1
/
5
インフラエンジニア
中途
14
エントリー
on 2019/02/28 4,998 views

AWSやDockerを駆使してサービスの信頼性を向上させるエンジニア募集

コネヒト株式会社

コネヒト株式会社のメンバー もっと見る

  • コネヒト株式会社でインフラエンジニアをやっています。(2017年5月〜)
    前職は、一休.comで7年間働いていました。
    以前AWSさんにインタビューしてもらった記事があるのでよろしければこちらをご覧ください。
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/amazon-aurora-at-mamari/
    技術を組み合わせてサービスを作っていくことが好きで、今はコンテナベースのサービス基盤作りやAWSの最新トレンドを取り入れサービスの信頼性を向上させつつ、ユーザにより良い体験を提供することをメインで行っています。

なにをやっているのか

  • 妊娠や育児の不安に寄り添う「ママリ」は新しくママになる方の3人に1人、300万人のユーザーに利用いただくサービスへ成長。ママリに集まる家族の声を起点に、様々なサービスや事業、アライアンスや社会への提言も生まれています
  • いわゆる「とるだけ育休」にもなりがちな男性育休の質を改善するための冊子を制作、自治体や産院に配布し夫婦でのワークショップを促す取り組みや、教育現場への展開など社会へのアプローチも進めています

コネヒト株式会社は「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」をビジョンステートメント(VS)に掲げ、育児や家族を取り巻く様々な家族領域の課題解決を目指す、日本でもユニークなドメインを持つテックベンチャーです。

VS実現の先のKGIとして「希望出生数と予定出生数のGAPの解消」を目指しており、その障壁となる「経済(家計)」「育児」「健康(不妊)」「社会の雰囲気」という大きく4つの課題を主要な事業領域としています。この事業領域において、事業開発や行政・他企業との連携、社会への提言など様々な方法で、それぞれのありたい家族像が実現できる社会に向けた取り組みを進めています。

主軸事業は、「ママの一歩を支える」をミッションにしたサービス 、ママリです。
ママリはリリースから8年を迎え、妊娠・出産・育児という生活激変の時を歩む女性たちの悩みや不安を解消し、喜びや幸せが共有されるコミュニティとしてなくてはならないものとなり、今では300万ユーザーの「家族の声」が集まるプラットフォームへと大きく成長しました。

しかし、ママリに集まる家族の声を通して見えてくるのは、ママを支えるだけでは解決できない課題がたくさんある、ということ。そこで2020年、「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」という新たなビジョンステートメントを定め、様々な取り組みを進めています。

プラットフォームに集まるデータを活かしてクライアントのマーケティングを支えるtoBサービス「家族ノート」、育児関連の購買に悩める家族を支える 「ママリ口コミ大賞」 のほか、国勢調査と並ぶ回答数を誇る 「家族に関する実態調査」の実施や、育休の質を改善するための社会への提言など様々な分野へ取り組みを広げており、収益構造についても広告 / サブスクリプション / SNSを中心とした非常に健全なポートフォリオとなりました。

2019年からはKDDIの傘下会社として、コネヒトが保有するアセットやデータ活用、KDDIが取り組むSDGs分野でのシナジーも期待されています。
大企業にジョインしたスタートアップ(Joined Startup)として、スタートアップらしい自由で挑戦的な文化と大企業の強い資本力やアセットが両立する「スタートアップ第三極」の、新たな働き方も提言していきたいと考えています。

なぜやるのか

  • 組織間の垣根が低くオープンでフラット、カジュアルな雰囲気です。役職や職種関係なく「コトに向かう」スタンスが強く、社員皆で家族を学び、アクションし、「あなたの家族像が実現できる社会」の実現を目指しています
  • コネヒトでは、それぞれの家族像を実現するための課題を『家計の悩み』『不妊の悩み』『育児の悩み』『社会の意識』の4つに大きく分類し、事業領域に設定しています

コネヒトのVSが目指すKGIである「希望出生数(=希望する子供の数)」と「予定出生数(=予定している子供の数)」の差は約0.4Pt近くに上ります。この差はなぜ生まれるのでしょうか。

調査によれば、最も大きな課題は「子育てや教育へお金がかかりすぎる」「仕事に差し支える」等の経済的な課題を理由に挙げる世帯が7割以上に上り、続いて「これ以上育児の負担に耐えられない」等の育児課題が約3割と続きます。

こういった課題は、現在は課題の当事者である家族に比較的閉じていますが、それが解決を難しくしている側面もあるのではないかと私たちは考えています。

2022年からの大きな変化として、これまでのサービス・取り組みではアプローチしきれなかった経済(お金)の課題にも事業を広げていくこと、課題の当事者だけではなく支援者も巻き込み新たな価値や体験を提供していくことを目指しています。

多くの家族が集まる「ママリ」というプラットフォームを持ち、「誕生」というタッチポイントで毎年240万人との接点の可能性を保有するコネヒトだからこそ、この問題に大きく旗を立て、新たな「家族領域」というマーケットを創り上げていくことができるのではないかと考えています。

