Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
モバイルエンジニア

CustomerをDevelopしたいアプリエンジニアをWanted!

しくみ製作所株式会社

しくみ製作所株式会社のメンバー

全員みる(4)
  • お掃除ロボットを可愛がっている しくみ製作所 の CTO。
    お仕事の開発はきっちりと、趣味の開発はワクワク感を追い求めたものづくりをしています。

    YouTubeやニコニコ動画に創作活動の成果物の動画をアップしています。
    ロボット掃除機ルンバにVOCALOID曲を歌わせてアリーナライブに出演したり、
    ルンバの演奏に合わせてARの初音ミクが踊ったりするアプリを作りました。
    他にもドローンとAR技術を駆使して超大型巨人を召喚したりしました。

  • しくみ製作所でアプリエンジニアをやっております。
    iOS、Androidなんでも来い!
    ゲームエンジニアもやっちゃいます!

    僕とみんなが幸せになる社会を作りたいと思っています。
    最近は周りからよく性善説だ性善説だと言われますが、それでも幸せについて本気出して考えていきたい。

  • ソフトウェアエンジニアをしています。
    小さいチームで仕事をする機会が多かったため、手広くいろいろとやることが多かったです。
    また自分自身飽きっぽい性格のため、上記のようにいろいろなことにチャレンジできる環境の方が合っていました。

    # エンジニアリング

    ## サーバサイド
    - Ruby on Rails
    -- RSpec
    - Serverless Framework
    -- node.js

    ## インフラ
    - AWS
    -- terraform
    - firebase

    ## iOS
    - Swift
    - Objective C

    ## Webフロント
    - react / redux
    - t...

  • 業務としては、主にiOSやAndroidのモバイル開発を行ってきました。
    アプリの作成からC/C++で実装された別のSDKをiOS/Androidで使えるようにしたりと下から上までやってます。
    また個人では、問題解決の為の手段を増やす為日々新しいツールや言語を検証して業務に取り入れたりしてます。

なにをやっているのか

■ 非IT業種へのチャレンジ
私たちが取り組んでいるプロダクトの一つに、
IT化がまだ十分に進んでいない業種へのチャレンジがあります。

あるパートナー企業から、
「FAXやEメールで業務上のやりとりだとどうしても管理しにくいんだよねぇ。」
「やりとりのエビデンスが追いにくて営業結果の分析ができない!」
といった課題をいただきました。

そこではチャットアプリの開発を進めることとなりましたが、
機能、業務フロー、セキュリティなどを考慮しながら
パートナーと一緒に適切なアプリの提案と提供を行っております。

■ チャットアプリの開発
ある業種で使用されるチャットアプリの開発を行っております。
このプロダクトではアプリとの相性の良いFirebaseや、
スケールのしやすいAWS Lambdaの採用など効率のいい仕組みを導入しました。
またチャット用botと管理ツールの開発も行い、
人が忘れてしまうタスクのリマインドなどの機能を盛り込みました。

なぜやるのか

■ 仮説を検証することの大切さ
「きっと困っているから提供しよう」ではなく
「困っているかどうかを確かめよう」を大切にします。
仮説からいきなり機能追加やサービス提供をしてしまうと、
無駄な時間や労力を使ってしまうことが多いからです。

例えばチャットアプリではタスクを管理する機能をのちに追加しましたが、
これも仮説の後にユーザーからの意見収集やサンプルデータの調査で検証を行いました。
チャットの性質上文章が容易に流れてしまうことは想像しやすく、
ユーザー間で決めたタスクを忘れてしまうことが懸念されたためです。
この場合はタスクが発生する頻度や人が覚えていられない量なのかなどの観点から調査をし、
必要である事柄をしようとして落とし込んだ機能をリリースしました。

このように検証を行うことで "きっと" がなくなり、
困っているから提供しようという迷いのない事実の元、
開発に専念することができます。

■ 意識は自然と to C へ
受託案件だからといって対企業とだけ仕事をしている意識はありません。
私たちはパートナー企業と同じ気持ちで目標に向かって進んでいきます。

自分たちの中で顧客開発に対し、なにかを強制したりルールを作ったりはあまり行いません。

「こういう機能を提案したいのですが、サービスの意図と合ってますか?」
「ユーザアンケートを実施したんですね!ちょっと見てみたいです!」

などの会話は日常茶飯事で、エンジニアの枠を気にすることなく自由な発言を尊重しています。

自分でもサービスを良くする提案したい!
納得した気持ちでサービス作りに取り組みたい!
そんな自主的に動けるエンジニアの方、私たちと是非一緒に働きましょう!

