350万人が利用する会社訪問アプリ

  • ロボットエンジニア
  • 56エントリー

多自由度ロボットの操作・開発・研究経験者募集

ロボットエンジニア
56エントリー

on 2017/10/11

28,216 views

56人がエントリー中

多自由度ロボットの操作・開発・研究経験者募集

Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate
Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate

Yoshihiro Sakamoto

早稲田大学総合機械工学専攻。同大学招聘研究員兼非常勤講師。博士(工学)。専門はロボット工学と測位技術。これまで、フリーランスエンジニアとして、組み込み系開発から高周波回路設計、ロボット開発、Web・DBシステム開発、Windowsアプリ開発、サーバ運用、データ分析など、様々な業務を経験。不惑の四十を前に東京ロボティクス設立を決意。歴史好き。

Yuki Matsuo

早稲田大学総合機械工学専攻修了。元トヨタ自動車。在学中より、研究機関や企業から依頼を受け、ロボットや機械器具の受託開発を行う。自身の研究においても、自重補償アームや森林作業支援ロボット(伐倒ロボット)を開発。トヨタ自動車を退職し、坂本と共同で東京ロボティクスを設立。趣味は車いじりとラーメン。

東京ロボティクス株式会社のメンバー

早稲田大学総合機械工学専攻。同大学招聘研究員兼非常勤講師。博士(工学)。専門はロボット工学と測位技術。これまで、フリーランスエンジニアとして、組み込み系開発から高周波回路設計、ロボット開発、Web・DBシステム開発、Windowsアプリ開発、サーバ運用、データ分析など、様々な業務を経験。不惑の四十を前に東京ロボティクス設立を決意。歴史好き。

なにをやっているのか

東京ロボティクスは、先進的なロボットの開発を行うために2015年に創業したロボティクススタートアップです。主力製品として、これまで研究プラットフォームとしてのロボットアームと人型ロボットをゼロから設計し、製造・販売してきました。 会社設立から約9年が経ち、先端的なロボットソリューションに耐えうる基礎技術が社内に蓄積されるとともに、MVP(Minimum Viable Product)を用いたニーズ検証により、一部の業種において顧客ニーズを理解するに至りました。現在は、これら基礎技術と確認されたニーズに基づきソリューションの開発を行うと同時に、2025年以降の急成長期に備え社内体制の整備を進めています。それに加え、第二弾、第三弾のソリューションに繋がるような研究開発も継続的に行っており、波状的にサービスをローンチしていく予定です。
物流ソリューション
研究用人型ロボット「Torobo」(早稲田AIREC仕様)
繁忙期のオフィス
ロボット現場調整中
東京ロボティクスとは?

なにをやっているのか

物流ソリューション

研究用人型ロボット「Torobo」(早稲田AIREC仕様)

東京ロボティクスは、先進的なロボットの開発を行うために2015年に創業したロボティクススタートアップです。主力製品として、これまで研究プラットフォームとしてのロボットアームと人型ロボットをゼロから設計し、製造・販売してきました。 会社設立から約9年が経ち、先端的なロボットソリューションに耐えうる基礎技術が社内に蓄積されるとともに、MVP(Minimum Viable Product)を用いたニーズ検証により、一部の業種において顧客ニーズを理解するに至りました。現在は、これら基礎技術と確認されたニーズに基づきソリューションの開発を行うと同時に、2025年以降の急成長期に備え社内体制の整備を進めています。それに加え、第二弾、第三弾のソリューションに繋がるような研究開発も継続的に行っており、波状的にサービスをローンチしていく予定です。

なぜやるのか

東京ロボティクスとは?

当社の目的は、ロボットの適用分野を拡大し、より効率的な社会を実現することです。 現在、協働ロボットが現場で徐々に使われるようになってきましたが、今後は、力制御協働ロボット、移動マニピュレータ、多指ハンド、そして人型ロボットの実用化に向かうことが必然の流れと言えます。それに伴い、アプリケーションも、工場、倉庫、店舗から、オフィス、家庭と、徐々に人間に近付いて行きます。我々はこの流れを加速し、人類を単純労働や危険作業から開放するとともに、人間のパートナーになり得るような人間共存ロボットを創出します。

どうやっているのか

繁忙期のオフィス

ロボット現場調整中

メンバーは、フルタイムが20人、企業の週末エンジニア・学生インターンが25人という構成です。皆、ロボットやAIが好きということで共通しています。 主要メンバーは、機械、電子回路、組み込みソフトウェア、認識・学習を含む上位アプリケーションの担当に分かれ、各自専門性を高めつつ、協力し合っています。それもあり、企画から1年足らずで産業用ロボットアームに準じる性能のロボットアームを完成させ、その後ヤマハ発動機との業務資本提携に至りました。 「良いロボットを作る」という一点に集中し、日々黙々と仕事をしています。口よりも手を動かすことが大事なので、職場は意外と静かです。

こんなことやります

ロボットアームやヒューマノイドのような多自由度ロボットを扱ったことのある経験者を募集しています。 多軸ロボットの運動学・動力学、軌道制御、動作計画(モーションプランニング)、オンライン/オフラインティーチング、古典制御・現代制御、脚ロボットの歩容生成、多指ハンドの操りなどを経験したエンジニアを対象としています。 エンジニアであれば操作者、開発者、研究者を問いません。一緒にすごいロボットを創りましょう。
7人がこの募集を応援しています

7人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く

会社情報

2015/01に設立

45人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

東京都新宿区山吹町347 藤和江戸川橋ビル5階