1
/
5
コミュニケーションデザイナー
中途
3
エントリー
on 2021/05/31 443 views

学校教育をアップデート!事業会社で、思いを形にするデザイナー募集!

株式会社Libry

株式会社Libryのメンバー もっと見る

  • 明治大学文学部卒

    大学在学中に友人と学生向けのSNSを開発・運営。その後、インターンとしてforEst(現 Libry)にジョインし、教育系メディアの立ち上げなどを経験。2018年にメンバーとして正式にジョイン。

    デジタルプロダクトとそのデザインが好き。
    社会科の教員免許を所持。趣味は写真。

なにをやっているのか

  • PC・タブレット端末を用いた学習サービス「Libry(リブリー)」の開発を行っています。
  • 教科周辺市場1.5兆円が対象市場で、教科書・学習参考書市場は2400億円の大きなマーケットでサービスを展開。

▶おなじみの教科書や問題集を“超便利”に進化させるサービス
私たちは「Libry(リブリー)」という学習サービスを開発しています。Libryは出版各社と提携して、おなじみの教科書や問題集を学習に“最適”なインターフェースでデジタル化した学習プラットフォームです。

Libryの大きな特徴は、学習履歴を蓄積・分析してくれるところにあります。問題ごとの正解・不正解、回答にかかった時間などのデータから、生徒の苦手なジャンルや復習するべきタイミングを分析し、手持ちの問題集の中から、生徒一人ひとりに「おすすめの問題」を提案します。 さらに、教員向けには、Libryの学習履歴や宿題の実施状況を確認するための管理ツールを提供し、より効率的・効果的な指導を実現しています。

現在提供している教科は、数学、英語、物理、化学、生物、地学で、全国600以上の中学校・高等学校に利用いただき、昨対比で約倍のペースで増加しております。高校は全国に約5,000校近くありますが、まだICTの導入は道半ばです。これからコロナウイルスによる影響によって高校では更にICTが普及していきますので、Libryも更に利用する学校数を拡大していきます。

サービスページ:https://libry.jp
参考動画:https://vimeo.com/320683632

▶2021年6月に凸版印刷との資本業務提携
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000054682.html

▶2019年8月にドコモやグロービス、みらい創造機構から資金調達
参考:https://jp.techcrunch.com/2019/08/29/libry-fundraising/

なぜやるのか

  • 様々なバックグラウンドを持ったメンバーが活躍中!
  • 熱意あふれる共同創業者と実務経験が豊富な経営陣

▶日本の教育業界に「ICTの本当の恩恵」を
日本の学校におけるICT利活用は世界から大きく遅れをとっており、地域格差も大きい問題となっております。そのため2019年に文部科学省から「GIGAスクール構想」が発表され、生徒向けの1人1台タブレット端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することが決定しました。
全国の学校でタブレット端末やデジタル教科書の導入が進んでおり、ICTを活用した教育や学習が広がっています。その一方で、これまでICTとは無縁だった教育現場が「新しすぎるサービス」に抵抗感を示していることも事実です。

私たちはこれまで使っていた教科書や問題集をそのまま使って、紙のノートとペンを使った学習スタイルを変えず既存の学習の特長はそのままに、イノベーションによる変化で、教育業界全体に大きなインパクトをもたらします。

▶一人ひとりが自分の可能性を最大限発揮できる社会をつくる
創業のきっかけは、「学ぶ機会の不平等さ」です。「生まれる環境は自分で選べないのに、生まれる環境によって、生きる道が大きく制限されてしまう―それを正したい」という気持ちが創業の根底にあります。
地球上に生まれた全ての人が、自分の可能性に希望を感じながら成長し、その可能性を最大限に発揮できる社会をつくることを、私たちは目指しています。

どうやっているのか

  • 役職は役割と定義し、役職関係なく一人ひとりの意見が通りやすい環境です。
  • 平均年齢は32歳。2021年1月時点の社員数は20名程度でしたが、2022年には60名まで増えました!

▶少数精鋭で個人の裁量の大きいチーム
現在56名のメンバーで運営しています。少数精鋭ならではですが、ひとりひとりの裁量が大きく、自分の一挙手一投足が会社に大きな影響を与える実感を持ちながら仕事することができます。

こんなことやります

現在、全国の教育現場のICT化は、国家レベルで推進されている事業となっており、紙教材のデジタル化やデジタル教材の活用は、その中核となっています。

当社の開発・提供する中高生向け学習プラットフォーム「リブリー」は紙の学習参考書市場2400億円のリプレイスを図ります。
また、ユーザーの学習履歴を元に、学習者の苦手分析や宿題の管理をすることで、ただの電子書籍以上の価値を提供します。
日本の教育現場を一緒に変化させてみませんか?

====================
業務内容
====================
会社としての「Libry」と、顧客・ビジネスパートナー・社内のメンバーとの間の、最良なコミュニケーションをデザインしていただく役割です。
リブリーのVisionやMission、サービスに込める想いや意図を正確に把握し、ビジュアルデザインをもって正しく伝わるよう、要件抽出から情報設計、表現までを担います。届けたい相手に、伝えたい想いや情報を、一番適切な形で伝えることがコミュニケーションデザイナーの主なMissionとなります。

【具体的な業務内容】
・パンフレットやDM、ポスター等の制作物の作成、及びそのディレクション
・ピッチ資料やカルチャーブック等のスライド資料の作成
・WEBサイトの制作及び改善
・その他制作物の作成(動画やノベルティなど)

【使用ツール】
・UIデザインツール(現在Figmaを利用しています)
・AdobeCC(Photoshop, Illustrator, 他)

====================
募集要件
====================
【MUST】
・エディトリアル あるいは グラフィックデザインの実務経験がある方
・WEBの基礎知識をお持ちの方
・WEBデザインの実務経験のある方
・ポートフォリオをご提出いただける方

【WANT】
・事業会社でコミュニケーション領域のデザインのお仕事に携わった経験がある方
・あるいは、帆走型の制作会社の事業会社のデザインパートナーとしてご活躍されていた方
・UXデザインに関する基礎知識をお持ちの方
・ブランディング、マーケティング関連の知識、実務経験のある方
・ライティングスキルのある方
・クリエイティブディレクターやアートディレクターのキャリアパスを志している方

【求める人物像】
・Libryのビジョン・ミッションに共感いただける人
・自分の作りたいものよりも、作るべきものを優先することができる人
・ビジネス側、開発側ともコミュニケーションができ、両方の視点で最適解を導き出せる人

====================
そのほか
====================
・ハイスペックPC支給 ※MacbookPro 16インチ以上のスペック保証
・キーボードのJIS/US選択可 ※特に希望がない場合はJIS
・iPad or Androidタブレット支給
・クロスランチ制度(他部署のメンバーとの昼食代の補助)
・シャッフルランチ制度
・服装自由(客先訪問無しの場合のみ)
・イヤホンOK
・フリードリンク、フリーお菓子
・一部リモートワーク可
・セミナー参加費や書籍代などの補助
・フレックスタイム制(11:00~17:00)
※書籍の購入や勉強会・セミナーの参加等「学び」に関しては積極的に会社として支援します。

会社の注目のストーリー

正直、Libryの働き方ってどうなってるの?

世界平和のために教育系ベンチャーを起業した話

採用スライドをCanvaでリニューアルしてみて気づいたこと

ポートフォリオ

エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
株式会社Libryの会社情報
株式会社Libry
  • 2012/05 に設立
  • 56人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区岩本町3-9-13 岩本町寿共同ビル 4F
  • 株式会社Libryの会社情報
    学校教育をアップデート!事業会社で、思いを形にするデザイナー募集!