350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 在宅医療PA(アシスタント)
  • 24エントリー

無資格から医療人へ/診療アシスタント募集/ガイアの夜明けに登場したPA職

在宅医療PA(アシスタント)
24エントリー

on 2015/08/19

2,312 views

24人がエントリー中

無資格から医療人へ/診療アシスタント募集/ガイアの夜明けに登場したPA職

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
New Graduate
Tokyo
Mid-career
New Graduate

Yuu Yasui

理事長の安井佑(40歳/2020年現在)。経営者であり医師。 熱い魂と冷徹な思考をもった人。

医療法人社団焔のメンバー

理事長の安井佑(40歳/2020年現在)。経営者であり医師。 熱い魂と冷徹な思考をもった人。

なにをやっているのか

「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に、2013年東京都板橋区にて開業。 「自分らしく死ねる=最期まで自分らしく“生きる”」と考え、「自分らしく生きる」を支える在宅医療(訪問診療)を開始。 2013年、数名のスタッフから始まった“やまと診療所”は、 2020年、“TEAM BLUE”として、様々な医療サービスを提供する医療TEAMへと成長。 ー訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問歯科・病院(地域包括ケア病床/2020年4月開院) すべてのサービスは、 ー患者様が自分らしく生ききる。 ー人が人を想い「温かい死」がそこかしこで見られる世界の実現へ。 私たちのVALUE 「私達はもっとよくなれる」と信じている。 自分の仕事に、組織に誇りを持って「楽しく」仕事をしている。 「チーム」と共にある。認め合い、喜び合い、信じ合い、高め合う。 日々、仲間を信じ、挑戦し続ける。 それがTEAM BLUEだ。 在宅医療の役割は、病気によって揺れ動く患者の人生に寄り添うこと。 この原点を胸に、患者一人ひとりの生き様 (=死に様) と真摯に向き合います。
おうちにかえろう。病院の1階。外の名世界と病院内の世界とをつなぐようなデザインは、「病院」という閉鎖的なイメージを払拭し、患者様と地域とをつなぎます。患者様が過ごしやすいように、スタッフが働きやすいように、院内各所に様々な工夫と、想いが詰まっています。(撮影場所:おうちにかえろう。病院1階)
制服?ありません。白衣?着ません。患者様に自分らしく、リラックスして過ごしてほしい。だから、私たちは制服や白衣を着ずに診療にあたります。だっておうちに白衣は不釣り合いですから。※病院勤務はシャツの指定があります。
「在宅医療」と聞いて、どんな印象を受けるでしょうか。こんな素敵な笑顔が思い浮かんだ方は少ないかもしれません。しかし、これが本当の在宅医療です。患者様が自宅で自分らしく過ごす。そこをちょこっとお手伝いさせていただくだけなんです。難しいことは何にもありません。「人が人を想う温かい気持ち」があれば、それで十分。(撮影:訪問リハビリ介入時)
新設病院の前でTEAM BLUE全社員がそろいました。みんなの思いが詰まった病院に、「人」というイノチの灯が灯りました。これからこの病院で、「おうちにかえる」を目的とした、新しい医療のカタチに挑戦し続けます。社員数も200人を越えました。それでも顔の見える関係を大切に、お互いを必要とし、助け合って仕事をします。(撮影:おうちにかえろう。病院)
病気になっても、年を老いても、時は刻み続けます。その時間を少しでも「自分らしく」過ごすために、全力でサポートします。病気でたくさんのものを失い、できないことだってあるけれど、「自分らしさ」は守り抜ける。そう信じて、患者様の「自分らしく生きる」をTEAM BLUEみんなで支え切ります。
診療の様子。自宅だからこそ見られる笑顔や、聞こえる声、感じ取れる雰囲気があります。五感すべてでおうち・家族を感じながら過ごす患者様。最後まで「自分らしく生ききる」ために、病院・在宅・地域を新しい医療のカタチでつなぎます。

なにをやっているのか

おうちにかえろう。病院の1階。外の名世界と病院内の世界とをつなぐようなデザインは、「病院」という閉鎖的なイメージを払拭し、患者様と地域とをつなぎます。患者様が過ごしやすいように、スタッフが働きやすいように、院内各所に様々な工夫と、想いが詰まっています。(撮影場所:おうちにかえろう。病院1階)

制服?ありません。白衣?着ません。患者様に自分らしく、リラックスして過ごしてほしい。だから、私たちは制服や白衣を着ずに診療にあたります。だっておうちに白衣は不釣り合いですから。※病院勤務はシャツの指定があります。

