350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 物流業務
  • 18エントリー

社長直轄でオペレーションエクセレンスを創る!物流マネージャー候補募集

物流業務
Mid-career
18エントリー

on 2021/02/06

1,402 views

18人がエントリー中

社長直轄でオペレーションエクセレンスを創る!物流マネージャー候補募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Wataru Iwazaki

静岡県のみかん専業農家の長男に生まれ、農業の諸問題を痛感しながら育つ。 農業・食・地域・自然(&音楽とサウナ)をフィールドに、関わる人がハッピーになる仕事をしたい。

将義 池田

八百屋一筋15年。 スーパー、青果市場、卸と一貫して野菜と触れ合ってきた生粋の「野菜バカ」 長年培ってきた経験と最新のテクノロジーを掛け合わせて 新しい八百屋のカタチを作ることに夢中な40歳です。 ベジクルを日本一の八百屋にして業界をアップデートする。 結構いい年なんですけど素直と謙虚を心がけて日々勉強してます。

Maeda Kaori

ものづくりが好きで元々はエンジニアでしたが、組織づくりに興味を持ち人事に転身。 IT企業のバックオフィスを幅広く経験した後、食への興味からベジクルと出会う。 現在はITの知見を活かしながら、人事労務の整備と社内の業務改善をすすめています。 趣味はイベント運営やダンス。

ベジクル株式会社のメンバー

静岡県のみかん専業農家の長男に生まれ、農業の諸問題を痛感しながら育つ。 農業・食・地域・自然(&音楽とサウナ)をフィールドに、関わる人がハッピーになる仕事をしたい。

なにをやっているのか

【事業内容】 ・飲食店向け農産物の販売 多種多様な新鮮野菜などを、スマホやPCから深夜までに注文すれば翌朝お届けします。 自社およびパートナー便により、首都圏を中心に全国主要都市の飲食店に直接配送します。 ・青果卸売業同業他社向け収益向上支援(BPaaS事業) 同業他社の受注データの処理を迅速に代行し、受注業務はもちろん、連動する倉庫内仕分け作業や仕入れ作業を効率化できるようなデータ変換をすることで、収益向上に貢献します。 倉庫・車両の空き稼働をシェアリングして飲食店向けの仕入れ・配送を委託します。 【顧客提供価値】 ・多種多様な新鮮野菜を納得価格で買える ・便利に注文できて、迅速に届く ・追加発注にも柔軟に対応、価格も明瞭で安心 このシンプルで当たり前のことを徹底的に追求しています。 【強み】 ・マーケティング 業界でいち早くwebマーケティングやインサイドセールスを導入しノウハウを蓄積してきました。 またブランディングを意識し、ベジクルの認知度を上げ、指名されることを意識しています。 ・物流オペレーション ITとデータを活用した独自のオペレーションで、ローコストかつハイパフォーマンスな生産性の高い物流(倉庫・配送)業務を構築しています。 ・調達 青果市場からの仕入れと産地・生産者からの直接仕入れ両方をバランス調整して行なっています。 先代から長年培ってきた信用をベースにした独自の市場仕入れルートと、全国の主要産地・生産者とのネットワークを有しています。
深夜に受注した商品をその日朝届けるため、データを活用し、他社では追随できないスピードで非常に効率的な仕分け作業をしています。
配送車や配送箱もブランディングの重要なツール。他社ではやらないことをやるのがベジクルです。
都心に近い都内有数の物流拠点「東京流通センター」に構えています。
オフィスと物流センターが併設しているので、オフィス窓から様子が見えます。
商談・会員登録不要で新鮮野菜がすぐ仕入れられる「ベジクルLite」
老若男女、バックグラウンドも多様なメンバーです。職種も多いですが、互いにリスペクトし合っています。

なにをやっているのか

深夜に受注した商品をその日朝届けるため、データを活用し、他社では追随できないスピードで非常に効率的な仕分け作業をしています。

配送車や配送箱もブランディングの重要なツール。他社ではやらないことをやるのがベジクルです。

【事業内容】 ・飲食店向け農産物の販売 多種多様な新鮮野菜などを、スマホやPCから深夜までに注文すれば翌朝お届けします。 自社およびパートナー便により、首都圏を中心に全国主要都市の飲食店に直接配送します。 ・青果卸売業同業他社向け収益向上支援(BPaaS事業) 同業他社の受注データの処理を迅速に代行し、受注業務はもちろん、連動する倉庫内仕分け作業や仕入れ作業を効率化できるようなデータ変換をすることで、収益向上に貢献します。 倉庫・車両の空き稼働をシェアリングして飲食店向けの仕入れ・配送を委託します。 【顧客提供価値】 ・多種多様な新鮮野菜を納得価格で買える ・便利に注文できて、迅速に届く ・追加発注にも柔軟に対応、価格も明瞭で安心 このシンプルで当たり前のことを徹底的に追求しています。 【強み】 ・マーケティング 業界でいち早くwebマーケティングやインサイドセールスを導入しノウハウを蓄積してきました。 またブランディングを意識し、ベジクルの認知度を上げ、指名されることを意識しています。 ・物流オペレーション ITとデータを活用した独自のオペレーションで、ローコストかつハイパフォーマンスな生産性の高い物流(倉庫・配送)業務を構築しています。 ・調達 青果市場からの仕入れと産地・生産者からの直接仕入れ両方をバランス調整して行なっています。 先代から長年培ってきた信用をベースにした独自の市場仕入れルートと、全国の主要産地・生産者とのネットワークを有しています。

