金調達をしないわけではなく、世界シェアを本気で獲得する際により大胆に動けるよう、機が熟し始める瞬間を攻めながら待っています。

■ 事業・会社の強み
【プロダクト】
・顧客評価
調査機関による評価では無いですが、ソーシャル上での口コミで複数の企業(売上数百億円以上)からの「日本一」という評価をいただいています
裏付けとして
・顧客数は25倍
・平均顧客単価も1年半で2倍に成長
・100万円/月以上の顧客単価の企業様も複数社に伸長

■ユニークネス(競合優位性・強み)
【市場へのアプローチ・立ち位置】
いわゆる「nocodeサイト制作ツール」ですが、制作後の「運用」に重きを置いていることが他社との最大の違いです。他社の制作に特化したサービスでは、PDCAのPに強みを持ち、DCAでは他サービスとの連携で補う事が多いですが、運用に特化した弊社プロダクトでは、DCAを起点にPの強みを磨くというアプローチをとっております。(抑えられる範囲が多い)
これにより、
導入後のリプレイス障壁の高さ
独自データを保持(PDCAの業務データ・個人スキルデータの保持)
他社参入障壁の高さ(開発・マーケティング・PMF)
等の強み・メリットを有しています。

■会社
プロダクト開発を起点に、キャッシュフローの創出事業をコンサル→代理店→SaaSと変化させており、ピボット・事業転換など変化しながら事業成長することにメンバー全員が長けています。
責任の適切な分散、オペレーショナル・エクセレンスを追求した大人の経営に強みを持ち、不要なことを排除しながらも、必要なことに大胆に投資します。
守るべきルールを明確にし「スタートアップだから」という免罪符で組織化を遅らせることを嫌います。※イレギュラー増→ルールをアップデートしていくというルール。
SaaSですでに黒字化しており数年間のキャッシュフローが確保されています。
社員数が1年間で3倍になるなど急成長中です。
新卒・未経験メンバーを戦力にする教育体系があります。

■ 主な実績
1. 数値実績(2022年5月現在)※リリースから約1年半
・広告流通額:1500億円/年
 ※Squad beyondを利用し広告配信されている総額(すべてのお客様の合計)
・契約アカウント数:25倍
 ※リリース初月の契約数から換算
・新規リード毎月:1000件以上
・ARR(年次経常収益):一桁代後半億円
 ※年間で必ず得られる収益
・解約率:1%前後
・6ヶ月以上の長期契約率:90%以上

■ 主要取引先
株式会社CyberAgent
株式会社CyberAce
株式会社CyberNow
株式会社セレス
株式会社セプテーニ
GMOアドマーケティング株式会社
株式会社アイレップ
株式会社オプト
株式会社ピアラ
株式会社Zucks
株式会社Branding Engineer

なぜやるのか

  • デジタル広告に関わる全ての人に、信頼性の可視化という新しい価値と経済的成長を提供する。そして市場を健全に成長させるべく、信頼をおく仲間と熱く大胆に、冷静かつスピーディに業務を進めます。
  • 売って終わりでなく、あらゆる業種のお客様がマーケティングで成果を出すために伴走するカスタマーサクセスチーム。彼らを初め、長期的にお客様を成功に導きながら、自らのマーケティングスキルも向上させられるチームが多数あるのもSIVAならでは。

デジタルマーケティングの良さは、すぐ始められ、すぐ結果が出ることです。

とても簡単そうに聞こえますが、実務の現場ではなぜか長時間労働があたりまえに...。
そして長時間働いたのに、一瞬で使われなくなる制作物があったり、クライアントや代理店の検閲に何日もかかったり、さらにその業務をまとめるためのエクセルが何個も何個もできたり...
それでいて、成果が出ず、成果をだすために誇張表現を使ってしまったり...

私達はそんな不毛さをたくさん見てきました。

もっと効率良くできるのでは?
もっと失敗(ボツ)可能性を減らせるのでは?
もっと早く帰ったうえで今より成果出せるのでは?
もうクライアントや代理店に詰められなくても済むのでは?

