350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 提案営業
  • 25エントリー

このままの倉庫運営で良いのか…?仕組みで物流を変革する事業を作りませんか?

提案営業
Mid-career
25エントリー

on 2020/02/13

1,484 views

25人がエントリー中

このままの倉庫運営で良いのか…?仕組みで物流を変革する事業を作りませんか?

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Shinya Uenoyama

大学卒業後、ファインドスターに入社。 新規事業立ち上げ、営業マネージャー、グループ会社役員を経験。 東日本大震災を機に起業を決意し、退職。 2012年7月にスタークス株式会社を創業。 代表取締役に就任。インターネットを活用したサービスの開発、販売を行う。 サービス利用企業数は、1,500社を超え業界シェアNO.1に。 孫正義氏の後継者プログラム『ソフトバンクアカデミア』最終合格。

Yoshinori Koike

スタークス株式会社 クラウドロジ事業部 ロジスティクスマネジメントチーム 1987年2月13日大阪生まれ。 父親の転勤で大阪、香川、広島で育つ。 2009年関西大学法学部卒業後、蝶理株式会社に入社。 約7年間、海外や繊維製品と触れ合う。 ベトナム出張の際は、現地人と間違われたことも。 独身寮で独身生活を満喫しており、基本的に夜はアルコールを摂取していた。 2016年3月14日スタークス株式会社に入社。 入社後、たまごリピート、リピロジの営業を経験し、 入社半年後の2016年10月より、現職に落ち着く。 現職での業務は倉庫の業務効率化、収益改善をモットーに オフィスにいない日々を繰り返し、倉庫の人々との親交を深める。 物流業界に大きな変化が起こっている今日この頃、 テクノロジーとアナログの融合で倉庫業に圧倒的な革新をもたらし、 新しい物流現場を創造したい。 スポーツ、お酒、子育てがもっぱらの休日の過ごし方になっている。

0から物事を作れる魅力に惹かれました。 そして、今、やってます。

Yoshinori Koikeさんのストーリー

Yuka Kunisaki

スタークス株式会社 プライスレス本部  マネージャー あだ名:くに ■これまで 1991年生まれ。高校まで吹奏楽の強豪校で、大学は体育会のチアリーディング部で青春を過ごす。 成蹊大学文学部現代社会学科を卒業後、4人目の社員としてスタークス株式会社に入社。 ■入社後の経歴 創業2期目に社員5人目として入社、営業として関東地区を担当、100社以上の顧客創造を経て、新人賞を受賞。 その後新規事業に参画。全国の営業・パートナー開拓・ディレクション業務を担当し、見事新規事業を業界トップ迄拡大させた後、カスタマーサクセスチームを立ち上げる。 全社MVPを四半期 3度連続受賞をし、2018年1月よりプライスレスチーム(=管理部)に異動し、新卒採用、採用広報を中心に設計。 事業部との兼任を経て、2019年7月に初代ベストマネージャー賞を受賞。現在は採用全般・評価制度設計・組織開発・採用広報などを務める。 ■その他 平日はHR界隈の方と飲んだりランチしたりすることが多く、勉強会などのコミュニティ参加も好きです。 休日はチアをしていることが多く、ボランティアとスポーツチームの2団体に所属して全国でチアリーディングをしています。 Twitterやっていますのでよろしければ→https://twitter.com/kunisaki_yuka

とある"日本一の女"が新卒で4人のスタートアップに飛び込み、"業界No.1の事業"を作ってきた訳

Yuka Kunisakiさんのストーリー

スタークス株式会社のメンバー

大学卒業後、ファインドスターに入社。 新規事業立ち上げ、営業マネージャー、グループ会社役員を経験。 東日本大震災を機に起業を決意し、退職。 2012年7月にスタークス株式会社を創業。 代表取締役に就任。インターネットを活用したサービスの開発、販売を行う。 サービス利用企業数は、1,500社を超え業界シェアNO.1に。 孫正義氏の後継者プログラム『ソフトバンクアカデミア』最終合格。

