350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Railsエンジニア
  • 284エントリー

Railsでヘルステック事業を前進させるサービス開発エンジニアを大募集!

Railsエンジニア
Mid-career
284エントリー

on 2019/05/21

5,176 views

284人がエントリー中

Railsでヘルステック事業を前進させるサービス開発エンジニアを大募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Yo Iwami

1999年、信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 研究テーマは、血管再生医学。 2003年12月に若手医師のネットワーク「ネット医局」を設立し、代表に就任。 2004年12月に株式会社メディカル・オブリージュ(現メドピア株式会社)を設立。 現在も、一週間に一度の診療を継続し、医療現場に立つ。日本内科学会認定内科医。

Hiromichi Hirakawa

SIerとして各種システム開発を経験後、SNSを運営する会社、ソーシャルアプリ・ソーシャルゲームの開発をする会社を経験後、メドピアへ参画。 サーバーサイドの開発やマネジメントを行う。

メドピア株式会社のメンバー

1999年、信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 研究テーマは、血管再生医学。 2003年12月に若手医師のネットワーク「ネット医局」を設立し、代表に就任。 2004年12月に株式会社メディカル・オブリージュ(現メドピア株式会社)を設立。 現在も、一週間に一度の診療を継続し、医療現場に立つ。日本内科学会認定内科医。

なにをやっているのか

メドピアグループの事業はすべて、「Supporting Doctors, Helping Patients.」(医師を支援すること。そして患者を救うこと)のミッションに沿って展開しています。 ・医療従事者や医療現場をサポート(Supporting Doctors)する「ドクタープラットフォーム事業」 ・個人の予防や健康増進をサポート(Helping Patients.)する「ヘルスケアソリューション事業」 この2つの事業体を軸にして多数のヘルステックサービスを企画・開発しています。 すべての事業の基盤になっているのは、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。 ▼ドクタープラットフォーム事業 ・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」※医師会員限定  https://medpeer.jp/ ・医師の求人・アルバイト情報サービス「MedPeer Career」  https://career.medpeer.jp/ ・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」  https://scout.medpeer.jp/land ・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」  https://clinic.medpeer.jp/ ▼ヘルスケアソリューション事業 ・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)  https://firstcall.md/ ・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス)  https://dietplus.jp/ ・医師と患者をむすぶメディカルサービス「イシコメ」  https://ishicome.medpeer.jp/ ・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社スギ薬局/株式会社Mediplat)  ミールデリバリー「スギサポdeli」(https://sugisapo.ws/)  歩数記録アプリ「スギサポwalk」  食事記録アプリ「スギサポeats」
医師12万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」には、医師の"集合知"が集積しています
オンライン医療相談「first call」は、日常生活でのちょっとした身体の悩みや疑問をスマホやPCから医師に相談できます
メドピアには異業界から多様なメンバーが集まっています
エンジニアは年に2・3回、2泊3日の開発合宿を行っています
代表の石見は今も週1回診療を行う現役の医師です
私たちは「集合知により医療を再発明する」ことを目指しています

なにをやっているのか

医師12万人が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」には、医師の"集合知"が集積しています

オンライン医療相談「first call」は、日常生活でのちょっとした身体の悩みや疑問をスマホやPCから医師に相談できます

メドピアグループの事業はすべて、「Supporting Doctors, Helping Patients.」(医師を支援すること。そして患者を救うこと)のミッションに沿って展開しています。 ・医療従事者や医療現場をサポート(Supporting Doctors)する「ドクタープラットフォーム事業」 ・個人の予防や健康増進をサポート(Helping Patients.)する「ヘルスケアソリューション事業」 この2つの事業体を軸にして多数のヘルステックサービスを企画・開発しています。 すべての事業の基盤になっているのは、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。 ▼ドクタープラットフォーム事業 ・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」※医師会員限定  https://medpeer.jp/ ・医師の求人・アルバイト情報サービス「MedPeer Career」  https://career.medpeer.jp/ ・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」  https://scout.medpeer.jp/land ・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」  https://clinic.medpeer.jp/ ▼ヘルスケアソリューション事業 ・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)  https://firstcall.md/ ・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス)  https://dietplus.jp/ ・医師と患者をむすぶメディカルサービス「イシコメ」  https://ishicome.medpeer.jp/ ・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社スギ薬局/株式会社Mediplat)  ミールデリバリー「スギサポdeli」(https://sugisapo.ws/)  歩数記録アプリ「スギサポwalk」  食事記録アプリ「スギサポeats」

