350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 営業リーダー
  • 76エントリー

日本初!話題のドリンクの市場拡大を目指す営業リーダーを募集!

営業リーダー
Mid-career
76エントリー

on 2019/11/21

3,892 views

76人がエントリー中

日本初!話題のドリンクの市場拡大を目指す営業リーダーを募集!

Online interviews OK
Saitama
Mid-career
Business trips abroad
Saitama
Mid-career
Business trips abroad

大泉寛太郎

株式会社大泉工場をポジティブシンキングで経営。 「地球を笑顔で満たす」 という理念を胸に、「環境」「健康」「働き方」「楽しみ方」の「環境」を美化することに全身全霊で取り組む。 独自の感性と感覚、経験から、これからの世の中に必要とされるであろうコト・モノを見抜き、素早く事業化することで、様々なムーブメントを起こす。 生きることと働くことの境目が、いい意味で曖昧となっており、常に世の中の動きをキャッチし、発信し続けている。

これは「本当に面白い」と思えるものには待っていても、考えていても巡り合えない。

大泉寛太郎さんのストーリー

株式会社大泉工場のメンバー

株式会社大泉工場をポジティブシンキングで経営。 「地球を笑顔で満たす」 という理念を胸に、「環境」「健康」「働き方」「楽しみ方」の「環境」を美化することに全身全霊で取り組む。 独自の感性と感覚、経験から、これからの世の中に必要とされるであろうコト・モノを見抜き、素早く事業化することで、様々なムーブメントを起こす。 生きることと働くことの境目が、いい意味で曖昧となっており、常に世の中の動きをキャッチし、発信し続けている。