どうやっているのか

  • 半期毎の経営戦略発表時に全社員で行う「わくわく感といけそう感ワーク」。戦略を達成した先の未来への「わくわく感」と、具体的な戦略を理解した上で現状の不安や懸念を取り除く「いけそう感」の両方を大切にしています
  • 月に1度、コネヒトスタッフ全員が集まり様々なテーマでワークショップを実施します。ボトムアップで会社の方向性を決めていく大事な取り組みであるとともに、オンラインワーク中心になった中での従業員同士の相互理解を深める場にもなっています

【MISSION/VISION/VALUEについて】

コネヒトは、さまざまなバックグラウンドを持つ人が働く多様性のある会社ですが、共通して大切にしているMISSION/VISION/VALUEがあります。

●VISION●
あなたの家族像が実現できる社会をつくる

●MISSION●
人の生活になくてはならないものをつくる

●VALUE●
肯定からはじめよう Affirm&Follow
驚かせよう Surprise

VMVを実現するための取り組みは様々ありますが、代表的なものを2つご紹介します。

<わくわく感といけそう感ワーク>
期初の戦略発表時に、部署ごとに実施するワークです。
戦略を達成した未来への「わくわく感」を醸成するためのワーク、具体的な戦略を理解した上で現状の不安や懸念を取り除く「いけそう感」を醸成するためのワークの2つで構成されます。
実際の不安や懸念を表面化し、それらを組織の課題として向き合い、最善の解決策を探る場でもあります。

<コネヒトワークショップ>
月に1度、コネヒトスタッフ全員でワークショップを実施します。
テーマは家族像のディスカッションや他組織の仕事理解を深めるもの、未来の働き方をどうしていくのか?など様々。ボトムアップで会社の方向性を決めていくための大事な取り組みであるとともに、オンラインワーク中心になった中での従業員同士の相互理解を深める場にもなっています。

こんなことやります

サービスの信頼性向上をミッションに幅広い領域をカバーしながらエンジニアリングを行っていただきます。少しでも興味をもっていただけたら、まずはオフィスに気軽に遊びにきてください。

【業務内容】
(1)変化を恐れずに良いものを取り入れながらサービスの信頼性を向上させる
 ・クラウド、オープンソース、Saasの新技術を検証し、より良いものを取り入れていく(最近だとFargateを本番に導入しました)
 ・APMや分散トレーシングの導入を行い障害時の切り分け高速化やパフォーマンス改善の簡略化を目指す
 ・Infrastructure As Code(AWSリソースをコード管理)
 ・コンテナオーケストレーションツールとしてECSを採用していますが、チーム規模の拡大や大きなメリットがあればKubernetesの検討も今後ありえると思っています

(2)開発チームと連携してサービスのパフォーマンス改善を行う
 ・SQLチューニング、キャッシュ改善等全レイヤに渡るシステムを俯瞰しながらのパフォーマンス改善
 ・例えば、ボトルネックを見極めページ速度改善のために、画像系SaaSを導入等

(3)開発効率を向上しユーザへの価値提供を早くするためのDevOps的な取り組み
 ・CI/CDパイプラインの改善・高速化(コンテナベースのCI/CDの見直しも含む)
 ・ステージング環境に本番相当データを定期的に同期
 ・ログ基盤の整備
 ・自動化に必要なツールや機能の開発

他にも、BigQueryやRedashでのデータ分析と分析結果によるプロダクトの提案や改善等も行います。

また、業務で得た知見をブログや登壇を通して外部に公開することも称賛される文化があります。アウトプットの事例に関しては下記を見ていただけるとうれしいです。

<インフラ関連の開発者ブログ>
http://tech.connehito.com/archive/author/nagais
http://tech.connehito.com/archive/author/tatsushim

<コネヒトメンバの登壇資料>
http://tech.connehito.com/entry/slides

【開発環境】
・言語(サービス開発):PHP
・言語(インフラツール開発):Golang, Python
・インフラ:AWS (ECS, Aurora, RDS, Lambda, CloudWatch)
・ツール:Docker, Terraform
・その他:GitHub, TravisCI, BigQuery, Redash

【必須条件】
・技術を手段と捉えてサービスファーストな思考が出来る方
・Linuxなどのオペレーティングシステムの基本的な知識
・TCP/IP, HTTPなどのプロトコルの基本的な知識

【歓迎条件】
・大規模webサービスの構築/運用の経験
・DBやwebサーバなどの運用やチューニングなどの経験
・TerraformなどのProvisioningツールを利用した経験
・Dockerなどのコンテナ技術での運用経験
・アプリケーション開発やSREとして実務経験

少しでも興味をもっていただけたら、まずはオフィスに気軽に遊びにきてください。お会いできるのを楽しみにしています。

会社の注目のストーリー

ママリのデータで企業と共に社会を変革するー 小椋友季×亀山杏子対談

出産月データで顕在化していない母親の悩みを解消するー 野澤哲照×吉岡詩織対談

家族にとって「幸せな消費」ってなんだろう、データ活用で実現する家族の購買の未来ー エルデシュ 岩永二郎×コネヒト 高橋恭文対談

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
コネヒト株式会社の会社情報
コネヒト株式会社
  • 2012/01 に設立
  • 90人のメンバー
  • 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テテス5階
  • コネヒト株式会社の会社情報
    コネヒト株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?