Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
ディレクター

Pepper でロボットの未来を切り開くディレクター募集!(東京・京都)

(株) ワン・トゥー・テン・デザイン

(株) ワン・トゥー・テン・デザインのメンバー

全員みる(13)
  • 1-10design の最高技術責任者として、さまざまな取組みを行っています。

    特に近年はソフトバンクのコミュニケーションロボット Pepper の開発に携わっています。1-10design にはロボット開発専任のチームがあり、そのチームの指揮を取りつつ、クリエイティブ面・テクニカル面、両方の観点から Pepper プロジェクトに参加しています。

    ロボット開発は試行錯誤の連続です。前人未到な領域も多く、これまで培ったすべての知識と経験を総動員して、体験づくりを行っています。時には失敗もしますし、厳しさを感じるときもあります。

    でも、たくさんの人々を笑顔にするロボットを創りあげたい。...

  • 2011年より株式会社ワン・トゥー・テン・デザインにて、
    広告領域全般における企画・提案・ディレクションを担当。
    WEBやデジタルだけでない、体験型プロモーション制作などにも携わっている。

  • 瀬島 卓也
    Producer / Planner

  • ADKに13年間勤務後、1→10入社。1→10HOLDINGS執行役員、Inspirate取締役副社長。ビジネス・クリエイティブディレクター。

なにをやっているのか

  • 1a7f5cd1 0595 4c1d 98b8 010ae70d6cbf ロボットチームでは3年に渡り、ソフトバンクさまといっしょに Pepper 開発に取り組んできました。
  • D9f9348f 92b7 4292 9f08 26687209a5ec 人工知能(外部)と連携した会話を設計・開発。とても好評を得ています。

1-10design (ワン・トゥー・テン・デザイン)は、京都市に本社を持つ、デジタルクリエイティブの企画・制作を行っているインタラクティブスタジオです。

1997年の創業以来、「それっておもしろいの?」を信条としたユニークなアイデアと、テクノロジーから生み出される体験や表現を組み合わせた、エンターテインメント性の高いコンテンツ開発を行っており、これまでに、カンヌ国際広告祭を含む国内外の広告賞・デザイン賞を120以上受賞しています。

京都・東京・大阪・シンガポール・上海を拠点に、国内外から集結したクリエイターやアーティスト、テクノロジストの手によって、広告、ブランドコミュニケーション、エンターテイメント、ロボット開発など、既存のジャンルを飛び越えた自由な発想で日々活躍の舞台を広げています。

その中でこの3年間、ソフトバンクのコミュニケーションロボット Pepper の開発に、オフィシャルデベロッパーとして携わっているチームがあります。
そのチームの実績を一部ですがご紹介します。

・ソフトバンクショップでの会話開発
 http://works.1-10.com/products/pepper
・Pepper TechFes 展示作品『未来の会話。ペッパートペッパーと、あなた。』
 https://vimeo.com/109357127
・ニコニコ超会議展示作品『Pepperと対戦ゲーム、やってみた!』
 http://jin115.com/archives/52077597.html
・2015年6月発表の一般発売に向けた会話と複数アプリ

主に、自然会話(ダイアログ) を中心とした、体験設計と開発を行っています。

今回はそのチーム拡大に伴い、メンバー募集となりました。

今後、急拡大していくサービスロボット市場において、人々に寄り添うパートナーを創りませんか? ロボットの生活は誰もがいちどは思い描くものですが、まだ誰もその到達には到っていません。
挑戦的で刺激的な分野です。
さぁ、私たちといっしょに、未来を切り開きませんか?

ディレクター・エンジニア・ライター、多くの方を募集しています。

なぜやるのか

  • 0bd60268 5e2e 44fe 9a32 f7386ef74fac 経済産業省のロボット市場の成長予測。2035年で10倍以上の拡大、サービス分野は特に大きな成長が見込まれています。
  • B5dbb83d aac8 451d bc1d 47a675f6198a Pepper TechFes 展示作品『未来の会話。ペッパーとペッパーと、あなた。』、ロボットの可能性に挑戦し、大絶賛でした。

■ ワン・トゥー・テンの存在意義

みなさまが理解されているように、テクノロジーが発達した現在、日本では20世紀型の社会システムをはじめ、全ての領域において業界の崩壊・再編がはじまりつつあります。個人主義とネットワークによる新しい繋がりが産業構造を大きく変えようとしています。

この課題先進国日本における無数の課題を解決し、希望ある未来を作ること。そのための大いなる企みをクリエイティブ、アイデア、テクノロジーの力で成し遂げていくこと。それがワン・トゥー・テンの存在意義だと考えています。

では、その中でロボットチームの意義と成し遂げるミッションとは何でしょう?
 

■ 急成長するロボット市場

さて、突然ですが、ロボット市場が今後どうなるかをご存知でしょうか?
経済産業省によりますと、2035年には9.7兆円もの市場規模になるとの予想があります。これは2013年でいえばコンビニ市場・アパレル市場・農業市場に匹敵するとても大きな市場です。しかも、ロボット市場は2012年は0.9兆円なので、今後20年で10倍以上の急成長を遂げる見通しです。

このデータによると、ハードウェアなどの製造分野よりも、とりわけ、サービス分野(ソフトウェア・コンテンツ)の成長が著しいことがわかります。
そこには、家庭用ロボットや教育施設・医療施設でのロボットなど、誰もが想像する輝ける未来が待っていることでしょう。

