Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Web エンジニア
on 2015/11/17 1,419 views

フロントエンドエンジニアの菅原です。サラリーマン始めました。

アソビュー株式会社

アソビュー株式会社のメンバー もっと見る

  • アソビューのCTOをやっています。主に、技術・マーケ全般を担当しています。豪・スインバーン工科大学情報技術学科卒。新卒でフューチャーアーキテクト株式会社入社。大手企業のエンタープライズ案件を中心に、サービス・技術共に多様な分野での開発を経験。2012年4月、カタリズム株式会社(現アソビュー株式会社)参画。取締役CTOに就任しました。

    休日は料理、釣り、ドライブなど。最近はカヤックが欲しいのでがんばって貯金中です。

  • WEBエンジニア。スニーカーをこよなく愛する男。

なにをやっているのか

こんにちは!アソビュー採用担当です!通常の募集原稿に飽きてきたので、弊社エンジニアにインタビューを実施し、投稿することにしました!

ということで今回は、アソビュー株式会社のデザイナー兼フロントエンドエンジニアである菅原さんへインタビューを行いました!身長なんと193cmです!

菅原さんはフリーランスとして10年超のキャリアがあり、もはや組織に属する必要はないと思われる中で、なぜこのタイミングでスタートアップのアソビュー株式会社へジョインしたかの理由や、これまでの仕事、現在の仕事についていろいろと聞いてみました。

簡単に菅原さん(以下、「菅」)の経歴を紹介すると、学生時代19歳の時に早くもフリーでwebデザイン始め、6年間フリーで仕事をした後、会社へ就職。

その会社で中間管理職として1年半働いた後、再びフリーランスへ転向し、アソビュー株式会社へジョインするまでの7年間、さまざまな業界の仕事をしていたとのこと。

これまでは、デザイナー、エンジニア、ディレクター、プロデューサー、PM、webマーケティングなど、プロジェクトによって足りない分野を補いながら、なんでもやってきたそうです。

なぜやるのか

  • 現在は新サービスの設計、デザイン、フロントエンド実装などを担当
  • そして何より、受付の立板を超えてくるこの高さ・・・まさに規格外と言わざるをえない

~なぜ、学生で独立?~

採「まずお伺いしたいのは、なぜ19歳という若さで独立したのですか?高校時代からそういうスキルを身に付けてたんですか?」

菅「当時は第1次のいわゆるインターネット・バブルがはじけた時で、小僧ながら調子に乗って「これからはインターネットだろ」的な感じで思ってて、HTMLもろくに書けなかったですがフリーで始めてみちゃいました。まあ、世の中的にダザいサイトしかなかったので、俺がやってもイケるんじゃないかな~と思いました(笑)。」

採「始めてみちゃいましたって、軽いですね~笑。そんな感じで始めて、いきなり仕事はあるもんですか?」

菅「当時はネットやんないとダメなんじゃないかという空気が世の中に流れてて、儲かる儲からない関係なしに、とりあえずHPを立ち上げてみるか、といった雰囲気でした。だからどこの会社もダサくてイケてない自社サイトだったので、わりと仕事はありましたよ(笑)フリーになって最初の仕事は、友達との飲み会で知り合った人に紹介してもらい受注したHPの制作でした。その後もなんとか仕事はありましたが、仕事がないときはアルバイトでアパレルブランドや通販でTシャツのロゴ作ったりしていました。また、中村勇吾さんにもともと憧れていたので、やっぱFlasherが華形だろうと思い、Flashコンテンツ制作をメインに仕事をしてました。例えば産経新聞のWeb電子版ビューワーを1人で実装したりしてました。」

~その後、サラリーマン・エンジニアへ!~

採「クリエイティブ業界では知らぬ者のいない、あの人気クリエイター・中村勇吾さんですね。(不勉強で、今ググって初めて知りました。。。笑)さて、その後1度就職されているのは、何かきっかけがあったのですか?」

菅「はい、当時フリーで仕事をしていたときの取引先の会社さんにお声がけいただいて、1度はサラリーマンやってみたいな~という感じで、しかも役職的には課長職でのオファーだったので、初サラリーマン初課長だぜと思い、オファーを受けました。その会社ではFlashコンテンツのUI設計をやったり、実装をやったりしてました。ただ、ある案件を取って来て初のPMをやったのですが、それがかなりデスマーチな仕事で、外注のSIerも管理できず挫折してもう何もかもが嫌になってしまい、すぐにでも現実逃避したかったので辞めさせてくれと上司に言ったのですが、納品までは待てと言われ、まあなんとか納品まで漕ぎつけ、その後すぐ辞めてしまいました。」

~再びフリーランスへ~

採「なるほど笑。退社後はじゃあしばらく現実逃避して旅にでも出たのですか?笑」

菅「いやぁ、金もなかったんで働くしかありませんでしたよ。でもその時はつてをたどっても仕事がなかったので、初めての営業を行いました。営業を行ったのが某面白法人の会社で、面白おかしく問い合わせメール送ったらちゃんと拾ってくれましたね。その会社からは広告の仕事をもらい、その後は広告系の仕事がメインになりました。ただ、東日本大震災の直後とかは自粛ムードのせいもあるのか、あまり広告の仕事がなかったので、現地に行ってボランティアでがれきを撤去したり、あとは「ふんばろう東日本支援プロジェクト」(http://fumbaro.org/)っていうボランティアWEBサイトのディレクションをしたりしました。もちろん無報酬ですが。」

