350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Railsエンジニア
  • 132エントリー

100%自社開発のWEBサービス!経験を活かしたいRailsエンジニア募集

Railsエンジニア
Mid-career
132エントリー

on 2023/02/01

2,813 views

132人がエントリー中

100%自社開発のWEBサービス!経験を活かしたいRailsエンジニア募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages

Yuki Tanaka

大学学部時代にはコンピュータサイエンスを専攻。研究内容としては無線通信が専門で、CDMAや4G等の基礎知識をつけるとともに、自身の研究としては車々間通信を用いた衝突回避と対象車両の速度を無線信号のドップラー効果によって計算するモデルの設計に関わる。 その後大学院修士時代には、自動運転アルゴリズムの開発と燃費の最適化、モデル検証用に交通流のシミュレータをC++で構築し、モデルのパラメータキャリブレーションを行うことによって精度の向上に努めた。また、日産自動車、NEDO、産総研等との共同研究を通じて、実務レベルでの研究開発を経験。 新卒でゴールドマンサックス証券に入社。テクノロジー部にて、株式・債券の決済システムの構築に携わる。主に東南アジアやオーストラリアの決済システムの設計、実装や、日本銀行との新日銀決済システムの仕様詰めや実装に携わる。 その後、株式会社エニタイムズに転向し、同社にてCTOを経験。仕様設計やコーディング、インフラの管理から採用までITスタートアップの技術に関わる範囲を網羅する。 2015年8月より、株式会社リクルートキャリアに転籍。人材領域の新規事業立ち上げ部署において、エンジニアグループのテクニカルマネージャーとしてビジネス・エンジニアリング両面のマネージメントを行う。また、その中でもリクルートキャリアからリリースしているアプリ、”コシゴト”のプロダクトCTOを兼務。 2015年10月よりリクルートテクノロジーズに出向し、技術マネージメントだけでなく、エンジニア育成にも取り組む。 2017年10月より株式会社リクルートホールディングス、Recruit Strategic Partnersへ異動。US・イスラエルのアーリーステージスタートアップへの出資を担当。

エンジニアのキャリアパスはマネージャーorスペシャリストのみなのか?

Yuki Tanakaさんのストーリー

Toulouse Stephen

株式会社Study Valleyのメンバー

大学学部時代にはコンピュータサイエンスを専攻。研究内容としては無線通信が専門で、CDMAや4G等の基礎知識をつけるとともに、自身の研究としては車々間通信を用いた衝突回避と対象車両の速度を無線信号のドップラー効果によって計算するモデルの設計に関わる。 その後大学院修士時代には、自動運転アルゴリズムの開発と燃費の最適化、モデル検証用に交通流のシミュレータをC++で構築し、モデルのパラメータキャリブレーションを行うことによって精度の向上に努めた。また、日産自動車、NEDO、産総研等との共同研究を通じて、実務レベルでの研究開発を経験。 新卒でゴールドマンサックス証券に入社。テクノロジー部にて、株式・...

なにをやっているのか

【vision】 StudyValleyは生徒の学びや成長の旅において、共にワクワクする未来を築く存在になることを目指します。 最終的に眼の前の課題に取り組むのは私達ではありません。自分の未来は、自分自身で追究していかなければなりません。 そのためにも、生徒自身がワクワクや情熱を見つけて探究に取り組んでいくことを支える、ベストパートナーとなることを目指しています。 【プロダクト】 AI・ロボット時代に必要な生きる力が身に付く探究学習。弊社は探究学習を日本に広めていくためのプラットフォームを開発しています。 ① 2022年から高校で本格始動した探究学習のプラットフォーム「TimeTact」を開発、提供しています。 https://www.partnership.studyvalley.jp/teachers ②経済産業省と協業している「未来の教室-STEAMライブラリー」のプラットフォームを構築 https://www.steam-library.go.jp ③探究学習に取り組みたい方をサポートし、探究学習を日本に広めるためにオウンドメディアを運用しています。 https://www.blog.studyvalley.jp/
2022年6月探究合宿@木更津

なにをやっているのか

【vision】 StudyValleyは生徒の学びや成長の旅において、共にワクワクする未来を築く存在になることを目指します。 最終的に眼の前の課題に取り組むのは私達ではありません。自分の未来は、自分自身で追究していかなければなりません。 そのためにも、生徒自身がワクワクや情熱を見つけて探究に取り組んでいくことを支える、ベストパートナーとなることを目指しています。 【プロダクト】 AI・ロボット時代に必要な生きる力が身に付く探究学習。弊社は探究学習を日本に広めていくためのプラットフォームを開発しています。 ① 2022年から高校で本格始動した探究学習のプラットフォーム「TimeTact」を開発、提供しています。 https://www.partnership.studyvalley.jp/teachers ②経済産業省と協業している「未来の教室-STEAMライブラリー」のプラットフォームを構築 https://www.steam-library.go.jp ③探究学習に取り組みたい方をサポートし、探究学習を日本に広めるためにオウンドメディアを運用しています。 https://www.blog.studyvalley.jp/

