Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
自社サービス担当

英語圏展開のアプリ情報メディアを加速するエンジニアをWanted!

ナイル株式会社

ナイル株式会社のメンバー

全員みる(4)
  • ナイル代表の高橋です。当社は2007年に、私が学生だった頃に起業した会社です。今はApplivを「日本発、世界で成功しているサービス」に育てるべく全力で取り組んでいます。

  • 開発室のエンジニアです。
    2012年にナイル株式会社へと入社し、アプリ発見サービス「Appliv」の開発を担当してます。サービス立ち上げ・広告配信システム実装・アプリ版開発を経て、2015年5月よりScalaによるマイクロサービス化を推進中です。
    また、エンジニア広報担当としてScalaネタを中心に社外への情報発信も担い、開発室ブログの執筆・運営や外部メディアへの寄稿、イベント登壇等も行っています。
    とにかくプログラミングが好きで、学生時代から個人でAndroidアプリをリリースしたりしてきました。水道や電気みたいに人々の生活を変えるようなサービスを作ることが人生の目標です。

  • 中途採用の担当をしております増田と申します。

    業界トップクラスのWebコンサルティング事業部はもちろん、自社メディアApplivをスケールさせてくれるメンバーを大募集中です!
    当社の社風はフェア&フラット。
    あなたのスキルを発揮する環境がナイルにはきっとあります。

  • 開発室のマネージャー、Applivの開発責任者を担当してます

なにをやっているのか

  • 2b618069 d7ed 48a1 9943 d3ea68a98976 各プロダクトは5人前後のチームで構成され、スピーディーな開発環境を実現しています。
  • 400e817b f6eb 4be8 adf5 91f41d5e27cd ユーザーからのアプリレビュー投稿もどんどん増加しています。

【世界に展開するアプリ発見サービス『Appliv』を開発しています】

私たちが開発する『Appliv』は、150万以上あるスマホアプリの中から、ユーザーが求めるものをより見つけやすくすることを目指すアプリ発見サービスです。

アプリが好きなユーザーからのレビュー投稿や自社のアプリライターが書いたレビュー記事などアプリに関する様々な情報を独自のランキングロジックと検索システムを通じて提供し、アプリ発見をサポートしています。

Web版の月間利用者はUU数600万人を達成しました。

現在は国内Web版、海外Web版などのプロダクトをコンシューマーに向けて展開しています。

また、Applivは主としてスマホアプリ広告で収益をあげており、こうした広告キャンペーンを配信するアプリ特化の広告配信システムである「Appliv Ad」も社内開発を行っています。

なぜやるのか

  • 9ee70c87 5732 4acf 9cb7 ecb5e93a872e 2015年8月に社名を変更。「Near Your Life」という言葉の頭文字から、人々のそばに当たり前にあるものを作ろうという意思を込めました。
  • 2b949835 07e3 4ea2 b024 892f4669ee20 「Appliv」をより良いサービスにすべく、社内にあるユーザーテストルームを利用したUI/UX検証を定期的に実施しています。

【アプリインストールを、もっと身近なものにする】

30年前に何らかの情報を得ようとした時、人々は図書館に本を借りに行っていました。
10年前にはGoogleで検索をし、何かを調べるのが当たり前になりました。
そして現在、多くの人々はスマートフォンを通じて情報にアクセスし、インターネット体験を享受しています。

そしてこのスマートフォンを最も特徴たらしめているのがアプリです。
ユーザーのスマートフォン利用時間の実に80%以上がアプリに費やされ、多くのユーザーがアプリを通じて様々なサービスを利用しています。

ところが、アプリというコンテンツの流通を考えた際、多くの課題があると私たちは考えています。

App StoreやGoogle Playのランキングは極めて恣意的に操作されており、またユーザーが投稿するレビューコンテンツはアプリについての適性な評価を反映しているとは言い難い状況にあります。結果、60%以上のスマートフォンユーザーが月に1つも新しいアプリをインストールしないというデータが存在しており、このデータを鑑みる限り、ユーザーにとってアプリがコモディティになったとは言うことができないでしょう。

Applivは、自社が抱えるアプリレビューライターが書くアプリ紹介記事とユーザーが投稿する良識なレビューコンテンツを組み合わせ、より最適なユーザーにより最適なアプリを知ってもらうことに挑戦し、正規のアプリストアよりもアプリを探しやすい、見つけやすいサービスとなることで、すべてのスマートフォンユーザーにとって必須となることを目指しています。

より多くの人に、最適なアプリを届け、スマートフォン社会のインターネット体験を充実したものにしていくため、私たちは邁進します。

こんなことやります

■開発室の特徴について

当社開発室は20名程度のエンジニアで構成される事業部から独立した組織で、代表の高橋が直接管掌をする部署となっています。このため、スピーディーな意思決定が行われる体制が構築されており、エンジニアのパフォーマンス向上&満足度向上のために様々な取り組みが行われています。

具体的には、下記のような取り組みを行い成果をあげてきました。

①Scala開発の推進
Scalaにおいて名実ともに日本No.1の地位を確立すべく、基幹言語をScalaに設定しました。プロダクトの過半がすでにScala開発に置き換わっており、イベントへの登壇や協賛、メディアへの寄稿なども積極的に行っています。
寄稿事例:https://codezine.jp/article/detail/9410

②エンジニア主導の制度作り
エンジニアによる「エンジニアの生産性を最大化するための活動」として、開発基盤チームを設置しています。開発基盤チームでは、コーディングルールの策定や導入するツールの検討、新しい制度策定など、開発室全体にまたがる事項について協議し、エンジニアが働きやすい環境づくりをエンジニアが主導となって進めています。月1万円まで本を買うことができる制度やフレックスタイム制度などの制度がこの活動を通じて生まれました。

③開発スケジュールはエンジニアが決める
開発室では、「長期的に使える良いものを速く楽しく作る」をミッションに据え、短期的に動くものを作るのではなく、長期的展望を持ってプロダクトを作ることを指針としています。ビジネスサイドのニーズは最大限汲み取りつつも、プロジェクトの開発責任者がメンバーと相談しつつ開発スケジュールを決めていくことで、継続して高いパフォーマンスで働ける環境を構築しています。

■エンジニア募集中のプロジェクトについて

開発室の一員として、Applivを構成するプロジェクトに携わって頂きます。現在人材を募集しているプロジェクトは下記の通りとなります。

・アプリ特化の広告配信システム「Appliv Ad」開発プロジェクト
・Appliv国内Web版開発プロジェクト
・Appliv海外Web版開発プロジェクト

どのプロジェクトでも、企画面からもプロダクト作りに参加できる環境となっています。
実現したい世界があるのに、仲間がまだまだ足りていません。
皆様からのご応募をお待ちしております。

チームの新着トピックス

募集情報
探している人 自社サービス担当
採用形態 新卒採用 / 中途採用
募集の特徴 特になし
会社情報
創業者 高橋 飛翔
設立年月 2007年1月
社員数 81 人
関連業界 コンサルティング・調査 / 情報通信(Web/モバイル) / メディア・出版

応援している人(103)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(103)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F

Page top icon