350万人が利用する会社訪問アプリ

  • チーフデザイナー
  • 4エントリー

音声をデザインする。VoicyのチーフデザイナーをWANTED!

チーフデザイナー
Mid-career
4エントリー

on 2021/04/08

632 views

4人がエントリー中

音声をデザインする。VoicyのチーフデザイナーをWANTED!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Miho Kyoya

グラフィックデザインやファッションに興味を持ち美大に進学後、 新卒で大手総合メーカーのデザイン会社に入社し、約10年間従事。 携帯電話の独自アプリやソフトウェアのデザインにて、チームリーダーも経験。 一人目のデザイナーとして2018年1月よりVoicyへジョインしている。

耳から情報を得る時代へ、音声(Voice UX)デザイナーの可能性

Miho Kyoyaさんのストーリー

Nao Ishikawa

taskey株式会社にてe-Storyアプリ「peep」(https://peep.jp/)のUI/UXデザイナーやってます! 一緒にデザインやグロースハックに取り組んでくれる方を募集していますので、興味を持ってくださる方、ぜひご連絡ください! 個人としてはストックフォトの撮影、販売やLINEスタンプ「ダジャレンジャー」シリーズを作ったりしています。

Fuminori Oeda

関西学院大学卒業後、株式会社インデックス入社。 テレビ局のモバイルサイトや公式サイトの運営・コンテンツ企画を担当。 その後、旅行系ベンチャーでプロダクトマネージャー経験後、現在は株式会社Voicyでプロダクトマネージャー。

「人生の可能性を広げるプロダクトになる」取締役だった僕が未開の音声領域に飛び込んだワケ

Fuminori Oedaさんのストーリー

Ryosuke Yamamoto

都内在住のソフトウェアエンジニア - サーバサイド開発 - インフラ/SRE - iOS Developer 趣味 : タップダンス

「世の中に新しい価値をエンジニアリングで届けたい」エンジニアリングを愛する僕がVoicyに入社した理由

Ryosuke Yamamotoさんのストーリー

株式会社Voicyのメンバー

グラフィックデザインやファッションに興味を持ち美大に進学後、 新卒で大手総合メーカーのデザイン会社に入社し、約10年間従事。 携帯電話の独自アプリやソフトウェアのデザインにて、チームリーダーも経験。 一人目のデザイナーとして2018年1月よりVoicyへジョインしている。

なにをやっているのか

当社は「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」というミッションのもと、音声体験を取り入れることで生活をシームレスにリデザインし、より豊かな社会を創ることを目指しています。 国内最大級の音声プラットフォーム「Voicy」は、2016年のサービスローンチから順調に拡大し、会員登録者数は200万人を突破。これまでに累計36億円の資金調達を行いました。より多くの人々に音声を届け、声で心を動かす体験の創出を目指しています。 サービス:https://voicy.jp/ ▼Voicyエントリー資料 https://recruit.voicy.jp/entry ▼音声プラットフォーム「Voicy」 会員登録者数200万人超の音声プラットフォーム「Voicy」は、PUGC(Professional User Generated Content)戦略をとっていることが特徴です。 ビジネスやライフスタイル、芸能、文学、語学、スポーツなど、幅広いジャンルにおけるトップランナーが音声配信をしており、質の高いコンテンツが強みとなっています。個人パーソナリティに留まらず法人活用も進んでおり、新聞社や出版社を始めとしたメディア、公的機関、一般企業まで、幅広いチャンネルと出会えるプラットフォームです。 ▼サービス一覧 音声プラットフォーム「Voicy」 法人向け声のオウンドメディア「Voicy Biz」 音声ブランディングソリューション「Voicy Branding Program」 音声コンテンツ制作「Voicy Contents Studio」

なにをやっているのか

当社は「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」というミッションのもと、音声体験を取り入れることで生活をシームレスにリデザインし、より豊かな社会を創ることを目指しています。 国内最大級の音声プラットフォーム「Voicy」は、2016年のサービスローンチから順調に拡大し、会員登録者数は200万人を突破。これまでに累計36億円の資金調達を行いました。より多くの人々に音声を届け、声で心を動かす体験の創出を目指しています。 サービス:https://voicy.jp/ ▼Voicyエントリー資料 https://recruit.voicy.jp/entry ▼音声プラットフォーム「Voicy」 会員登録者数200万人超の音声プラットフォーム「Voicy」は、PUGC(Professional User Generated Content)戦略をとっていることが特徴です。 ビジネスやライフスタイル、芸能、文学、語学、スポーツなど、幅広いジャンルにおけるトップランナーが音声配信をしており、質の高いコンテンツが強みとなっています。個人パーソナリティに留まらず法人活用も進んでおり、新聞社や出版社を始めとしたメディア、公的機関、一般企業まで、幅広いチャンネルと出会えるプラットフォームです。 ▼サービス一覧 音声プラットフォーム「Voicy」 法人向け声のオウンドメディア「Voicy Biz」 音声ブランディングソリューション「Voicy Branding Program」 音声コンテンツ制作「Voicy Contents Studio」

