Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
加工技術者

捨てられないものづくりを目指す仲間を募集

株式会社ミヨシ

株式会社ミヨシのメンバー

全員みる(1)
  • 代表の杉山耕治です。
    ものづくりの仕事は本当に奥が深く、発見の連続です。
    物を作ってできあがった時、それまでの苦労が吹き飛ぶくらいのとても大きな喜びが待っています。考えて、最善の方法を探して、出来上がったものをお客様に渡して喜んでもらえたとき、達成感と充実した気持ちでとても幸せになります。
    前職ではごみ処理施設の補修工事で施工管理をしていました。
    ごみ処理施設では、毎日物凄い量のごみが処理されているのを目の当たりにし、ごみは人間のエゴだと感じました。
    ものづくりだからこそできる環境負荷低減方法、自分たちに出来る事は何かを考えつづけていきます。

なにをやっているのか

  • A1cfff00 2ad9 44d7 96af c25d9321059b 金型切削加工(RAPIRO)
  • 52514565 f691 4c70 b914 0631bfb41328 工場内

【人の役立つものづくり、捨てられないものづくりを目指しています】
私たちの会社は東京都葛飾区の町工場です。
プラスチック製品や金属部品の製作を行っています。

工作機械を使い部品の製作や金型製作、射出成形などをおこなっています。

分野としては自動車、OA機器などの試作品の製作や評価試験用の金型や製品製作、小ロットで製品がほしいお客様に向けての生産などを行っています。

なぜやるのか

  • F02ec2f3 a5b4 40a1 bca8 e9aa1d97b55e 仕上げ加工
  • 6aa0c51c 1456 4264 bf03 30e650af07c1 成形作業

【大量に生産して大量に消費することが正しいことなのでしょうか】
ものは私たちの生活を豊かにするために必要です。しかし、本当に私たちは必要とされているものだけを作っているのでしょうか。残念ながら現実は大量に作ったり、人件費の安い場所で作業をさせてコストを下げ、本当に必要なものを必要な分だけ生産されているかどうかは二の次になってしまっているのかもしれませんね。

そして、ものはいつかゴミになります。
さらに本当に必要なものでなければすぐにゴミになるかもしれません。

私たちはものづくりに携わりながらも、ものをつくることが環境負荷を増やすことに葛藤していました。

まずは私たちの事業活動から環境負荷を減らす。
本当に必要なものを必要な分だけ作る。
試作や研究開発の段階で行き戻りがないように製造の観点で一緒に考える。

30年以上ものづくりの試作という仕事で培った技術や知識を、社会の役に立てていきます。
そのためにも更なる技術の向上と社会からどのようなものが求められるかを常に見つけていきたいと考えています。

どうやっているのか

  • F24be60b d084 437e b832 0742801cbc7b 型組み作業
  • D1241840 e999 49d7 ae6b 309172037149 磨き、仕上げ道具

現在は研究、分析、評価試験用の製品を試作製作することが多いです。
自動車部品では、コネクターやヒューズボックスなどの電装部品などの原理試作品を受注生産で行っています。

上記のような受注生産以外の仕事としては、

町工場デザイナーBRANCHとの共同開発として
チョコレート型のRサンプル「RESIINA」
http://store.branchproducts.com/products/factory-label/resiina/

組み立て式ロボットKIT 「RAPIRO」
http://www.rapiro.com/

等があります。

【営業】
営業がお客様と話し合い仕様を確認
製品形状によっては、材質、加工方法、形状変更などの変更を含めた最適な製作方法提案も行います。

【製造】
部品加工
3DCADを用いて設計、CAMで切削経路の演算、マシニングセンタやフライス盤での切削加工、ワイヤーや形彫りでの放電加工、最後は手仕上げで製品を磨くなどして仕上げます。

【自立を目指す】
会社としては少しドキッとするキーワードですが、独立を目指すという意味ではありません。
そもそも働くということは人生の大半を占めます。仕事は人から言われてやるよりも自発的に動いた方が得るものも大きく、充実した時間が得られます。
私たちは仕事をするうえで、何かに頼りながらやるのではなく、一人一人が自立をめざし、自分たちで解決するためにはどうすればよいかを考えながら仕事を行っています。

2017年4月時点の社員構成(代表除く)
技術職      8名
事務、営業職   6名
パート 5名

男性 9名
女性 10名

技術職
技術職はひとつの技術に固執せず、一人で設計、製造、生産、検査までできることを目標としています。分業ではなく、一人の技術者を目指します。
金型製作で例えると、金型設計、加工、仕上げ、成形作業、検査などが一人でできる技術力を身につけてもらいます。
仕事は常に人がついて教えるのではなく、どのように考えればよいか、どのようなところに気を遣うかを覚えてもらいます。そうすることにより、自立した考え方が身につくからです。

営業職
営業職はお客様から相談された製品の見積もりや、最適な加工方法を一緒に考えたりします。営業の醍醐味は一緒に考えたものが、社会で良い評価をえられた時や、お客様から「ありがとう」や「○○さんのおかげで助かりました」などの言葉をもらった時です。
しかしそこまでの営業ができるようになるためには経験が必要です。
見積もり作成の補佐や資料作成など出来ることから少しずつ営業の仕事を覚えていくのと、技術の仕事も覚えてもらい、深い営業ができるようになることを目指します。

こんなことやります

【おしらせ】
2017年4月22日(土)
工場見学とワークショップを開催します。
私たちものづくりのは作ったものを測定して確認しながら高い精度でづくりを行います。
そんな測定具を使用したワークショップを行います。
詳細は以下でご確認ください。
https://www.facebook.com/miyoshi.co.jp/posts/1505143819520203

【企業理念】
人の役に立つものづくり
捨てられないものづくり

私たちの生活を便利で豊かにするために、ものづくりは欠かせません。
しかし、物を作るということは地球の資源を使います。地球の資源は有限であり、資源を使って作られたものはいつか使われなくなり、地球にかえさなければなりません。
ものづくりに携わる私たちは、作ることを考えるのではなく環境負荷を低減させるためにも、永く使ってもらえるものづくりを目指しています。
※2016年度省エネ大賞:中小企業庁長官賞受賞を受賞しました 

【こんな仲間を募集しています】
ものづくりは出来るまでは苦労の連続です。もしかすると出来上がるまで、つまり99%以上が苦しい事の連続かもしれません。しかし、残りの1%、出来上がった瞬間の喜びと達成感は表現のしようがないほどです。
この表現のしようがない「1%」を一緒に作り上げてくれる仲間を募集しています。

これから一緒に働いてくれる仲間として、
・環境問題に意識がある
・人の役に立つことをしたい
・ものづくりに携わる技術を身につけたい
そんな仲間に巡り合えることを願っています。

また技術を身につけるには長い時間がかかるので、長く働いてくれることを願ってます。

募集情報
探している人 加工技術者
採用形態 新卒採用 / インターン・学生バイト / 中途採用
募集の特徴 週末からのコミットでもOK / 学生さんも歓迎
会社情報
創業者 杉山文夫
設立年月 1982年12月
社員数 10人のメンバー
関連業界 自動車・重機 / 文具・事務用品・OA / 化学・鉄鋼・製紙・素材

応援している人(18)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(18)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都葛飾区西新小岩5-19-14

Page top icon