なぜやるのか

商談・会員登録不要で新鮮野菜がすぐ仕入れられる「ベジクルLite」

老若男女、バックグラウンドも多様なメンバーです。職種も多いですが、互いにリスペクトし合っています。

【ミッション】 テクノロジー×人で農産物流通を業界の中から変革する 農産物流通の業界はいわゆるレガシーであり、長く産業構造が変わっておらず、アナログ・属人的な業務が非常に多く残っています。 それを業界の外からの圧力で無理やり変えられるのではなく、業界内にいる私たちが自己革新し、業界に寄り添って課題解決していくことこそ、真に発展できると考えます。 【目標】 ・農産物流通というDX化が遅れている産業をアップデートする。 ・「業務用野菜なら『ベジクル』」というブランドを確立させる。 ・日本一の八百屋になる。そして、アジアNo.1へ。 当社には生粋の八百屋の血が流れています。前身である日本青果は昭和22年、物資が乏しく、交通網も整備されていない戦後の動乱期に創業しました。当時珍しかった三輪バイクをいち早く導入し、迅速で柔軟な対応や斬新なアイデアが評価され成長しました。その強みは今も生き続けています。 レガシーな農産物流通業界の中で私たちは、いち早くインターネットやテクノロジーを活用して成長してきた、業界でも異色の存在だと自負しています。 新型コロナウイルスの影響によりお客様である飲食店が打撃を受け、同じく私たちも厳しい時期がありました。しかしそのピンチを変革のチャンスと捉え、攻めの戦略と様々な施策を積み重ねた結果、むしろコロナ前よりも高い成長率を達成することができ、DX化も進めることができました。 今後は私たちのDX化ノウハウを全国の流通事業者に横展開し、産業を革新していきたいです。

どうやっているのか

都心に近い都内有数の物流拠点「東京流通センター」に構えています。

オフィスと物流センターが併設しているので、オフィス窓から様子が見えます。

ベジクルは創業を辿ると75年を超える老舗であり、現体制になってからは15期目です。 創業から続く強みは受け継ぎつつ、時代に合わせて柔軟に変化し、常に新しい挑戦を続けている「ベンチャー八百屋」です。 ちょうど今、第二創業期とも言える重要なフェーズにいます。 ここからさらに成長角度を高めるため、資金調達も行い大胆に投資しています。またマイルストーンとしてIPO(上場)も目指しています。 従業員は約80名。この業界では比較的若い代表の池田をトップに、老若男女問わず、バックグラウンドも様々なメンバーが揃っています。 正直に言って、今をときめくスタートアップ企業のようにキラキラしてはいません笑。 深夜に働き物流現場を守ってくれるメンバーがいて、レガシーな産業において匠の技を発揮してくれているベテランがいて事業基盤ができています。 そこに、ビジネスサイドのメンバーが続々と仲間になってくれており、OLDとNEWメンバーの才能が融合したユニークな組織になっています。 ベジクルが所在する東京流通センターは都内有数の物流拠点です。 重要機能である倉庫と、オフィスをあえて同じ場所に置いています。 それにより、すぐに現場の問題を発見し、手を打つことができます。また顧客の声を素早く現場に反映することもできます。 この業界の職場は駅から遠いことが少なくないのですが、当社は「流通センター」駅からすぐなので、通勤も便利です。 オフィスはカフェのような明るい空間で、賑やかに働いています。

こんなことやります

※新鮮な野菜をランチ前にお届けするために、深夜から仕事が始まる夜勤職です。 ※配送にはワゴン車を使用するため、普通免許必須です。 当社の根幹は、「物流」であり、物流スタッフです。 それ無しにはビジネスが成立しません。 当社の強みは、商品の多様性と卓越した生産性。 不確実な入荷状況と受注状況をオペレーション力でカバーしています。 その物流現場を将来的にマネジメントする幹部候を探しています。 当社の代表は現場叩き上げのため、物流のオペレーションエクセレンスには相当なこだわりを持っています。 そのレベルアップを社長直轄PJとしてアドバイスを受けながらPDCAを回していってもらいます。 ミッションは、ローコスト・ハイパフォーマンスな物流オペレーションを構築するための、 業務生産性、在庫回転、社内リレーション等の「最適化」。 入り口はまずロジスティクスチームの一員となり業務に入っていただきます。 業務は大きく分けて2つ。 【 倉庫内での出荷業務 】 事務スタッフがリストにまとめた顧客からの受注内容を、 丁寧に野菜・果物を梱包していくいわゆるピッキング業務。 ここでは飲食店のシェフが納得する匠の仕事を学んでもらいます。 【 飲食店へのルート配送】 都心部を中心に30コースの配送網があります。 早朝の都心を走り、手早く配達します。 市場調査を兼ねながら配送先でお客様とコミュニケーションをとってもらうこともあります。 中期的な目標は、業界No.1のオペレーションエクセレンス。 そして同業にコンサルティングをしていくことを目指します。
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2009/08に設立

80人のメンバー

  • Funded more than $300,000/

東京都大田区平和島6-1-1 TRC物流ビルB棟BE1-2