350万人が利用する会社訪問アプリ

  • CTO候補
  • 7エントリー

音声産業の創出に向けプロダクトをグロースするCTO候補をWANTED!

CTO候補
Mid-career
7エントリー

on 2021/03/08

637 views

7人がエントリー中

音声産業の創出に向けプロダクトをグロースするCTO候補をWANTED!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Ryosuke Yamamoto

都内在住のソフトウェアエンジニア - サーバサイド開発 - インフラ/SRE - iOS Developer 趣味 : タップダンス

「日本を代表するテックカンパニーにしたい。」エンジニアリングマネージャーが語るVoicyの2年間

Ryosuke Yamamotoさんのストーリー

Yuji Kubota

2016年2月から株式会社Voicyでエンジニアとして開発全般を担当 当初配信アプリの「Voicy」と、Voicyで音声を配信するための録音アプリ「Voicy Recorder」の2つを、フロントエンドからバックエンドまで全て一人で開発。現在はチームビルディングやサービスの企画・品質管理を行いながら、引き続きプロダクトの開発も手がけています。 以前は「ベイカレント・コンサルティング」でエキスパートとして勤務。金融や流通といった大手企業から、ECや広告を扱うベンチャー企業まで、さまざまな業種におけるシステムの開発・マネジメント・PMOに携わり、多くのプロジェクトを成功に導いてきました。 それ以前はフリーランスとして主にWebサービスの開発に携わり、エンジニアとしてだけではなく、技術責任者や若手育成、プロジェクトマネジメントを任されることも多くありました。

Voicy共同創業者がこれまでのVoicyを振り返る。大きな転換期に差し掛かり、次に目指す未来とは

Yuji Kubotaさんのストーリー

Fuminori Oeda

新卒でWebディレクターとして、Webサイトの企画・開発やテレビ局の月額サービスの運営などを担当。 その後、株式会社アクティビティジャパンの取締役としてtoC向けの旅行予約プラットフォームのグロースや、予約管理システムのtoB向けSaasプロダクトの立ち上げ等を行いました。 2020年4月にプロダクトマネージャーとして株式会社Voicy入社。 プロダクト戦略立案、ロードマップ策定、プロダクトチームのマネジメントなどを行なっています。

GAFAやTwitterも参入。アツい音声領域に挑戦するプロダクトマネージャーが経験した、拡大する組織の“壁”とプロダクト設計の“魅力”

Fuminori Oedaさんのストーリー

Kentaro Ogata

1980年兵庫県生まれ。大阪大学基礎工学部卒業後、大阪大学経済学部を卒業。24歳まで関西で過ごす。公認会計士として社会人をスタートさせた後、1年間の世界一周の旅に出る。旅先のアメリカで就職をしながら、医療系NPO法人の立ち上げやオーケストラ公演のディレクターも行う。帰国後は、ベンチャー企業の経営者支援を経て、2016年に株式会社Voicyを創業。現在Voicyは、年間1,300万人が利用する音声プラットフォームとなっているほか、自身としても声優・平野文さんや経済学者・竹中平蔵さんなど数々の番組を進行しながら、人の魅力や価値を引き出しリスナーへ届けている。アナウンサーの父の背中を見て育ったことが音声の原体験で、自身も創業時にアナウンス学校に通った経験をもつ。声のチカラで、生活と社会を変えて、新しいワクワクする価値を生む事業が好き。2021年、日本経済新聞出版より『ボイステック革命 GAFAも狙う新市場争奪戦』著。 ・Voicyで体現したかった大切な信念について https://corp.voicy.jp/career/2467/ ・バズる必要はない──音声プラットフォーム「Voicy」代表・緒方氏流、SNSの続け方 https://signal.diamond.jp/articles/-/787 ・【緒方憲太郎×キンコン西野】音声メディアが急成長しているワケ https://www.youtube.com/watch?v=62XjPqYP-CI&t=525s