なにをやっているのか

大泉工場は、「地球を笑顔で満たす」というMISSIONを掲げて、活動しています。 そしてこのMISSIONを達成するための事業とは? それは、腸内環境から地球環境まで、すべての環境を美化する事業を指します。 地球を笑顔で満たすため、事業部ごとにVISION「素敵なxxx環境を創造する」ということを掲げ、日々、輝いているスタッフたちが活動しています。 弊社は、創業から104年目を迎えた伝統ある会社である一方、先見性を持ち続け、常に新しくってみんなが笑顔になる試みにチャレンジし続ける会社です。 では、具体的にどんな事業を展開しているのか。 全ての事業のキーポイントは「素敵な環境を創造する」です。どの事業も、ベースには地球環境の美化があることを前提に、お読みください。 KOMBUCHA_SHIP事業。腸内環境を素敵に創造する飲料として、今、世界中で注目を集めているKOMBUCHA<コンブチャ>(発酵スパークリングティー)を、社内で醸造。健康志向の高いgrocery storeやcafe、ECサイト、直営店舗など多数のチャネルで、販売しています。製造工程・資材・原料にもこだわり、地球環境に負荷を与えない形で生産されている、唯一無二のプロダクトとして、各方面から注目を集めています。 GOODNATURE事業。世界NO.1コールドプレスジュースマシンメーカー「GOODNATURE」の正規代理店として、本物の、栄養をしっかりと摂取できるジュースを作れるマシンを、販売。whole food(食材全部)を使用して作るジュースの食材は、可能な限りORGANICである必要がありますが、日本のORGANIC市場はとても小さい。この市場を、さまざまなパートナーたちと広げていく活動を、実施しています。 ジュースマシンのテストで使う野菜にもこだわり、自社農場である「大泉農場」で自ら、自然栽培野菜を育て、マシンのPRをする際に使用しています。 FUTURE FUN FOOD事業。未来の楽しいプロダクトを、地球上から発掘して提案していくチームです。現在はPOP CORNマシンを中心に、テンペ商材や各種groceryを企画提案。ワクワクするプロダクトを、もっと身近に手に届く形で広げています。 URBAN GROCERY事業。現在、東京都港区の西麻布と表参道の2拠点で、地球を笑顔で満たすプロダクトを提案するGrocery storeを展開中。ゼロウェストやPlant Based、ORGANIC、Fermentationなど、日本ではまだまだ馴染みの薄い、しかしさまざまな環境を素敵にするプロダクトの販売や、イベントの発信を通じて、豊かな生活を総合提案しています。今後、新たな大型店舗を展開する企画を進めています。 CAPMUS事業。埼玉県川口市の本社敷地は、約3000坪の広さがあり、緑豊か。自然の中で学や体験を通じて、人々の心が拡張していくような仕組みを、LOCALと手を取り合いながら展開します。月に一度の(ARTISAN) FARMERS MARKET KAWAGUCHIは、1日に1000人以上のお客様が集まる、地域活性イベントとしての地位を確立。今後は学舎の創立や、事業の横展開を検討しています。 1110 CAFE/BAKERY事業。本社敷地内に所在する、LOCAL/ORGANIC/Plant Basedをテーマにしたベーカリーカフェ。素材にこだわった、ワンランク上の食提案をしています。Plant Based(=VEGAN)とは密接な繋がりのある野菜も、一部は自社農場「大泉農場」で育てたものを使用。自分たちで自然栽培という、最も難しいと言われている農法にチャレンジし、それを最高の料理としてお客様に提案することは、働く全てのスタッフの誇りとなっています。 Real Estate事業。不動産の新たな形を見据え、スタートしたチーム。まずはLOCAL川口を中心に、古き良きを新しく、そして美しく生まれ変わらせ広げていく事業です。 また地域貢献の一環として、月に1度、(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIを会社敷地内で開催。3,000人を超える来場者が、毎回お越しくださっています。 これらの事業を展開する中で、社内ムービー制作やPR、広報、商品の仕入れ企画、総務経理人事など、会社機能としてバックアップさせるチームが存在し、縦・横・社外と連携して事業を展開するのが、大泉工場です。 積極的に地方都市や海外などにも情報を取りに行き、それを各事業に落とし込む。 全ての事業・チームが「素敵な環境を創造」し、「地球を笑顔で満たす」ために邁進しています!
自社で主催した、日本最大級のKOMBUCHAイベントの様子。弛まない努力で、新しいチャレンジをし続けることができるブランドの文化が、ここに醸されています。
日本のエシカルカルチャーを牽引する方々とのKOMBUCHAワークショップ。地球も腸内環境も美化するプロダクトには、注目が集まり続けており、今でも人気コンテンツの一つとして、定期開催しています。
社内外の仲間を集めて、桜咲くオフィスでバーベキューパーティやサウナイベントを開催!素敵な環境を創る会社の周りには、素敵な仲間が集まります。
世界的クリエーターのジョン・ジェイ氏のオフィスにて。ブランディングに関しても、一歩も二歩も先にいくデザインを、常に追求し続け、世界中のクリエーターとの交流をしています。情報はあればいいのでなく、どう使うかが肝心。一緒に動いていきましょう!
世界NO.1 Cold Pressed Juiceマシンメーカー主催のカンファレンスの一幕。日本代表として現地で、ネットワーキングを実施し、Juiceはもちろんのこと、KOMBUCHAのマーケティングも行ってきました。世界で最も優れたマシンと、自社Brewery(醸造所)で作られたKOMBUCHAとの融合は、世界に負けないクオリティを出しています。
どの国においても、人種関係なく、健康的な笑顔を共有する環境が、地球全体に出来上がることを目標にし、日々活動しています。大泉工場では、地球が笑顔で満たされる日に向け、活動を続けています。

なにをやっているのか

自社で主催した、日本最大級のKOMBUCHAイベントの様子。弛まない努力で、新しいチャレンジをし続けることができるブランドの文化が、ここに醸されています。

日本のエシカルカルチャーを牽引する方々とのKOMBUCHAワークショップ。地球も腸内環境も美化するプロダクトには、注目が集まり続けており、今でも人気コンテンツの一つとして、定期開催しています。

