Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
産業医

企業の産業医業務を勉強したい医師を募集!

メディカルフィットネスラボラトリー株式会社

メディカルフィットネスラボラトリー株式会社のメンバー

全員みる(1)
  • 大学卒業後、医師として一次医療から三次医療まで地域医療に勤務医として専念する。その後、年中無休のクリニックを開院。合計4つのクリニックを都内で開院した。地域の健康づくりは「病気になる前に防ぐ予防」が重要であり、健康を形作る要素は医療だけではなく、運動、食といった生活習慣、そして、それらを浸透させていくために教育とIT技術が重要であることを認識し、医療と他分野が融合して健康を作りだすことを推進するメディカルフィットネスラボラトリー株式会社設立。健康につながる人の行動変容を促し、継続可能かつ次世代につなげることのできる健康づくりの新たなサービスとプラットフォームを提供することを目指している。

なにをやっているのか

  • 22459aa7 3038 40a1 9c26 acde01e0370a フィットネスジムでIT技術、データを使って人を健康にしていきます。
  • Ba29ee80 1729 4e9a 8788 a2e7e164a965 企業健康診断の記録をデータ化し、それを個人の健康管理に活かし、企業の健康経営をサポートしていくサービスです。健康のデータという切り口に健康をサポートするとともに、その健康データをもとに、その企業自体の提供するサービス、商品開発の一助となるようなデータ分析などを行っていきます。

私たちは、医療、運動、食を中心とした様々な生体情報を幅広く効率的に集約・活用しながら、多くの人が自分自身で健康管理ができる環境を整えていきます。自分の健康を自分でサポートできるための環境を作り出す、セルフメディケーションプロバイダーを目指しています。

■展開しているサービス例
具体的には、下記のサービスを開発・運営しています。
・ウェアラブルデバイス等から得られるデータを利活用したフィットネスジム「DATA FITNESS」
・企業の健康経営をサポートする企業健診情報管理サービス「Heath Storage」
・心の側面から企業を元気にするストレスチェック業務代行サービス「MFL ストレスチェック」
・健康に関する様々お悩みを専門家が解決する遠隔相談サービス「ask365.jp」
・楽しく学べる小児科クリニック「セサミストリートクリニックメンバープログラム」
・現役医師が伝えるウェブメディア「小児科スタイル365」
・その他各種健康経営コンサルテーション

上記のサービスを通して、ITの力で健康を日々提供し、そのためのより良いプラットフォームを構築していっています。

なぜやるのか

  • 396437ec 3fb1 47b8 8a83 9d26ac0a503c メディカルフィットネスラボラトリーのミッション「健康的で豊かな生活を世界中に、永続的に」
  • 0a0d89d9 1535 4a42 9ca6 5d86312ab2ec

■メディカルフィットネスラボラトリーのミッション
メディカルフィットネスラボラトリー株式会社は、「健康的で豊かな生活を世界中に、永続的に」をミッションとし、2014年12月に設立されました。人の幸せの基盤は、健康にあると私たちは考えています。より多くの人に幸せを届けるためには、その幸せを感じることができる健康的な体と心、そして、生活が必要なことは間違いありません。

■MFLのビジョン
私たちは、IT技術を利用して、人々がより便利に、そして楽しく健康を管理している風景を実現すべく、日々取り組んでいます。それは、様々な生活の情報を多くのデバイスから取得し、利用できる時代がすでに来つつあることから、実現可能になっています。

■ビジョンの背景
医療において、今まで「健康になる」と言うことは、「病気になった状態を元に戻すこと」が主流でしたが、健康の本質を突き詰めていくと、「健康な状態から病気の状態にならないこと」です。そして、「健康的な状態から更に健康的な状態になること」が未来の健康の在り方であると考えています。

また、これまで健康は「医療」を中心に考えられ実践されてきましたが、健康は運動・栄養・休息といった日々の生活を形作る多くの分野が関わります。それらの分野が垣根を越えて融合していくことが必要です。そのため、これまでの健康のあり方を考え直し、「新たな健康づくりの枠組み」を作り出す必要があります。

健康は失って初めて、日々の生活の基盤になるものだと気づくものです。ただ、失った後に取り戻すには困難や多くの悲しみを伴います。私たちはITの力を使って、それらを解決したより良い社会を実現したいと考えています。

どうやっているのか

  • 7f8f6448 db32 4dff 8437 7772ac29b6ee 栄養に関する情報、フィットネスジムで行われるマシンによる運動、ウェアラブル端末、医療機関で得られたデータを融合し、継続可能な運動プログラムを提供するシステムを開発していきます。
  • 2b58134c 33c5 4e4b ae81 4d2b1874ffb9 2015年12月から義務化されたストレスチェックも開発しています。健康のためには、肉体的な側面だけでなく精神面も重要です。

複数企業の起業経験を持つ代表、経営企画部門で上場を経験したスタッフなど、様々な経験値を持つメンバーが本気で世の中の健康について考え、役職関係なく、日々議論を繰り広げています。

また、提携医療法人や協力医師など、外部の様々なステークホルダーとも協力しながら、事業を進めています。

こんなことやります

メディカルフィットネスラボラトリー株式会社では、医療法人社団ナイズとともに、企業の健康経営をサポートする業務に力を入れています。

あまり、産業医業務を経験したことがなく、これから産業医としての経験を積んでいきたいと考えている方から、すでに産業医をされていて、さらに今までのスキルや知識を生かして産業医としての仕事を探していらっしゃる方がいましたら、ぜひご応募ください。
ここ最近の傾向としては、「健康銘柄」を目指すために、健康経営を企業の経営方針の一つに組み込む企業さんも増えてきました。
そんな時に必要になるのは、産業医です。
産業医が、医学的、産業医学的な知識を生かして、企業で働く人たちの健康をサポートできれば、企業全体のパフォーマンスが向上し、日本の経済にも貢献できることは間違いありません。

また、今の日本において、医療費の大半は生活習慣病に起因する疾患に費やされています。
一生懸命、生活習慣病の治療を追っかけていっても、なかなかその根本である、青年〜壮年期の生活習慣を変えなければ、生活習慣病は減ることはありません。

生活習慣病の大元を作っているのは、働き盛りの年齢における生活習慣なのです。

その方々に産業医としてアプローチできれば、結果的に生活習慣病は減り、治療をするよりも、より多くの方々の命を救うこともでき、健康寿命を延ばすことに貢献できます。

産業医というと、日々のルーチンワークに追われる印象もありますが、今、日本の産業医の役割は変わろうとしています。

産業医として、日本の企業に貢献し、新しい医師のキャリアを形成したい医師の方がいましたら、ぜひご応募ください。

募集情報
探している人 産業医
採用形態 中途採用 / 社会人バイト・契約・委託
会社情報
創業者 白岡亮平 鶴谷武親
設立年月 2014年12月
社員数 13人のメンバー
関連業界 ファッション・美容 / 医療・製薬 / 教育・研究

応援している人(18)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(18)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル

Page top icon