採「震災後~直近だとどんな感じの仕事をしていたのですか?」

菅「flash,javascript,typescrptなどを使ってie6から、スマホまで対応する汎用的な動画プレイヤーの開発をしたり、新聞・ネットメディア等40社強のサイトにソチ五輪の速報画面を配信するプラットフォーム作ったり、あとは大手の情報サービス企業さんからもお仕事もらってビッグデータのビジュアライズをやったりと、ありがたいことに時代性のある仕事もたくさんさせてもらっていましたね。」

どうやっているのか

  • 弊社自慢のキャンプスペース!一見すると画面上の収まりがいいのですが・・・
  • 193cmの人が立つとこうなります。伝わるかなこのデカさ

~で、なぜアソビューに?~

採「なるほど~、その後縁あってアソビューに入社したわけですが、そこまでフリーランスとして仕事が軌道に乗っていたら、正直僕だったらそのままフリーでのんびりやるか、あるいは人雇って事業規模拡大とかを考えちゃうんですが、菅原さんはなぜここで” 就職”を選んだのですか?」

菅「フリーで受託する案件は、サービスとかプロダクトのコンセプトはあくまでクライアントが決めて、そのコンセプトに沿って開発なりデザインを自分がする、というのがほとんどで、一応開発などの実装部分、つまり下流部分はほとんど任せてくれるので自分で好き勝手できるのですが、もう下流部分作るのには飽きてきて、もっと上流のサービスのプランニングとかコンセプトメイキングも含めて全部やりたくなったんですよね。」

採「サービス・プロダクト開発の下流部分だけじゃなくて、上流含め全部やりたいと。やりたがりということですね。」

菅「そうです。基本目立ちたがりなんで。自分の作ったイケてるモノをみんなに見せてドヤ顔したいっていうタイプの目立ちたがりです(笑)。話は戻りますが、アソビューは社会にかなり大きなインパクトを与えうるサービスを作っているし、新規事業・サービスも積極的に行っていて、CTOの話を聞く限りどうやら結構一人ひとりのエンジニア・デザイナーが結構な裁量を持って自分の仕事をしていると。また、大きな声では言えないですがここだけの話、当時asoview!のサイト見たらまだまだデザイン面で改善余地がありそうで、デザイナーとしても自分の仕事は結構ありそうだなと思いました(笑)。」

採「ここだけの話って言われても載せちゃいます!笑。」

菅「いやいや(笑)」

採「ところで、もう雰囲気とかには慣れました?入社してみてどうですか?」

菅「アソビューの事前のイメージ通りの元気な雰囲気には慣れました。なお、今はプロジェクト的には新サービスのデザインとインタラクションの実装などを行ってます。先程も言いましたが、事前に聞いていたとおり、アソビューは一人ひとりの仕事の裁量が大きく、また、技術も最新のものを積極的に取り入れていこうという文化なので、僕みたいなフリーランスから就職してきたエンジニアにとってはありがたいというか、今のところストレスなく働けてますね。」

採「ありがとうございます。それでは最後に、今後やってみたいこととかあります?」

菅「農業やりたいですね、農業。」

採「え、ここでまさかの農業ですか!?」

菅「ええ、現状の農作業工程はまだまだ手付かずで、私にはまだまだ発展の余地だらけに見えるので、頭いい人に色々聞きながら、農法を開発・デザインしたいです。たとえば種をポイっと投げておけば、あとは勝手に育つという放置型農業みたいな農法を開発したいですね。これが実現されたら、自分が食いたいもののタネを蒔いておいて、放置しておけばそのまま自分で食べれちゃうわけですよ。それってすごいかっこいいですよね。そういったロマンがあることをやりたいと思ってます。」

採「最後はサービスや技術の話ではなく、農法の話になりましたが、まさにアソビュー社員の多様性を表してていいかも(笑)菅原さん、ありがとうございました。」

こんなことやります

最後に、弊社CTO江部より菅原さんに対するコメントを貰いました。

「菅原さんの技術に対する知識、経験と情熱に惹かれ、一緒にやりましょうと話をさせていただきました。
加えて、いままでアソビューにいなかったキャラなのでとても新鮮で面白いです。今後は新サービスをぐいぐい引っ張ってくれることを期待しています!」

弊社は、今回ご紹介した菅原さんのように様々な面で個性に富んだエンジニアが多く、多面的かつ多くの刺激を受けられる環境です!

あなたの技術力、サービス開発力で、世界をもっと明るく、ワクワクする楽しい場所にできたら素敵だと思いませんか?

具体的には、弊社の主力サービスであるasoview!(アソビュー)サイトおよび関連システム、スマートフォンアプリ、社内業務システム、新規サービスの企画・立ち上げなど、様々な領域で活躍できるエンジニアを募集しています。

【Android・iOSエンジニア 】
https://www.wantedly.com/projects/31545

【フロントエンジニア(HTML/CSS/Javascript) 】
https://www.wantedly.com/projects/31337

【サーバサイドエンジニア(Python、Java、AWS等)】
https://www.wantedly.com/projects/31340

【UI/UXデザイナーも募集してます!】
https://www.wantedly.com/projects/31603

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
65人が応援しています
会社情報
アソビュー株式会社
  • 2011/03 に設立
  • 130人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都渋谷区神宮前2丁目7-7 JIKビル 3階
  • フロントエンドエンジニアの菅原です。サラリーマン始めました。
    アソビュー株式会社