株式会社Voicyのメンバー

都内在住のソフトウェアエンジニア - サーバサイド開発 - インフラ/SRE - iOS Developer 趣味 : タップダンス

なにをやっているのか

当社は「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」というミッションのもと、音声体験を取り入れることで生活をシームレスにリデザインし、より豊かな社会を創ることを目指しています。 国内最大級の音声プラットフォーム「Voicy」は、2016年のサービスローンチから順調に拡大し、会員登録者数は200万人を突破。これまでに累計36億円の資金調達を行いました。より多くの人々に音声を届け、声で心を動かす体験の創出を目指しています。 サービス:https://voicy.jp/ ▼Voicyエントリー資料 https://recruit.voicy.jp/entry ▼音声プラットフォーム「Voicy」 会員登録者数200万人超の音声プラットフォーム「Voicy」は、PUGC(Professional User Generated Content)戦略をとっていることが特徴です。 ビジネスやライフスタイル、芸能、文学、語学、スポーツなど、幅広いジャンルにおけるトップランナーが音声配信をしており、質の高いコンテンツが強みとなっています。個人パーソナリティに留まらず法人活用も進んでおり、新聞社や出版社を始めとしたメディア、公的機関、一般企業まで、幅広いチャンネルと出会えるプラットフォームです。 ▼サービス一覧 音声プラットフォーム「Voicy」 法人向け声のオウンドメディア「Voicy Biz」 音声ブランディングソリューション「Voicy Branding Program」 音声コンテンツ制作「Voicy Contents Studio」

なにをやっているのか

当社は「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」というミッションのもと、音声体験を取り入れることで生活をシームレスにリデザインし、より豊かな社会を創ることを目指しています。 国内最大級の音声プラットフォーム「Voicy」は、2016年のサービスローンチから順調に拡大し、会員登録者数は200万人を突破。これまでに累計36億円の資金調達を行いました。より多くの人々に音声を届け、声で心を動かす体験の創出を目指しています。 サービス:https://voicy.jp/ ▼Voicyエントリー資料 https://recruit.voicy.jp/entry ▼音声プラットフォーム「Voicy」 会員登録者数200万人超の音声プラットフォーム「Voicy」は、PUGC(Professional User Generated Content)戦略をとっていることが特徴です。 ビジネスやライフスタイル、芸能、文学、語学、スポーツなど、幅広いジャンルにおけるトップランナーが音声配信をしており、質の高いコンテンツが強みとなっています。個人パーソナリティに留まらず法人活用も進んでおり、新聞社や出版社を始めとしたメディア、公的機関、一般企業まで、幅広いチャンネルと出会えるプラットフォームです。 ▼サービス一覧 音声プラットフォーム「Voicy」 法人向け声のオウンドメディア「Voicy Biz」 音声ブランディングソリューション「Voicy Branding Program」 音声コンテンツ制作「Voicy Contents Studio」

なぜやるのか

▼MISSION 「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」 これからは音が主役になる時代。 音声テクノロジーによって、人の発信やコミュニケーションのスタイルは大きく変化していくことでしょう。より多くの人が声で発信をおこない、音声によって人の魅力がより届く。わたしたちは、そんな新しい社会と文化を生む基盤となります。 ▼VISION 「音声で社会をリデザインする」 音声を文化に、そして産業へ。 海外市場を手本にビジネスを立ち上げることが一般的な日本市場において、音声の産業は日本市場はもちろん、海外市場でもまだ成功事例がありません。このいまだかつてない産業の創出のために、わたしたちはまず音声を文化にすることからはじめ、文化を産業へと昇華させることで、社会をリデザインしていきます。

どうやっているのか

私たちはミッションを叶えるため、バリューや行動指針を体現しながら、 全員で同じ方向を目指して一丸となり前進しています。 ▼4つのバリュー 「Make Value」価値を生もう 「Give First」ギブから始めよう 「Be Professional」プロフェッショナルであろう 「Toward the Goal」同じゴールに向かおう ▼行動指針 1. 世界基準。 2. 壁があるのは当たり前。できない理由を探さない。 3. 目先の利益だけに囚われるな。未来を見据えた判断を。 4. パーソナリティファースト。 5. 全員でプロダクトに貢献する。 6. 感覚だけで進めない。データで語る。 7. コンフォートゾーンに留まらない。 8. 価値を生んでいるか問い続ける。 9. ユニーク&ユーモアでいこう。 10. 心揺さぶってる? 11. 組織も一つのプロダクト。全員でアップデートを。 12. 自分たちだけでは成し得ない。社外の人も巻き込もう。 13. 信頼して言い合う。 14. イメージしよう10倍に成長した姿を。そこから全ての行動を。