「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に、2013年東京都板橋区にて開業。 「自分らしく死ねる=最期まで自分らしく“生きる”」と考え、「自分らしく生きる」を支える在宅医療(訪問診療)を開始。 2013年、数名のスタッフから始まった“やまと診療所”は、 2020年、“TEAM BLUE”として、様々な医療サービスを提供する医療TEAMへと成長。 ー訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問歯科・病院(地域包括ケア病床/2020年4月開院) すべてのサービスは、 ー患者様が自分らしく生ききる。 ー人が人を想い「温かい死」がそこかしこで見られる世界の実現へ。 私たちのVALUE 「私達はもっとよくなれる」と信じている。 自分の仕事に、組織に誇りを持って「楽しく」仕事をしている。 「チーム」と共にある。認め合い、喜び合い、信じ合い、高め合う。 日々、仲間を信じ、挑戦し続ける。 それがTEAM BLUEだ。 在宅医療の役割は、病気によって揺れ動く患者の人生に寄り添うこと。 この原点を胸に、患者一人ひとりの生き様 (=死に様) と真摯に向き合います。

なぜやるのか

病気になっても、年を老いても、時は刻み続けます。その時間を少しでも「自分らしく」過ごすために、全力でサポートします。病気でたくさんのものを失い、できないことだってあるけれど、「自分らしさ」は守り抜ける。そう信じて、患者様の「自分らしく生きる」をTEAM BLUEみんなで支え切ります。

診療の様子。自宅だからこそ見られる笑顔や、聞こえる声、感じ取れる雰囲気があります。五感すべてでおうち・家族を感じながら過ごす患者様。最後まで「自分らしく生ききる」ために、病院・在宅・地域を新しい医療のカタチでつなぎます。

ー人生の最期をどこで過ごしたいですか。 この問いに8割の人は「自宅」と答える。 しかし、実際に「自宅」で最期を迎えられる人はわずか十数%。 2030年には47万人の「看取り難民」が発生するといわれてる。 この社会課題に対して、質の高い在宅診療サービスを広げ、 最期まで自分らしく生きられる社会の実現を目指し、発足したのが「やまと診療所」。 理念は「自宅で自分らしく死ねる。そういう世の中をつくる。」。 そこから10年。 私たちはTEAM BLUEへと成長し、 「温かい死」を通して、「人が人を想う」気持ちを大切にできる世界を作る。 を理念に、400名以上の仲間がいる医療グループへと進化した。 死は確かにつらいし、悲しい。 しかし、今のように目を背けていていいのだろうか。 私たちは、「温かい死」を通して「人が人を想う」気持ちが受け継がれるのを知っている。 「人が人を想う気持ち」は、脈々と後世へと受け継がれる。 「温かい死」が増えれば、「人を想う人」が増える。 「人を想う人」が増えると、世界がやさしく、強く、自由になる。 私達は死を支える医療チームだ。 死を通じて「自分らしく生きる喜び」と「人が人を想う温かさ」を伝えたい。 「人が人を想う」気持ちを大切にできる世界を作りたい。 そしてそれを子供たちにつないでいきたい。

どうやっているのか

「在宅医療」と聞いて、どんな印象を受けるでしょうか。こんな素敵な笑顔が思い浮かんだ方は少ないかもしれません。しかし、これが本当の在宅医療です。患者様が自宅で自分らしく過ごす。そこをちょこっとお手伝いさせていただくだけなんです。難しいことは何にもありません。「人が人を想う温かい気持ち」があれば、それで十分。(撮影:訪問リハビリ介入時)

新設病院の前でTEAM BLUE全社員がそろいました。みんなの思いが詰まった病院に、「人」というイノチの灯が灯りました。これからこの病院で、「おうちにかえる」を目的とした、新しい医療のカタチに挑戦し続けます。社員数も200人を越えました。それでも顔の見える関係を大切に、お互いを必要とし、助け合って仕事をします。(撮影:おうちにかえろう。病院)