大泉工場は、「地球を笑顔で満たす」というMISSIONを掲げて、活動しています。 そしてこのMISSIONを達成するための事業とは? それは、腸内環境から地球環境まで、すべての環境を美化する事業を指します。 地球を笑顔で満たすため、事業部ごとにVISION「素敵なxxx環境を創造する」ということを掲げ、日々、輝いているスタッフたちが活動しています。 弊社は、創業から104年目を迎えた伝統ある会社である一方、先見性を持ち続け、常に新しくってみんなが笑顔になる試みにチャレンジし続ける会社です。 では、具体的にどんな事業を展開しているのか。 全ての事業のキーポイントは「素敵な環境を創造する」です。どの事業も、ベースには地球環境の美化があることを前提に、お読みください。 KOMBUCHA_SHIP事業。腸内環境を素敵に創造する飲料として、今、世界中で注目を集めているKOMBUCHA<コンブチャ>(発酵スパークリングティー)を、社内で醸造。健康志向の高いgrocery storeやcafe、ECサイト、直営店舗など多数のチャネルで、販売しています。製造工程・資材・原料にもこだわり、地球環境に負荷を与えない形で生産されている、唯一無二のプロダクトとして、各方面から注目を集めています。 GOODNATURE事業。世界NO.1コールドプレスジュースマシンメーカー「GOODNATURE」の正規代理店として、本物の、栄養をしっかりと摂取できるジュースを作れるマシンを、販売。whole food(食材全部)を使用して作るジュースの食材は、可能な限りORGANICである必要がありますが、日本のORGANIC市場はとても小さい。この市場を、さまざまなパートナーたちと広げていく活動を、実施しています。 ジュースマシンのテストで使う野菜にもこだわり、自社農場である「大泉農場」で自ら、自然栽培野菜を育て、マシンのPRをする際に使用しています。 FUTURE FUN FOOD事業。未来の楽しいプロダクトを、地球上から発掘して提案していくチームです。現在はPOP CORNマシンを中心に、テンペ商材や各種groceryを企画提案。ワクワクするプロダクトを、もっと身近に手に届く形で広げています。 URBAN GROCERY事業。現在、東京都港区の西麻布と表参道の2拠点で、地球を笑顔で満たすプロダクトを提案するGrocery storeを展開中。ゼロウェストやPlant Based、ORGANIC、Fermentationなど、日本ではまだまだ馴染みの薄い、しかしさまざまな環境を素敵にするプロダクトの販売や、イベントの発信を通じて、豊かな生活を総合提案しています。今後、新たな大型店舗を展開する企画を進めています。 CAPMUS事業。埼玉県川口市の本社敷地は、約3000坪の広さがあり、緑豊か。自然の中で学や体験を通じて、人々の心が拡張していくような仕組みを、LOCALと手を取り合いながら展開します。月に一度の(ARTISAN) FARMERS MARKET KAWAGUCHIは、1日に1000人以上のお客様が集まる、地域活性イベントとしての地位を確立。今後は学舎の創立や、事業の横展開を検討しています。 1110 CAFE/BAKERY事業。本社敷地内に所在する、LOCAL/ORGANIC/Plant Basedをテーマにしたベーカリーカフェ。素材にこだわった、ワンランク上の食提案をしています。Plant Based(=VEGAN)とは密接な繋がりのある野菜も、一部は自社農場「大泉農場」で育てたものを使用。自分たちで自然栽培という、最も難しいと言われている農法にチャレンジし、それを最高の料理としてお客様に提案することは、働く全てのスタッフの誇りとなっています。 Real Estate事業。不動産の新たな形を見据え、スタートしたチーム。まずはLOCAL川口を中心に、古き良きを新しく、そして美しく生まれ変わらせ広げていく事業です。 また地域貢献の一環として、月に1度、(ARTISAN)FARMERS MARKET KAWAGUCHIを会社敷地内で開催。3,000人を超える来場者が、毎回お越しくださっています。 これらの事業を展開する中で、社内ムービー制作やPR、広報、商品の仕入れ企画、総務経理人事など、会社機能としてバックアップさせるチームが存在し、縦・横・社外と連携して事業を展開するのが、大泉工場です。 積極的に地方都市や海外などにも情報を取りに行き、それを各事業に落とし込む。 全ての事業・チームが「素敵な環境を創造」し、「地球を笑顔で満たす」ために邁進しています!