こんなことやります

■ 業務内容 CTO候補として、エンジニアリング組織の技術面でのリードや、エンジニア文化のドライブ等をお任せします。 まずは開発チームの責任者としてメンバーと共に下記業務を推進いただき、実績に応じて半年から一年ほどでCTOへ就任いただくことを想定しています。 ■ 具体的には ・開発における意思決定(技術選定や優先度検討) ・経営/事業課題の技術的解決 ・プロセス最適化 ・エンジニアメンバーの教育/育成 ・採用やテックブランディング活動 など プロダクトの要件定義/設計/開発/進行管理や、経営/PM/エンジニア間の技術的な接続など、幅広くご担当いただきます。状況に応じて、開発実務までお任せすることもあります。 ■ あなたに求める役割 ・企業全体の技術戦略とビジョンの策定・実行に向けたリーダーシップの発揮 ・適切な技術選定とアーキテクチャ設計を通じて、プロダクトの効率的な開発を促す ・技術革新や市場トレンドを把握し、競争力のあるプロダクト開発を推進 ・技術部門の組織構造や人材マネジメントを最適化し、チームの生産性と成長を促進 ・社内外での技術発信やイベントへの参加・登壇を通じて、組織の知見と評価を向上 ■ Voicyではたらく魅力 - 世界的な注目業界 米国や中国、インドなどでは音声Tech領域のユニコーン企業が次々と生まれています。 X・Apple・Amazon・SpotifyといったグローバルTechカンパニーも注力している世界的な注目業界の一つで、これからのマーケット拡大が予想されています。 - 技術に対して能動性の高い組織で活躍 定期的な勉強会の開催や技術書典制作へのチャレンジなど、エンジニアが積極的に最新技術のキャッチアップを行うチームです。開発業務だけでなく組織も大切にしており、リソースの10%を使って開発チームの組織開発やテックブランディングなどのプロジェクトも推進しています。 - ユーザー目線の強いプロダクト開発が可能 音声はエンゲージメントが高いことが特徴で、ユーザーの熱量がとても大きく、直接ユーザーと接点を持ちながらプロダクトを開発していくことのできる環境です。 スクラムチームはPdMやデザイナー、データエンジニアなどがミッション単位で組織されており、ユーザーの声を聞きながら、役割に捉われず全員で最適なプロダクト開発をめざしています。 - オープンな意思決定 現在、社内の取締役は代表の緒方のみです。そのため経営がトップダウンで推進するのではなく、各事業部の責任者と合議しながら意思決定を行っています。 現場のリーダーとして直接的に課題解決に向けて動いていただきつつ、経営者としての視点を持ち、サービス拡大を共に目指していただきたいと思います。 ■ 開発環境 言語:Go, Kotlin(View / Jetpack Compose), Swift(UIkit / SwiftUI), TypeScript, Python, ShellScript, Node.js フレームワーク:echo インフラ環境:AWS, GCP DB:MySQL(RDS, Aurora), Cloud Firestore, DynamoDB, Redis 実行環境:Kubernetes(Amazon EKS), Docker, AWS Elastic Beanstalk 構成管理:Terraform 監視:Amazon Cloudwatch, Datadog, Bugsnag ログ管理:Fluentd, S3, Embulk, Digdag, Firebase, BigQuery CI/CD:CircleCI, Bitrise, Argo CD, fastlane メディア変換:Amazon Elastic Transcoder プロジェクト管理:GitHub, Asana 情報共有ツール:Slack, Confluence, Kibela データ分析基盤:Metabase, BigQuery, Cloud Composer(Airflow), Dataflow ■ 必須要件 以下いずれかのご経験 ・CTO経験 ・エンジニアリング部門責任者経験 ・当社の技術スタックと同様の環境におけるテックリード経験 ■ 求める人物像 ・Voicyのビジョン、ミッション、プロダクトへの共感 ・サービスやプロダクト、ユーザーファーストな思考を持っている ・短期的にフェーズの移り変わるスタートアップに対応可能な柔軟性や能動性を持っている ・守備範囲を狭めず、主体的且つ前向きに役割を拡大できる
12人がこの募集を応援しています

12人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/02に設立

60人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都渋谷区南平台町2-17 A-PLACE渋谷南平台