私たちは、 ー自宅で最期まで「自分らしく」生きられる地域をつくります。 ー大切な人への想いが作った「温かい死」がそこかしこで見られる街をつくります。 ー「人が人を想う」気持ちが、子供に、孫に、伝わっていく未来をつくります。 自宅での看取りを中心とした「生命の現場」で、若いスタッフが医療の一番ディープな部分に触れながら修行をしています。 Humanityの一丁目一番町。 若くて、エネルギッシュな20代~30代のスタッフが活躍する医療法人! 意思決定スピード、実現スピードがおもしろいくらい速い法人です。 各事業の紹介 ーやまと診療所ー 「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」 すべての人には、ひとりひとりの歴史とそこに関わってきたたくさんの人たちの想いがあります。 私たちはその想いを繋ぎ、「自分らしく生きる」を地域と共に実現する在宅診療所です。 <在宅医療PA>という独自の職種を設置。 患者様の在宅での生活がより“自分らしい”生活となるよう、患者様・ご家族に寄り添い、 さらに一歩踏み込む医療の実現を可能にしております。 ーおうちにかえろう。病院ー 「そっと人生を思いだす場所」 不自由を抱えながら、自分の「生きる」を見つめて歩き出すための時間を作りたい。 そんな思いから生まれた「おうちで暮らす」を支えるための病院です。 多職種が活躍し、病院・在宅・地域をシームレスにつなぐ医療を実現します。 ーおうちでよかった。訪看ー 「心から『よかった。』と思えるように。」 不安や悩みをたくさん持ちながらでも、「この道を選んでよかった。」と心から思ってほしい。 そのために、本気で”寄り添う看護”を目指し続けます。 私たちは、人を想い、人を看る訪問看護です。 ~病院で多くの経験をしたスタッフ、訪問の大ベテランまで、様々なスタッフがおります。 新卒からの挑戦も大募集です。 ーおうちでよかった。訪看(リハビリ)ー 「自分らしさに向かって、心の一歩を踏み出す。」 例え身体機能が回復しなくても、心の火を灯すこと。 それこそがリハビリの大事な仕事です。 「ちょっとやってみようかな」 明日に向かうその一歩を、私たちは一緒に踏み出したい。 ーごはんがたべたい。歯科ー 「『たべたい』と『たべさせたい』その先の笑顔がみたい。」 「たべたい」と「たべさせてあげたい」。 それぞれの想いを「食べる」で繋ぐために、その人のWILLに寄り添い、真摯に向き合う歯科クリニックです。 患者様が最後まで「食べる」を実現できるよう日々診療を行っております。 超高齢化社会、2035年、看取り難民、保険財政の圧迫。 我々がいる場所はこれらの問題の最前線です。 これから医療介護の業界にチャレンジしたい、焔で働いて一緒に日本の医療を変革したいというハートの持ち主を募集しています。

こんなことやります

■地域医療で活躍したいという方へ 病院で亡くなられる方が8割という社会から、自宅での看取りが当たり前の社会へ。 そのためには医師・看護師などの医療者だけでは足りません。 当院では地域包括ケアの中心となって活躍できる人材の育成に力を入れています。 医療の資格・知識がなくても大丈夫です。現場でのOJTだけでなく、医療・介護の基礎知識、外部講師によるOFF-JTも組合わせ、一歩ずつ確実に成長しながら目の前の人の役に立っていきます。 0からでもやる気次第。医療の世界にチャレンジしたいという志をもった方のご応募お待ちしております。 【仕事内容】 主な仕事は3つあります。 「医師のアシスト業務」「意思決定支援」「環境調整」です。 ①医師のアシスト業務 医師が診療に専念できるようにアシストします。 患者様のお宅に向かう車の運転、診療に必要な医療器具の準備、電子カルテの作成、診療中の医師や患者様の会話記録などをします。 ②意思決定支援 PAの一番大事な役割です。 患者様やご家族とコミュニケーションを取り、「その人らしい生活」を一緒に考えて、決めていきます。 患者様やご家族は自身の希望や今後の不安を言葉にできないことも多いです。 その思いをPAが汲み取り、時には医師に伝えたり、患者さまと周囲の通訳になったりします。 ③環境調整 在宅医療は様々な事業所・地域の方たちが1人の患者様を支えています。 1人の患者さんを中心として考え、関わりがある事業所さんたちと患者様について情報共有し合い、自宅で自分らしく生活できるような環境を整えます。 そんなこと未経験でもできるのか、心配ですよね。 でも、だいじょうぶです。 今お伝えした仕事内容を、1つずつできるようにしっかりとした教育体制を整えております。 【1日の流れ】 9:00 全体ミーティング 全体の連絡事項と、昨晩の緊急対応状況。重症者の共有など。 9:30 訪問開始 2〜4件ほど    ・医師1人とPA2人で診療しています。    ・アシスタントは車の運転をしていただきます。    ・診療へは白衣を着ずに、Yシャツ等のカジュアル過ぎない格好で訪問します。    ・診療中は、カルテ入力、介助、処置介助、患者さんとの会話をします。 12:00~13:00 昼休憩(時間は前後します) 13:00 午後診療 3〜5件ほど 17:00 診療終了帰院    ・申送り(診療内容を全員で共有します)    ・診療したカルテの見直し。関連事業所(訪看・ケマネージャー等)に診療レポートをFAX送信。 18:00 業務終了 ※緊急往診や道路状況により、業務終了時間は異なります。
23人がこの募集を応援しています

23人がこの募集を応援しています

+11

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2015/04に設立

400人のメンバー

東京都板橋区東新町1-26-14