なぜやるのか

代表の石見は今も週1回診療を行う現役の医師です

私たちは「集合知により医療を再発明する」ことを目指しています

【Mission(存在意義)】 Supporting Doctors, Helping Patients. ~医師を支援すること。そして患者を救うこと。~ 医師をはじめとした医療従事者は、目の前の人の命を救うために日々戦っています。私たちはITの力で彼らをエンパワーし、さらに患者と医療従事者をつなぐことで、1人でも多くの方々の命を救い、健康な世の中を創るために事業を行っています。 【Vision(実現したい姿)】 集合知により医療を再発明する。 メドピアグループには、「MedPeer」に集まる医薬品の口コミや症例のQ&Aデータ、「first call」に集まる医療相談のQ&A、「ダイエットプラス」に集まる管理栄養士の食事アドバイスなど、専門家の知見による様々な「集合知」データが蓄積しています。これら集合知をプラットフォーム化して活用していくことで、これまでにない理想の医療を「再発明」することが、私たちの目指すビジョンです。 当社は医師15万人(国内医師の3人に1人)が参加するドクタープラットフォーム「MedPeer」を運営しており、そこでは医師同士が薬剤や症例についての臨床経験を「集合知」として蓄積・共有しています。 この医師の集合知によって医療を再発明し、1人でも多くの患者を救うために事業を行っています。 最近では、このドクタープラットフォームを活用し、医師と患者をオンラインでつなぐ遠隔医療相談など、コンシューマー向けの事業も多数展開しています。 現在、日本は医療費高騰や医師不足といったリソースの問題において危機的な状況にあります。 この問題を解決するために政府の動きも活発化しており、この数年でIT活用に向けた規制緩和が急速に進んでいます。 上記のような状況下、弊社のようなIT領域においてある種先駆者となっている事業会社が、医療のインフラを大きく変えるサービスを創り出すチャンスになります。

どうやっているのか

メドピアには異業界から多様なメンバーが集まっています

エンジニアは年に2・3回、2泊3日の開発合宿を行っています

メドピアグループには、エンジニアやコンサルタント、医師、管理栄養士など、異業界からさまざまな職種のメンバーが集まっています。 医療の知識は必要としていません。先入観なく医療の現状を見つめ、医師たち専門家と共に新しいソリューションをゼロから生み出すことを大切にしています。 ■開発環境・メンバー 開発環境としては、2016年からメイン言語をRubyにシフトし、Rails経験3年前後のメンバーを中心にサービス開発に取り組んでおります。大手SNS企業、ソーシャルゲーム開発企業出身者、「パーフェクトRuby on Rails」著者など、様々なバックグラウンドを持つメンバーがナレッジを共有しながら切磋琢磨しております。 メドピアの開発では、新しい言語やツールを積極的に採用しています。メンバーからの提案で採用することも多く、常に試しながらいいものをスピーディーに取り入れていきます。 ※現在の開発環境はこちらに掲載していますのでご覧ください。 https://medpeer.co.jp/recruit/workplace/development.html ■エンジニアがメドピアで働く醍醐味 「エンジニア文化が根付いていてチーム開発などの組織をつくっていくことができる」 ・振り返り会や情報共有会を通して“隣の人が何をやっているのか”透明化されている ・事例やコードの共有を通して、早期バグの発見などサービスづくりの品質向上に繋がっている ・リリースまでのフロー等「エンジニアリング」としてまだまだ改善できる点が多々あり、 エンジニア組織をつくっていくことができる 「技術研鑽の環境がある」 ・スキル向上への投資が積極的(書籍購入支援/ 開発合宿/ 勉強会/ LT/ RubyKaigi参加支援など) ・Railsの知見に長けた技術顧問がいて、近い距離で気楽に相談できる 【Credo(約束)】 チーム一丸となってMissionとVisionを実現していくために、1人ひとりが行動するときに大事にしているのが5つの「Credo」です。 日々の仕事においてはもちろん、新たなメンバーを迎える採用活動においても大事にしています。 ・顧客へ最速かつ唯一無二の価値を提供する ・オーナーシップを持ち組織と自分の成長にコミットする ・持続可能なイノベーションのために大胆に挑戦する ・やれない理由ではなくできる手段を提案する ・飛躍のための失敗を受容しチームで解決する ※Credoに込められた意味は、代表石見のこちらのブログをご覧ください。 https://medpeer.co.jp/blog/?p=1605