全てのビジネスにとって有用な手段であるデジタル広告。その現場を、仕事を、もっともっと良くして、気持ち良いものにしたい。
そんな思いで、Squad beyondというサービスを通し場所や規模の大小、法人や個人に関わらず「デジタル広告の仕事」を新しく再定義したいと考えています。

どうやっているのか

  • 経営陣から、会社の方向性、業界の今や歴史を初め「なぜこのカルチャーなのか?」など、様々な話を定期的に全社に向けてプレゼンがあります。もちろんこれ以外にも1on1や相談などは週1以上で行われます。カルチャー浸透と、同じ方向を向く、腹を割って話す、ことをとても大切にしています。
  • プレゼンでは、ただ話す/聞くだけでなく、ゲーミフィケーションなども取り入れ、ストレスなく頭に入れる工夫も。社内にはフリードリンクやアルコールと広大なフリースペースがあり、活発な議論が自発的に行われる土壌もあります。

■社風・環境
--人について
【創業者】
代表の杉浦は過去3度の上場を経験しており(東証マザーズ(旧):2回/東証1部(旧):1回)、マーケティングとスタートアップにおいて豊富な知見を有しています。
経歴
株式会社みんなのウェディング
株式会社Gunosy
株式会社SIVA 創業

【現場トップ】
No.2の明石(杉浦よりも7歳年上)は、小売業界で商品統括トップとして全国展開・上場を経験した経験があります。大組織のマネジメントと管理に長けています。
経歴
株式会社ピーシーデポコーポレーション
株式会社みんなのウェディング
株式会社SIVA

【開発】
エンジニアトップの高橋は、大手Fintech企業出身。それまでに映像系、決済系、広告系の企業で経験を積んでいます。代表の杉浦とは2013年(当時大学生)に当時のインターン先を通じて知り合い、2017年に杉浦が声を掛けたことで再会。その後2018年にSIVAに参画。SIVAのすべての開発を知る。
経歴
株式会社Speee
株式会社マネーフォワード
株式会社SIVA

■ カルチャー
持続的な成長をプロダクト面、組織面の双方から実現するため。定性的な評価にも重きを置いています。基本給の他に「カルチャーマッチ基本給」という制度があり、「5つのB」体現度合いに応じ、最大40%基本給アップします。

■5つのB
Be a Owner
Be a Challenger
Be a Realist
Be a Giver
Be a Right human

■その他の特色・福利厚生

独自のカルチャーを維持しながら継続的な成長を実現するための特徴的な制度がいくつもあります。
有給休暇取得無制限や家賃補助などの給与制度を始め、朝食会、社用車使い放題のようにコミュニケーションを促進する制度、電話不設置やペーパーレスなどの無駄な作業を省く制度を徹底しています。
これにより、本当に大切な仕事に集中することができます。

こんなことやります

◆概要・⼤切にしてること
弊社では、管理会計を起点としたバックオフィス管理、営業管理、経営管理を最重要視しています。
バックオフィスの効率と正確性、柔軟性と明朗さが会社の成⻑、社員満⾜度、顧客満⾜度に直結すると考えているためです。
現在は創業時より利⽤しながらブラッシュアップを続けている社内帳簿を基本に会計ソフトへの⼊⼒を⾏い、財務会計→⽉次/年次決算をおこなっています。
このフローに加え、会計を意識した⾒積もり・請求フローの確⽴をまずは⾏い、組織拡⼤に備えた「会計/会計起点のチーム関連携のカルチャー」を構築していくことが短〜中期的な⽬標です。
正確でスピーディかつ強みを活かせる管理会計を実現することで、守りを起点に事業成⻑につなげる。つまり「攻めの業務で思う存分、安⼼して攻められる」社内体制を構築するために必要な体制・ルールを常にブラッシュアップしながら運⽤していきたいです。