なぜやるのか

▼MISSION 「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」 これからは音が主役になる時代。 音声テクノロジーによって、人の発信やコミュニケーションのスタイルは大きく変化していくことでしょう。より多くの人が声で発信をおこない、音声によって人の魅力がより届く。わたしたちは、そんな新しい社会と文化を生む基盤となります。 ▼VISION 「音声で社会をリデザインする」 音声を文化に、そして産業へ。 海外市場を手本にビジネスを立ち上げることが一般的な日本市場において、音声の産業は日本市場はもちろん、海外市場でもまだ成功事例がありません。このいまだかつてない産業の創出のために、わたしたちはまず音声を文化にすることからはじめ、文化を産業へと昇華させることで、社会をリデザインしていきます。

どうやっているのか

私たちはミッションを叶えるため、バリューや行動指針を体現しながら、 全員で同じ方向を目指して一丸となり前進しています。 ▼4つのバリュー 「Make Value」価値を生もう 「Give First」ギブから始めよう 「Be Professional」プロフェッショナルであろう 「Toward the Goal」同じゴールに向かおう ▼行動指針 1. 世界基準。 2. 壁があるのは当たり前。できない理由を探さない。 3. 目先の利益だけに囚われるな。未来を見据えた判断を。 4. パーソナリティファースト。 5. 全員でプロダクトに貢献する。 6. 感覚だけで進めない。データで語る。 7. コンフォートゾーンに留まらない。 8. 価値を生んでいるか問い続ける。 9. ユニーク&ユーモアでいこう。 10. 心揺さぶってる? 11. 組織も一つのプロダクト。全員でアップデートを。 12. 自分たちだけでは成し得ない。社外の人も巻き込もう。 13. 信頼して言い合う。 14. イメージしよう10倍に成長した姿を。そこから全ての行動を。

こんなことやります

当社は、会員ユーザー180万人超、MAU30万人、年間UU1,500万人の国内最大級の音声プラットフォーム「Voicy」の開発・運営をしています。 2016年のローンチから順調にサービスを拡大しており、これまで累計36億円の資金調達を完了し、チームの拡大/強化が重要なフェーズに突入しています。一号社員がデザイナーであり、ボードメンバーのデザインへの理解が深く、また期待も非常に大きいことが特徴です。 #お任せしたい役割 ・チーフデザイナーとして、サービス/プロダクトのデザイン及び市場/文化創出のための音声体験デザインをリードいただきます。 ・ただサービスにおけるデザインを担当するのではなく、経営やPdM・ビジネス・データチームなどと連携しながら、市場/文化創出のための音声体験デザインやコーポレートブランディング/コンセプト企画のUX設計やデザイン、プロダクト開発における体験設計、プロダクトデザイン、中長期的なプロダクト開発の方針策定、サービスの優先順位づけや要件定義、ユーザーテスト/インタビュー、デザイン部門のマネジメントなど幅広くご担当いただきます。 ・ビジュアルデザインはパートナーに委託しているため、プロダクトデザインに集中して従事いただきます。 #向き合っている課題 ・ユーザー(パーソナリティおよびリスナー)のサービス継続利用における体験的な課題発見とソリューションの提案 ・デザイン品質を上げるためのチーム体制の構築 ・新規ユーザー数増加のための施策立案 ・メンバーのデザインスキル向上 #組織構成/チーム ・現在Productチームは8名で構成されています。 ・PdM6名(40代前半/30代後半/30代前半2名/20代後半の男性と、30代半ばの育休中の女性1名)、Designer2名(30代後半女性2名)です。 ・全社の平均年齢は34歳、男女比率は6:4です。 #必須要件 ・事業会社でのtoC向けモバイルアプリのUI/UXデザイン経験 ・UX上の課題を発見するために、主体的にユーザーリサーチを行なった経験や、リサーチ結果から施策を企画して実行した経験 ※応募においてはポートフォリオが必須となります。 #歓迎要件 ・データを用いた仮説検証、グロースモデルの作成や運用経験 ・最適なUXを生み出すための要件や、UX上の目的を達成するためのKPI導出 ・UI設計タスク、課題や仮説・アイディア発見のための調査・評価タスク、施策や設計のアイディアを試すための評価・検証タスクを主体的に実行した経験 #求める人物像 ・Voicy Mind及びビジョンへの共感 ・サービスやプロダクト、ユーザードリブンな開発思考の方 ・スタートアップに対応可能な柔軟性や能動性 ・数ヶ月/数週間ごとにフェーズの移り変わる中、スピード感を持ち、かつ主体的に役割を拡大でき、それを前向きに捉えられる方 #仕事の魅力 ・ユーザー目線の強いプロダクト開発ができます。音声はエンゲージメントが高いことが特徴で、ユーザーの熱量がとても大きいため、直接ユーザーと接点を持ちながらプロダクトデザインをしています。 ・音声はまだ利用体験が固まっておらず、社会的な前例もありません。そのため通常のデザインよりもUXの重要度が非常に高く、サービスに留まらず、音声の活用という観点で体験をデザインする必要があります。 ・LPなどのビジュアルデザインや、ビズネス案件のコミュニケーションデザインは、基本的に外部協力者へ委託するため、本質的なプロダクトデザインに注力することができます。 ・スクラム開発を導入しており、PMやエンジニアと共に、体験や企画から一緒に作り上げます。 ・マネジメント対象の2名は30代後半でキャリアもあるメンバーのため、ピープルマネジメントにパワーを注ぐ必要はなく、スキル面で高め合っていただくことを期待しています。
11人がこの募集を応援しています

11人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/02に設立

60人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都渋谷区南平台町2-17 A-PLACE渋谷南平台