どうやっているのか

  • 60a9f26f d31d 40f5 b873 66b2480e8b2f?1523584365 トランプを用いてタスクを計測中。(プランニングポーカー)
  • Da116171 23b1 4d4a 98d9 a3b34633d5dc?1523584365 Slackで相談したり、たまに趣味の話になったり!?

■ スクラム開発
社内のほとんどのプロジェクトではスクラム開発を導入しています。
しくみ製作所ではプロダクトを素早くリリースし、データをとって学習する。という
『リーン・スタートアップ』の考え方に則ってプロダクト開発を進めており、
スクラム開発はこの考え方と相性の良い開発手法だからです。
サイクルが短いプロジェクトではスプリント期間を1週間に設定し、
この期間を基準として構築・計測・学習のサイクルを回しています。
また、スピーディーにユーザーにプロダクトを届けられるよう、
メンバー一人ひとりが自由と裁量、そして責任を持って働いています。

■ 顧客開発ミーティング
週次で顧客開発の状況や戦略を話し合う会を実施しています。
参加者は担当者+希望者という形で、誰でも参加でき
なるべくオープンにすることを意識しています。
内容としては各自の仮説の持ち寄り、検証の進捗確認、
開発が必要と判断されたものは仕様設計やデザインのスプリントに入る調整を行ったりします。
検証した結果、需要が薄そうな仮説はキッパリやめるという判断もここで行うため、
本当に必要な機能やタスクだけが残り、スクラム開発をより加速させます。

こんなことやります

■ 業務内容
Android または iOS のネイティブアプリ開発を行っていただきます。
業務範囲は設計から、ライブラリ選定、コーディング、リリース、運用までのすべてをお願いする予定です。
社内にはモバイルアプリ開発が得意な社員が複数名在籍しているので、 不安なことがある場合は適宜確認しながら進めることができます。

■ 開発環境
iOSはXcodeを用いてSwiftで、Androidは Android Studio を用いて Kotlin で開発しています。
なお、運用歴が長い一部のアプリはまだ Java で開発しています。
デプロイに関しては Circle CI や fastlane 、Fabric などを利用して自動化しています。
構成管理には GitHub を使用しています。運用方法としては Git flow を採用しているチームが多いです。

■ 開発プロセス
スクラム開発を採用しています。
プロジェクトによって多少使用しているツールに差はありますが、GitHub Project のカンバンをバックログに使っているチームが多いです。
デイリースクラム、スプリント計画会議などのスクラムイベントは Google Hangout を用いて開催しています。

■ 必須条件
リモートワークでも問題が無いこと。
SlackGoogle Hangout などのツールを駆使してメンバーと協力して働くことになります。
年に2回の全社会(通称オフ会)や、歓迎会などのイベント時にリアルでも集まります。
Android アプリ または iOS アプリを仕事または趣味で開発した経験があること。
オフィスが無いので面談は Google Hangout で行います。
普段の社員同士での会話でも使っているので働き方のイメージを少しでも掴んでもらえるのではと思います。
お気軽に話を聞きに来てくださいね!

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 モバイルエンジニア
採用形態 新卒採用 / インターン・学生バイト / 中途採用 / 社会人バイト・契約・委託
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 車 拓哉
設立年月 2014年8月
社員数 23人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル)

応援している人(15)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(15)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

完全リモートなのでありません。Google HangoutとSlackで毎日やりとりしています。

Page top icon