350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 子ども支援事業部 居場所拠点長
  • 5エントリー

都内で子どもの学びと育ち支える居場所づくりをリードする拠点責任者を募集!

子ども支援事業部 居場所拠点長
Mid-career
5エントリー

on 2022/06/22

550 views

5人がエントリー中

都内で子どもの学びと育ち支える居場所づくりをリードする拠点責任者を募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Hyungsik Lee

東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科修了。自身の生まれ育った地域での原体験から教育格差・子どもの貧困に問題意識を持つ。大学生当時、認定非営利活動法人Teach For Japanの1事業であったLearning for Allに参画し、常勤職員として全国の学習支援事業の統括業務に従事。その後、特定非営利活動法人Learning for Allを設立、同法人代表理事に就任。

駿一 石神

明治⼤学政治経済学部を卒業後、株式会社電通にて4年半勤務。メディアバイイング、メディア開発、企業のCIVI開発などを⾏う。Learning for Allでは広報・資金調達を担当。日本に在住するオトナ全員が子どもの貧困解決に関わることが当たり前になる世の中を目指し、日々仲間集めに奔走している。NPOの資金調達についての講演や、⼦どもの貧困に関する講演など実績多数。

特定非営利活動法人 Learning for Allのメンバー

東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科修了。自身の生まれ育った地域での原体験から教育格差・子どもの貧困に問題意識を持つ。大学生当時、認定非営利活動法人Teach For Japanの1事業であったLearning for Allに参画し、常勤職員として全国の学習支援事業の統括業務に従事。その後、特定非営利活動法人Learning for Allを設立、同法人代表理事に就任。

なにをやっているのか

Learning for All (以下、LFA)は「子どもの貧困に、本質的解決を。」というミッションを掲げ、小学校1年生から高校生までの困難を抱える子どもたちへ学習支援と居場所支援を展開。年間約1,000名の子どもたちに支援を届けております。 そして地域の様々なステークホルダーたちと協力をしながら「つながり」「学びの環境」「育まれる環境」を整備し、子どもたちの生活圏に必要なすべての支援・機会がそろう「包括的支援モデル」の構築を推進し、全国への展開も視野に入れて活動しております。
居場所支援の現場の様子
学習支援の現場の様子

なにをやっているのか

Learning for All (以下、LFA)は「子どもの貧困に、本質的解決を。」というミッションを掲げ、小学校1年生から高校生までの困難を抱える子どもたちへ学習支援と居場所支援を展開。年間約1,000名の子どもたちに支援を届けております。 そして地域の様々なステークホルダーたちと協力をしながら「つながり」「学びの環境」「育まれる環境」を整備し、子どもたちの生活圏に必要なすべての支援・機会がそろう「包括的支援モデル」の構築を推進し、全国への展開も視野に入れて活動しております。

なぜやるのか

「経済的困難」ゆえに、地域とのつながりを喪失し、将来、自立するための成長機会を奪われている子どもたち。 現代の日本では7人に1人の子どもが、「貧困」状態にあり、ひとり親世帯に限ると「2人に1人以上が貧困状態」にあります。この状態を放置することにより、進学格差や収入格差を生み、その子どもが大きくなった時に築いた家庭が再び貧困に陥る可能性が高くなります。このような子どもたちは、他の子どもたちよりも圧倒的に「努力しづらい環境」に置かれているのです。 そんな「自分だけではどうすることも出来ない子どもたち」が自分の可能性を信じ、 自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現するために、私たちは活動しております。