なにをやっているのか

【スタークス株式会社とは】 自らを「Market Innovation Company」と定義し、製品やサービスそのものではなく、その背景に存在する「市場の構造」を変えるマーケット・イノベーションを追求している会社です。 【展開事業】 クラウド・プラットフォームサービス事業 として2つのサービスを展開しています。 ●クラウド型・物流プラットフォームサービス『クラウドロジ』  ・テクノロジーを活用することで物流コストを削減しながら高品質を実現しているクラウド型の発送代行サービス  ・わずか2年で420社以上の導入実績があります!  ・発送代行の“クラウド化”で、コスト・品質・拠点分散などEC物流を最適化することで、業界に変革を起こすことを目標としています ●D2C向けのコミュニケーションDXツール『リピートライン』  ・D2C企業/サブスク型EC企業向けに、MAU8,600万人のLINEを使ってコミュニケーションをDX化するツール。  ・D2C業界でも先駆的にLINEに着目しツールを開発。2019年にはLINE社のTechnology部門とsales部門で公式パートナーに認定。  ・年商100億円以上の業界トッププレイヤーも導入。  ・企業⇔消費者間のコミュニケーションをDX化することで、企業側の業務負担を軽減し、同時に消費者の不便を解消する。そんな未来目指しています。 【メディア掲載実績 】 ●日経ビジネス・オンライン AIで物流の人手不足を乗り越えるスタークス 「クラウドロジ」でネット通販のプラットフォーマーに https://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150303/278209/061500018/ ●MOTIVATION CLOUDERS VOICE100 モチベーションクラウドで拡大に備え、組織を進化させる https://www.motivation-cloud.com/lp/motivation-clouders100/voice/starx/ ●ECのミカタ メッセージだけではない!?LINE@の効果的な活用は1:1トークにあり【LINE×スタークス対談】 https://ecnomikata.com/original_news/19388/ ●ITmedia 「ECと物流を再定義したい」AIで配送を効率化するITベンチャーの野望 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news009.html ●FastGrow ロボット vs クラウドソーシング。労働力不足解決のカギはどちらか? https://www.fastgrow.jp/articles/starx-crowdworks-uenoyama-narita#js-article-body-section-5
創業以来、事業・組織ともに急成長中
月次の締め会後の集合写真
「Market Innovation Company」を掲げ、 スタークスを創業した代表の上ノ山
ロゴ・マークにも込められた 「世界の新しい可能性」への想い
オフサイトMTGでのワンシーン
社員間のコミュニケーションを重視し、頻度高くショートミーティングを実施

なにをやっているのか

創業以来、事業・組織ともに急成長中

月次の締め会後の集合写真

【スタークス株式会社とは】 自らを「Market Innovation Company」と定義し、製品やサービスそのものではなく、その背景に存在する「市場の構造」を変えるマーケット・イノベーションを追求している会社です。 【展開事業】 クラウド・プラットフォームサービス事業 として2つのサービスを展開しています。 ●クラウド型・物流プラットフォームサービス『クラウドロジ』  ・テクノロジーを活用することで物流コストを削減しながら高品質を実現しているクラウド型の発送代行サービス  ・わずか2年で420社以上の導入実績があります!  ・発送代行の“クラウド化”で、コスト・品質・拠点分散などEC物流を最適化することで、業界に変革を起こすことを目標としています ●D2C向けのコミュニケーションDXツール『リピートライン』  ・D2C企業/サブスク型EC企業向けに、MAU8,600万人のLINEを使ってコミュニケーションをDX化するツール。  ・D2C業界でも先駆的にLINEに着目しツールを開発。2019年にはLINE社のTechnology部門とsales部門で公式パートナーに認定。  ・年商100億円以上の業界トッププレイヤーも導入。  ・企業⇔消費者間のコミュニケーションをDX化することで、企業側の業務負担を軽減し、同時に消費者の不便を解消する。そんな未来目指しています。 【メディア掲載実績 】 ●日経ビジネス・オンライン AIで物流の人手不足を乗り越えるスタークス 「クラウドロジ」でネット通販のプラットフォーマーに https://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150303/278209/061500018/ ●MOTIVATION CLOUDERS VOICE100 モチベーションクラウドで拡大に備え、組織を進化させる https://www.motivation-cloud.com/lp/motivation-clouders100/voice/starx/ ●ECのミカタ メッセージだけではない!?LINE@の効果的な活用は1:1トークにあり【LINE×スタークス対談】 https://ecnomikata.com/original_news/19388/ ●ITmedia 「ECと物流を再定義したい」AIで配送を効率化するITベンチャーの野望 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news009.html ●FastGrow ロボット vs クラウドソーシング。労働力不足解決のカギはどちらか? https://www.fastgrow.jp/articles/starx-crowdworks-uenoyama-narita#js-article-body-section-5

なぜやるのか

オフサイトMTGでのワンシーン

社員間のコミュニケーションを重視し、頻度高くショートミーティングを実施

【「Market Innovation Company」というスタークスの存在意義】 代表の上ノ山(うえのやま)は、スタークスを「Market Innovation Company」にするという想いを持って創業しました。「マーケット・イノベーション」とは人や企業、サービスや商品が行き交う「市場」に革新をもたらし、市場の構造や常識、ルールや仕組みを変えるということです。 【マーケット・イノベーションで社会課題を解決し、世界に新しい可能性を拡げる】 イノベーションというと、普通は消費者の欲求を今までにない形で満たす製品やサービスをイメージするでしょう。多くの場合、そうしたプロダクトのイノベーションは自社の製品やサービスによって市場を支配し、利益を独占します。 一方で、スタークスが目指す「マーケット・イノベーション」は、独占するのではなく、市場に関わるすべての人や企業にとっての課題を解決することで「世界の可能性」を大きく拡げていきます。「マーケット・イノベーションで社会課題を解決し、世界に新しい可能性を拡げる」、これこそがスタークスのミッション(使命)です。