なぜやるのか

2022年6月探究合宿@木更津

【Mission】 私達のミッションは「誰しもが探究スキルを武器に自分の未来を切り開ける世界を実現する」ことです。 世間に目を向けると、今を生きる若者に限らず、すでに社会人になった人も含め、多くの人は「なんとなく大人になって」しまっている気がします。 そうすると、仕事や人生において重要な問題が発生したときに「何を頼りにすればよいか」わからず、望む未来に近づくことが難しくなります。 「探究学習」を通し、一人ひとりが眼の前の課題に問いを立て、課題を解決する手段を持てば、 各自が向かう方向を見つけられるようになり、ひいてはその個人の能力が地域や社会を豊かにすることにもつながると思っています。我々は、そんな世界を「実現」させることを目指しています。 【代表田中の大事にしている言葉】 孔子の格言 あなたの計画が1年であれば米を植えなさい あなたの計画が10年であれば木を植えなさい あなたの計画が100年であれば子供に教育を与えなさい 100年後、子どもや孫が生きる時代が幸せでおもしろい世界であることを願い 私たちは今、教育を変革します!

どうやっているのか

【value】 Study Valleyのバリューは「全力探究」です。そして全力で探究するために大事にしたい価値観があります。 1. 協力共創: それぞれの強みを活かし、チームで協力しながら新しい価値を創造する 2. 積極挑戦: チャンスや課題に対して積極的に行動し、挑戦する姿勢を持ち続ける 3. 主体実行: 自分自身で考え、行動し、結果に責任を持つ 4. 面白重視: 仕事や学びにおいて、面白さを大切にし、ワクワクする経験を追求する 5. 〇〇〇〇: 自分だけの強みやこだわり、人生の指針をバリューにする バリューは、私達が目指すミッションとビジョンを実現するための基盤です。特にブランクになっている最後のバリューはとても重要です。 自分自身が大切にしたいことを掲げながら日々を過ごすことは、 それ自体が探究的で、ミッション達成のために欠かせないことです。それぞれ、自分ならどんなバリューがいいか、ぜひ考えてみてください。 【認証、登壇等】 ①『AWS EdStart』に採択(日本で2社目) Amazon Web Service,Inc.より様々なサポートを受けています。 ②『Google for Education』 Googleテックパートナー認証取得済み ③『G-STARTUP 』 将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家として採択されました。 ④『Google for Startups Accelerator Class 4』採択 ⑤『ISO27001:2013』取得 国際規格セキュリティ認証取得済み ⑥「Edvation x Summit 2021 Online 〜Beyond GIGA〜」登壇 教育×テクノロジーに関する国際カンファレンス(https://youtu.be/PB-6X9PF69Q) 【働く環境】 ・社員15名、業務委託等5名 ・男女比およそ1:1 ・最寄り駅徒歩2分 ・リモートワーク可 ・フレックスタイム制 ・水・コーヒー飲み放題 ・ワンフロアで風通し◎

こんなことやります

自社開発Webサービスに携わりたいRailsエンジニアを募集しています。 自社で開発から販売まで一貫して行っているため、クライアントとの距離が近くやりがいを感じやすいです。 「何のために開発しているのか?」「こういう機能があったら良さそう!」など目的ベースで仕事したい方は、ぜひ一度お話させてください! 【チーム構成】 プロダクトマネージャー、バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、デザイナー計10名でチームを構成しており、週次のスプリントを通したスクラムでの開発を行っております。 また、機能の設計や技術選定の議論やコードレビュー等を通した学習プロセスも大切にしています。 【募集ポジション】 ・バックエンドエンジニア(使用技術 Ruby on Rails) 【主な業務内容】 ・学校・塾向けSaaS 「TimeTact」の機能設計・開発 ・経済産業省と協同事業である「STEAM ライブラリー」の機能設計・開発 【歓迎条件】 ・Railsを使った実務開発経験 ・チームでの実務開発経験 【利用している言語・フレームワーク・ツール】 ・サーバーサイド Ruby on Rails ・フロントエンド React / TypeScript ・Jenkins (CI) ・AWS / CroudFront / Terraform / RDS / ELB / S3 ・Docker / docker-compose ・Swagger (YAMLファイルがMergeされ次第、自動で更新) ・Git / GitHub / ZenHub 【Study Valleyで経験できること】 スタートアップで規模の小さい会社であるということで、個人に任される裁量が大きいことが特徴です。 努力次第で、未経験の分野も挑戦することができます。 実際に、未経験から入社したバックエンドエンジニアが、インフラの希望を出してAWSの権限をもらい、活躍している社員もいます。 ビジネスサイドとのコミュニケーションも活発に行われており、クライアントからフィードバックを頂きながら機能開発・改善を行うことで顧客視点に沿った機能開発を行うことができます。 【Study Valleyにマッチする方】 ・主体性を持ち、自ら課題を見つけて取り組んでいける方。 ・当事者意識を常に持ち、自ら仕事に取り組む姿勢を持てる方。 ・事業立ち上げ期を楽しめる方 少しでも興味をもっていただけましたら、一度お話しませんか? まずは、オンラインでのカジュアル面談で、ざっくばらんに話しましょう!(オフラインも可) 希望があれば会社見学、先輩スタッフとの面談、社員とのランチなども可能です。 お気軽にお声掛けください。 あなたのご連絡お待ちしております!
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2020/01に設立

20人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • CEO can code/

東京都江戸川区中葛西5-20-14 水戸ビル 2F