こんなことやります

メドピアグループの各事業におけるサービス開発を担っていただくオープンポジションです。 担当事業や配属は、ご本人の志向や適性、組織の状況を鑑みて決定いたします。場合によってはリードエンジニアとして開発を統括していただいたり、メンバーのマネジメントを担っていただく可能性もあります。 【対象サービス】 ▼ドクタープラットフォーム事業 ・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」 ・医師キャリア支援事業「MedPeerキャリア」 ・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」 ・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」 ▼ヘルスケアソリューション事業 ・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)   ・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス) ・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社Mediplat)  ミールデリバリー「スギサポdeli」  歩数記録アプリ「スギサポwalk」  食事記録アプリ「スギサポeats」 ・その他新規サービス 【具体的な業務内容】 ・既存サービスの新規機能開発(ユーザビリティ向上、スケーラビリティ改善等) ・新サービスの企画開発 ■必須条件: ・Ruby on Rails でのWebアプリケーション開発実務経験 ・RSpec等を用いたテスト作成経験 ・コードレビューの経験 ■求める人物像: ・技術的探究心が強くアウトプットをGitHub等に公開されている方 ・新たなサービスの開発において、マーケティング・企画担当と密にコミュニケーションを取りながら 建設的に業務に取り組める方 ・自社サービスの企画・設計・開発・運用・改修の一貫した業務に携わることに意欲的な方 ・Rails化を牽引し、チーム・文化創りを一緒にやっていきたい方 ・社会的意義のある仕事にやりがいをもって働ける方 ■コミュニティへの貢献 FukuokaRubyKaigi Ruby25 RailsDevelopersMeetup 2018 RubyKaigi2018 RailsDevelopersMeetup Extreme iOSDC2018 RubyWorld Conference RailsDevelopersMeetup2019 RubyKaigi2019 等のイベントへのスポンサードもさせて頂いており、コミュニティに対する貢献も継続的に続けていきたいという考え方を持っております。 RubyKaigi2019 はプラチナスポンサーとして参画し、ベテラン・若手含め総勢16名が参加しました。もちろん会社全額負担です! ※ちなみに昨年のRubyKaigi2018はゴールドスポンサーとして参画し、参加エンジニアは11名でした。この1年での急成長を手前味噌ながら実感しています。 ■開発ブログ エンジニアが主体的に作成しているブログです。ぜひ一度ご一読下さい!https://tech.medpeer.co.jp/ 少しでも「知りたい」と思ったら是非気軽に応募してください! ・もしかしたら一緒に働く事になるかもしれない人を知りたい ・もしかしたら働く環境になるかもしれない環境を知りたい ・どんな事業なのか詳しく知りたい などなど どんなきっかけでも結構です。お会いできる日を楽しみにしています!
6人がこの募集を応援しています

6人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2004/12に設立

950人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階