なぜやるのか

世界NO.1 Cold Pressed Juiceマシンメーカー主催のカンファレンスの一幕。日本代表として現地で、ネットワーキングを実施し、Juiceはもちろんのこと、KOMBUCHAのマーケティングも行ってきました。世界で最も優れたマシンと、自社Brewery(醸造所)で作られたKOMBUCHAとの融合は、世界に負けないクオリティを出しています。

どの国においても、人種関係なく、健康的な笑顔を共有する環境が、地球全体に出来上がることを目標にし、日々活動しています。大泉工場では、地球が笑顔で満たされる日に向け、活動を続けています。

創業104年を迎える、歴史ある会社に現社長が戻ったのは、今から13年前。 当時は物流倉庫の管理事業のみを展開していました。 「何か新しい取り組みをしないと、会社が永続しない」 危機感を持った現社長がまず実施したのは、まだ日本では知られていなかった「スペシャリティポップコーン」事業の展開。アメリカではもうすでに定着しており、事業性が高いと判断した一方、初めて自分でポップコーンを弾いたとき、「この食べ物は世界から戦争をなくす、世界一幸せな食べ物だ」と感じました。 そこから導き出されたのが、「地球を笑顔で満たす」というMISSION。 当時はまだ、それを達成するためには「ポップコーンを広める」というくらいの考えでしかなかったのですが、事業を進めていく中で、「地球」「笑顔」に「環境」というワードが付加されました。 日本は世界に比べて、圧倒的にORGANIC市場が遅れている。 そう気づいたのが、2012年のことでした。 いくら美味しくて楽しい食品でも、それを口にいできなければ意味がない。 そもそも、生産できない土地が増えていってしまったら、未来の子供達が食べられるものがない。地球が笑顔で満たされるなんて、夢物語だ。と痛感。 そんな中でも、さまざまな地域や国で出会った、オーガニック発酵飲料「KOMBUCHA」には、特に可能性を感じました。実際に自分で飲み、持ち帰って身近な人々に渡したら、誰もが驚き、体調が改善されました。しかし日本には「昆布茶」があるため、また、海外よりも清涼飲料水の流通に対して、厳格な規制があり、市場があまりにもない状況。このプロダクトも、もちろんオーガニックであることが大前提です。 ちなみに「昆布茶」は私も好きですし、飲みますが、響きがどうしても同じなので混同してしまい、市場育成の弊害になってしまっているという意味です笑 もちろん、<市場が育っていない=ビジネスとして成り立つかわからない>という不安は大いにあり、新たなプロジェクト「KOMBUCHA」に多額の投資をすることに、怖さはありました。しかし、こんなに誰もが幸せになり、健康になるサスティナブルな商材を、日本で広めていく活動は、絶対誰かがやらなければいけない。そう決意し、今に至ります。 日本でオーガニック市場が育たない一つの原因に、「なんか難しそう」という理由もあります。大泉工場では、オーガニックやPlant Based(植物由来)、フードテック、LOCALなどの言葉を、もっともっと身近にする必要があると考えています。 KOMBUCHAのような、世界中で人々を幸せにしている商品を、日本で製造し、知ってもらうことも同様です。 そのためには、さまざまな事業が同時並行的に進まなければいけないと考え、前述の事業をスタートしました。全て収益化できているわけではありませんが、全て「素敵な環境を創造する」ためのなんらかの事業であり、遅かれ早かれ、収益化していくことでしょう。 そしてその先に、地球を笑顔で満たすというMISSION達成が見えてくる。全てを未来に正しい形で継なげていくために、KOMBUCHAと共に、大泉工場は活動していきます。