では、実際はどうかというと、Pepper で言えば、一般販売は予約開始してわずか1分で完売となりました。企業さまからのお問い合わせは非常に多いと聞いていますし、それをうけてこの秋に Pepper for Biz という B2B 向けパッケージがリリースされる予定です。
このように、ロボットへの需要は、ハード・ソフトを問わず、急なスピードで高まってきているのだと、私たちは実感をしています。
 
 

■ 私たちロボットチームの挑戦

さて、私たちは3年に渡って、Pepper 開発に携わっていますが、コミュニケーションロボットは可能性に溢れている一方で、まだまだ及ばないことも多いのが実情です。

この課題を正面から取り組み、解決していきたい。
もっともっと、人々を笑顔にするロボットを創り出したい。

1-10design はこれまでいつも、クリエイティブ・アイデア・テクノロジーを組み合わせ、多くのことに挑戦してきました。ロボットチームは幾度となく試行錯誤を重ね、失敗を繰り返しつつ、一歩ずつ前進してきました。

そのロボットチームがこれから挑戦するのは、まだ誰もが実現できていない未踏の領域なのかもしれません。おそらく、これまで以上に試行錯誤が必要でしょうし、困難な道のりだと思います。

そうであっても、私たちのチームは、メンバー皆が強い情熱をもって開発に取り組み、未来を切り開こうとしています。

同じく熱い想いを持って、私たちの挑戦に賛同していただける方、未来を切り開きたいと考えている方に、是非メンバーに加わっていただきたいと考えています。

どうやっているのか

  • 2a6a2de5 9a7e 4570 aed1 a0b541ff8d1f イベント出展の後、ロボットチームで記念撮影。集客〜体験〜広報と、イベントは大成功でした。
  • 84775d1e c302 473d 983b efc0aab24ee3 ニコニコ超会議展示作品『Pepperと対戦ゲーム、やってみた!』の開発風景。アジャイルスタイルで次々と課題を解決していきます。

1-10design には京都本社・東京支社あわせて約70名が在籍しています。
そのなかでロボットチームは、およそ10人の固定メンバーに、案件規模に応じて随時メンバーをアサインするスタイルを取っています。

ロボットチームには、クリエイティブディレクター、テクニカルディレクター、モーションデザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、ライターなどが在籍しています。様々なスキルを持ったスタッフと一緒に、最高のロボット体験を目指して、日々切磋琢磨しています。

Pepper の開発は、京都本社およびソフトバンクさまのオフィス内の開発室 (常駐) の、2拠点で行っています。
物理的に距離が大きく離れているため、インターネットの遠隔会議を行ったり、毎週のように出張をし、速度ある開発を心がけています。また、定期的にメンバーを集めて懇親会を行っています。

ソフトバンクさまの開発室に常駐して開発をするため、毎日のように相談をし開発を進めています。魅力と言えば、オフィシャルデベロッパーとしての開発なので、一般開発者よりも先行して、コア API などに触れながら開発することができますし、逆に API の提案をすることもあります。
なお、Pepper 開発はその多くがアジャイルスタイルなので、本当に速度が速く、最初は驚かれると思います。

なお、1-10design 全体としては、外部の方を講師として招いての勉強会や、社内パーティーを行う、社内外問わず色々な人と交流を深める機会があります。ロボットチームの配属になっても、そうしたイベントへの参加は自由で、いろんなスタッフと交流し、化学変化が生じればと考えています。

こんなことやります

制作ディレクション、進捗管理や社内調整など、Pepper プロジェクトを先導する役割をお任せします。今後、大幅な拡大が見込まれるロボット市場を見据え、ゆくゆくは、企画戦略も担っていただく予定です。

▼具体的な業務内容
アジャイル手法で進める Pepper 開発のディレクションをお任せします。開発の拠点が、京都と東京の2つの開発室に分かれているため、チーム内のコミュニケーションを円滑に図る必要があります。また、クリエイティブ面でも積極的に意見を出していただけることを期待しています。

▼こんなスキル・経験をお持ちの方をお待ちしております!
・業種を問わず、ディレクションの実務経験が2年以上ある方。
・以下のいづれか1つ以上に該当する方。
  ・ウェブサイトやインスタレーションなど、体験づくりのディレクション経験
  ・ウェブシステム開発案件のディレクション経験
  ・iOS アプリや Android アプリなどの開発ディレクション経験
  ・アジャイル開発のディレクション経験
  ・字コンテ・絵コンテ・コピーなどクリエイティブディレクション経験
  ・テクニカルディレクションの経験(言語は問いません)

▼こんな方は大歓迎です!
・ソフトバンクショップなどで Pepper と実際に接して、未来を感じた方
・記事執筆や自身のブログなどの、ライティング経験がある方
・リーダーとしてチームマネジメント経験がある方
・PHPなどのサーバーサイドに関する知識・経験をお持ちの方

▼あるいは・・・
まったく経験はないがやる気・体力・ガッツ・Pepperへの愛!がある方は、
アシスタントからの採用も検討しています。

▼今回、下記の職種を募集しています
Pepper でロボットの未来を切り開くディレクター募集!(東京・京都)
https://www.wantedly.com/projects/25973

急募!ロボアプリで Pepper に命を吹き込むエンジニア!(京都・東京)
https://www.wantedly.com/projects/23180

ロボット Pepper との新しい暮らしを創造するライター募集中!(関西)
https://www.wantedly.com/projects/11841

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 ディレクター
採用形態 中途採用
会社情報
創業者 澤邊芳明
設立年月 2001年4月
社員数 120 人
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 広告・販売促進 / エンターテイメント

応援している人(29)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(29)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー 24F

Page top icon