どうやっているのか

「Market Innovation Company」を掲げ、 スタークスを創業した代表の上ノ山

ロゴ・マークにも込められた 「世界の新しい可能性」への想い

【新卒数年目のメンバーが億単位の事業を担う】 メンバーの平均年齢は約28歳(2020年12月、現在)。創業2年目から新卒採用に取り組み始め、今では大手メーカーや金融機関などからもメンバーが参画。さらに、メガベンチャーで開発部長を務めたエンジニアが技術顧問に就任するなど、30名規模の組織でありながら力のあるメンバーが集っています。若手の裁量も大きく、新卒数年目のメンバーが億単位の事業を担うなど、自分で大きな事業を創り、成功/失敗の経験をたくさん積むことで、個人としても会社としても成長しているのがスタークスです。 【スタークスの成長を支える3つのValue】 そんなスタークスの成長は、3つのValue(価値観)によって実現しています。メンバー全員が「10 Times(10倍の未来)」を実現するために、「Ownership(全員経営者)」の意識を持って仕事に向き合う。そして自分や会社のためだけでなく、社会、顧客、仲間、全員に価値を届けられる「Multi Value(多面的価値)」を体現していきます。

こんなことやります

・アナログで変わらない物流業界に遅れを感じている… ・周りから「今のままじゃ勿体無い」と言われ徐々に焦り始めた… ・会社では結果を出しているのに年功序列で意見も通らない… こんなお悩みのお持ちの方、スタークスならあなたの力を活かしながら成長できる環境があります。 その理由を3つお伝えします。 ①テクノロジー視点が手に入る 弊社の『クラウドロジ』は「テクノロジー」の視点を掛け合わせた倉庫の効率化を図るサービスです。EC事業者からの難しい要望を可視化・仕組み化させ、効率良く日々の出荷作業が回転するように設計しています。需要予測を使い全国の荷物を分散化させ、近場から配送する拠点分散も行いはじめました。倉庫作業を自動化させる技術提供に留まらず、倉庫運営~配送まで一貫して捉えることで、小手先の解決ではない物流の負そのものをテクノロジーを活かして変革させたいと考えています。従来までの在り方にとらわれずテクノロジーの活かし方を学ぶことにより、あなたはこれまでの知識に新しい視点を持ち合わせることができるようになります。 ②あなたの経験を最大化できる スタークスには若くて優秀なメンバーが集っています。GAFAからの内定を断って入社した1年目、大手飲料メーカーから転職してきた中途社員、有名人材会社でギネス記録を叩き出した営業マン…そんなキラキラ20代が本気で向き合っていますが「物流経験者」が足りていない。だからこそあなたの経験が活かせます。日々の営業先である倉庫やEC事業者様には勿論のこと、新たなパートナー倉庫を増やす際もあたなの知識が最大限活かされることは間違いありません。これまでの経験に『クラウドロジ』の考え方をプラスすることで、事業と共に成長していけるWin-Winな関係性が築けるはずです。あなたのご経験は素晴らしいものばかりです。活かされる環境で存分に力を発揮してみませんか? ③裁量権を持って働ける 古い業界にいるとどうしても組織環境も古典的になりがち。成果ではなく年数で役職があがったり、若手だから…といって意見が通らなかったり。できる仕事に限りができたりするなんて勿体無い。そう思いませんか?スタークスは今30名程の組織で、自分で考えまず試すことを基本とし、手を挙げたら更に仕事を取りに行ける文化があります。日々の意思決定も「指示待ち」なんてありません。自ら仮説を立て実行し、その後FBをもらう。全社のイベントも手を挙げたメンバーで1から構想し創り上げることができる。自分の意思を試せる環境があるからこそ飛躍的な成長スピードが見込めるのです。裁量は主体性を持って取り組む挑戦者に与える。それがスタークスの考えです。 【募集ポジション】 ・クラウドロジ事業のセールス職  −EC事業者へのコンサルティング営業、提携倉庫のマネジメント、拠点開発等 【必須要件】 ・倉庫運営、物流会社への勤務経験 ・その事がわかるプロフィール欄 ・主体性を持って仕事をしていきたいという意欲 少しでも共感し、可能性を感じたあなたなら、スタークスで力を発揮しながら更なる成長が見込めるはず。 大量募集はしていません。ぜひこの機会に、あなたからのご応募お待ちしています。
12人がこの募集を応援しています

12人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2012/07に設立

40人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都目黒区下目黒3-9-13 目黒炭やBLDG6F