どうやっているのか

居場所支援の現場の様子

学習支援の現場の様子

私たちは「居場所支援事業」と「学習支援事業」という形で困難を抱える子どもたちと直接向き合い、「ナレッジ展開事業」で全国で同じように「子どもの貧困」という課題に取り組む 団体や企業に向けて、LFA が実際に支援現場で使用している教材や、「子ども支援」に関する研修動画を提供しながら、全ての子どもたちに支援が届き、毎日笑顔で過ごすことが出来る社会を目指して活動しております。 ・学習支援事業 地域や学校と協力して、公民館や空き教室に無償の「学習支援拠点」を設置。質の高さと継続性に徹底的にこだわり、細かいところまで手の行き届いた研修を受けた大学生ボランティア教師たちが、学習遅滞などを抱えた小学校4年生から高校生までの年間約1,000名の子どもたちに無償で勉強を教えています。 一人ひとりの学習進度や家庭環境に合わせ、進学や将来の夢を諦めなくて良いように、必要に応じて日々の生活習慣にまで踏み込んだ指導も実施。自治体のケースワーカーや教育委員会との連携・協力によって、本当に支援を必要としている子どもたちと繋がりながら運営をしています。 ・居場所支援事業 より低年齢のうちから、学習面だけでなく生活を含めた包括的な支援が必要だと考え、2016年より小学校1年生~3年生を対象に「居場所支援拠点」を運営しております。 基礎的な生活習慣が身についていない子ども、複雑な家庭環境により人との接し方がわか らない子ども、発達障害を抱える子どもなど、学習以前の問題を抱えている子どもたちには、 安心して無理なく生活習慣や学習習慣を身につけられる居場所が必要です。 そのような安心できる居場所の中で、個別の子どもの課題や強み にあわせた、また保護者や世帯の状況にあわせた個別の支援計画をたて、一人ひとりに寄り添った支援しています。 ・ナレッジ展開事業 全国で同じように「子どもの貧困」という課題に取り組む 団体や企業に向けて、LFA が実際に支援現場で使用している教材や、「子ども支援」に関する研修動画を提供。 「困難を抱える子どもたちとのどう向き合えばいいのか」や、「ボランティアの育成はどうすればいいのか」などに対して、LFAが持つナレッジを提供しながら、子どもたちにとって一番良い支援の形を一緒に探します。必要に応じて集合研修の提供も行っております。

こんなことやります

■「話を聞きたい」「少し興味がある」「今すぐ一緒に働きたい」ボタンを押していただいた方には、職員採用説明会(団体説明+疑問点へのご回答)のご案内をお届けいたします■ ◉ 募集の背景 Learning for Allでは、「子どもの貧困に、本質的解決を。」とのミッションを掲げ、 「一人に寄り添う」「仕組みを広げる」「社会を動かす」という3つの事業を柱として、子どもの貧困問題に取り組んでいます。 「一人に寄り添う」では、「地域協働型子ども包括支援」を実現するために、 支援エリアにて学習支援、居場所づくり、保護者支援、食事支援等のサービス展開を行っています。 ※「地域協働型子ども包括支援」についてはリンク内の「①一人に寄り添う」の項目をご覧ください(https://learningforall.or.jp/activity/)。 本ポジションでは、東京都内にある、主に小学生から高校生までの子どもたちが通う居場所拠点の拠点長として、子どもたちや保護者の方へのサポート、拠点運営の方針策定・推進、スタッフや学生ボランティア・インターンの育成等を担っていただき、子どもたちが安心して通える拠点作りを主導してくださる方を募集しています。 ◉業務の一例 ・拠点の運営方針の検討 ・子どもたちの個別支援計画の管理 ・保護者対応(相談対応や子どもの支援計画の共有等) ・スタッフのマネジメントやサポート ・スタッフ教育施策の企画と実行 ・拠点ミーティング、スタッフ朝礼・終礼等の進行 ・社内外関係者(主に行政、学校、SSW等)との連携 ◉ 勤務地 東京都葛飾区内の拠点および周辺エリア (所在地については選考内でお伝えします。) ※必要に応じて関係諸機関も行き来していただきます。 ※状況に応じてリモートワークも可能です。 *少しでもご興味・ご関心をお持ちの方は、「話を聞きに行きたい」ボタンよりご連絡ください!*
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2014/07に設立

    55人のメンバー

    • Funded more than $1,000,000/

    東京都新宿区新宿5丁目1-1 ローヤルマンションビル404号