どうやっているのか

社内外の仲間を集めて、桜咲くオフィスでバーベキューパーティやサウナイベントを開催!素敵な環境を創る会社の周りには、素敵な仲間が集まります。

世界的クリエーターのジョン・ジェイ氏のオフィスにて。ブランディングに関しても、一歩も二歩も先にいくデザインを、常に追求し続け、世界中のクリエーターとの交流をしています。情報はあればいいのでなく、どう使うかが肝心。一緒に動いていきましょう!

会社自体は30名弱で、平均年齢も30代中盤。 若くて小さい会社ですが、先代が遺してくれた永い歴史と大きな遺産(=先見性)を武器に、「地球を笑顔で満たす」というMISSION達成に向け、「素敵な環境を創造する」というVISIONを掲げ、スタッフ全員が様々な角度から顧客アプローチを展開し、日々成長しています。 各々が、本当に自由に、想いを共有しながら、コミュニティを形成し、邁進しているのが大泉工場のスタイル。ある意味、自分で動かないと、新しいことは生まれませんが、その環境に馴染んだ時、新たな世界が広がっています。 若いスタッフが多い一方、ほとんどが中途採用で、経験豊富。 フラットな関係が出来上がっているので、道に迷ったときは、みんなでフォローし合う社風が出来上がっています。 各業界のリーダーとのつながりも強く、今後、確実に伸びる市場を見据え、チャレンジし続けます。 その中でも、今、大泉工場が注力していることが、ナチュラルな日本の食材でのみ、発酵させ作り出す、発酵スパークリングティー「KOMBUCHA」です。 腸内環境にポジティブな効果をもたらし、アクティブな生活のフォローアップをしてくれる飲料なのですが、まだまだ日本では認知が低い状況。 大泉工場スタッフは、みな、このKOMBUCHAを日々飲んでいるので、溌剌としています。 まだまだ市場が小さいので、知ってもらうアクションとして、定期的なSNS配信やイベント出展、さまざまなパートナーさんたちと活動を共にし、積極的に動いています。 「市場がないからビジネスとして成り立たない」ではなく、「ないなら創ればいいじゃない!」と、ポジティブに頭から爪先まで、このKOMBUCHAに魅了された仲間で、このプロダクトを支えています。 まだまだ先行き不透明である一方、可能性しかありません。どんなことも、二番煎じではダメだと、当社では考え、基本的に新しいアクションは大歓迎というスタンスです。 とにかくKOMBUCHAを広めていきたい!そんな仲間を募集しています。

こんなことやります

自社内のブルワリーで製造した植物由来の微炭酸飲料「KOMBUCHA」。 日本初のオーガニックの「KOMBUCHA」はここ大泉工場で生まれました。 海外ではカフェやスーパーマーケットなどで気軽に手に入るほどポピュラーなドリンクで、ほかの発酵食品と同じように、腸内環境を整える働きから免疫力強化やアンチエイジング等の効果を期待して、健康でアクティブな暮らしを求める人たちに人気のドリンクです。 2023年4月に開催されたコンブチャの世界一を決めるコンペティションでORIGINALフレーバーが3位、SHISOフレーバーは1位を受賞したことでさらに注目度が高まり、現在は北海道から沖縄で販売しています。 このKOMBUCHAブランド「_SHIP」をより多くの方に広め、市場拡大を目指す営業リーダーを募集します。 100年以上続く老舗企業でありながら、ベンチャー気質の大泉工場は、成長意欲を高く持ち、収益化に結びつくカルチャーを作り上げる方を求めています。 「_SHIP」のイメージとマッチする人柄で、営業リーダーとチーム組成の経験があり、トレンドに敏感なアンテナやスピード感を備えた方からの応募をお待ちしております。
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

1917/09に設立

30人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Expanding business abroad/

埼玉県川口市領家5-4-1