◆仕事内容
まずは下記の業務を中⼼に実務をお願い致します。
※社内全体を理解するため、状況に応じて経理以外の総務、労務などの業務をお願いすることもございます。
幅広い業務経験を積むことができます。
・⽉次決算(毎⽉⽉初3営業⽇以内)
・仕訳⼊⼒
・請求書発⾏
・経費精算
・⽀払業務、書類整理
など
ゆくゆくは、
・四半期、年次決算
・監査法⼈対応
・税理⼠対応
・業務フローの構築
などの業務もお任せしたいと考えております。

◆求めるスキル
・⽉次・年次決算ができる(毎⽉⽉初3営業⽇以内に締められるスピード感)
 ・⾃分でもできるし、補助担当に指⽰を出せる
・わかりやすい会議資料を作れる
 ・決算内容から状況を把握し決算に対する意⾒を⾔える
 ・=⾃社の事業内容を正確に理解できる
・SaaSを使いこなせる
 ・SaaSの仕様を理解し選別できる
 ・SaaSに合わせて業務設計できる
 ・SaaSを設定・構築できる
  ・Google Workspace
  ・money foward/freee(会計だけでなく労務など周辺ソフトもできるとありがたい)
  ・SmartHR
  ・バクラク(請求書/ワークフロー)
  ・Slack
・ツールを使いこなせる
 ・Spread sheet/Excel

◆利⽤ツール
・会計
 ・社内帳簿(google spread sheet)
 ・Sales force(⾒込み・販売管理)
 ・freee(請求書・会計)
  ・会計⼠・税理⼠顧問有り
 ・バクラク請求書
・申請
 ・バクラク申請(2022年5⽉現在)
・⼈事労務
 ・freee
  ・社労⼠顧問有り(給与計算は社労⼠)
・経費
 ・freee
・コミュニケーション
 ・Slack(社内・社外パートナー)
 ・gamba!(⽇報)
 ・Chatwork(顧客)
 ・Facebook messenger(⼀部のパートナー)
 ・Gmail
 ・Google callender
・ファイル管理
 ・Google drive
・会議
 ・Google meet

◆求める⼈物像
カルチャーマッチしていること。
弊社のvalue、⾏動指針に共感・実践し、⾃らを省みてカルチャーの追求を⾏い続けられること。

★カルチャー
①Be a Owner(⾃分ごと化)
②Be a Challenger(開拓者精神)
③Be a Realist(認識のズレを無くす/現実を正確に把握する)
④Be a Giver(顧客/社会・同僚・会社への貢献)
⑤Be a Right Human(仁義/⼈間としての正しさ)

★性格・考え⽅など
・こもらずコミュニケーションをとれること。認識のズレを埋める努⼒を怠らないこと。
・共有すべきところと秘密保持するところの感覚が経営陣と合うこと
・迅速かつ柔軟に相談できること(悪いこと・懸念ほど早く⾔ってほしい)
・数字と期限を厳守することに絶対的なこだわりがあること
・他社の決算や事業、ビジネスそのものに深い興味があること
・常に⾃分をアップデートしていること
・⾃分を顧みて⾃分を改善し続けられること
・部下・弱気⽴場の者を守れること
・組織(=次の⼈材)としての動きやすさ、可変可能さ、迅速さ、正確さを追い求めてること
・他部⾨、他チームに決まりを守らせられる
・他部⾨、他チームに期限を守らせられる
・⾃責

会社の注目のストーリー

【前編】「辛い時期も多かった。でも、言われたことは確実に現実になった。」最古参と新卒第一号メンバーだからこそわかるSIVAの歴史と未来
「お客さんのために」が私の原動力 ー 未経験でITに飛び込んだ元国際線CAカスタマーサクセスの決意
「絶対世に広まるべき」プロダクトと会社に置く絶対的な信頼。CSリーダーは代表と奇跡的な出会いでSIVAに導かれた
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
SIVA Inc.の会社情報
SIVA Inc.
  • 2016/10 に設立
  • 40人のメンバー
  • 東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル2階
  • SIVA Inc.の会社情報
    経理募集!急拡大・海外進出の基盤となる経営管理組織づくりを経験したい方