350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Corporate
  • 22エントリー

経理の概念を一緒に変えましょう!メリービズは仲間を募集しています!

Corporate
22エントリー

on 2012/06/10

314 views

22人がエントリー中

経理の概念を一緒に変えましょう!メリービズは仲間を募集しています!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
New Graduate・Internship
Tokyo
Mid-career
New Graduate・Internship

Hiroki Kudo

メリービズ株式会社 代表取締役/創業者 世の中に元気のある会社が増えるためにバックオフィスサービスを提供。 カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。’94 六甲学院卒。‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。経営戦略事務所にて大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。’10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当。 自分の苦労や周りの起業家の悩みから事務作業を楽にできるサービスを用意したいと考え、’12年2月にリブ株式会社(現在はメリービズ株式会社)で経理サービスのメリービズを開始。 FinTech協会を創業、理事も務める。

イベントは最高のチームビルディング!メリービズのイベントの様子

Hiroki Kudoさんのストーリー

メリービズ株式会社のメンバー

Hiroki Kudo

取締役

ストーリーを読む

メリービズ株式会社 代表取締役/創業者 世の中に元気のある会社が増えるためにバックオフィスサービスを提供。 カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。’94 六甲学院卒。‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。経営戦略事務所にて大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。’10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当。 自分の苦労や周りの起業家の悩みから事務作業を楽にできるサービスを用意したいと考え、’1...

なにをやっているのか

「バーチャル経理アシスタント」サービスを提供しています。「バーチャル経理アシスタント」とは、日本全国の優秀な経理スタッフによる、会計・経理特化型のクラウドソーシング・オンラインアシスタントサービスです。 経理業界の変革を背景に、受け身の経理から提案型への変化が求められている昨今ですが、変化における課題の筆頭としてあがるのは担当者の「スキル不足」と「業務過多」です。 ツール導入など技術を取り入れた業務改善が急務とされています。 弊社では、経理業務のアウトソースに留まらず、システム導入支援や業務改善など、SaaS各社とのパートナーシップを構築しながら、ベンダーフリーでサポートを実現し、バックオフィスSaaSエコノミーの人的インフラ的ポジションとしてクライアント企業の成功に向け伴奏していきます。 特に3つの強みを有しています。 ①会計&経理に専門特化 会計・経理業務は、事業者における“血液”ともいえるお金(収支)の流れや状況を記録・整理し、税務申告や次の成長に繋げる極めて重要な業務です。専門知識や事業の知識だけでなく、ミスを犯さない正確性が求められています。弊社は、公認会計士を擁するメリービズ会計事務所とも連携し、対上場企業レベルの専門性を担保し、また、ダブルチェック体制や後述するシステム化で高度の正確性を実現しています。 ②クラウドソーシング 日本全国に約1000名の在宅専門スタッフを組織化しています。いずれも、様々な業界で活躍した会計・経理業務の経験者です。出産・子育てで第一線を退いた女性が中心ではありますが、労働力不足社会において在宅・リモートワークによる女性活用促進という社会貢献も兼ねています。 ③システムエクセレンス 独自開発システムを用いて、レシートや請求書などの画像認識およびデータ抽出・自動入力を行うことで、人的作業を削減し、正確性の担保や生産性向上を実現しています。 こうした使い勝手の良さが評価され、ユーザーは急増中で、上場企業から個人事業者まで、累計で600事業者ほどに及んでいます。業種もIT、メディア、金融、広告、不動産、金融、サービス、電力、医療など多岐に渡っており、この対応力も大きな強みといえます。 ▼バーチャル経理アシスタントとは 「バーチャル経理アシスタント」とは、コア業務に集中し、一歩先のバックオフィスを目指す企業と、全国で働くリモートワーカーの架け橋となるサービスです。東証一部上場企業様から中小企業様、スタートアップ企業様まで、業種や企業規模を問わず様々な企業にご利用いただいます。 「バーチャル経理アシスタント」サービス情報 https://merrybiz.jp/ ▼「バーチャル経理アシスタント」がお客様から選ばれる理由 ・経理業務への知見の深さ  事業会社での経理経験豊富なコンサルタント・リモートワーカーが多数在籍しているため、  業務内容の理解が早く、円滑なコミュニケーションを実現しています。 ・高い柔軟性  企業規模や社内ルールに合わせ、お客様ごとに寄り添った対応が可能です。 ・サービス導入から運用・定着までのサポート体制  お客様の課題に合わせた改善提案とサービス導入コンサルティング、  導入した後の充実した運用サポートを実現しています。
バーチャル経理アシスタント
メリービズ経理DX
IBM、大手コンサルティングファーム、マザーズ上場マーケティング支援企業、大手ERPベンダー、元プロサッカー選手、起業経験者、ベンチャー投資家、など様々なバックグラウンドを持つ経営陣、メンバー集まっています!
渋谷に移転!自然なコミュニケーションが生まれるオフィス
お互いを認め合い切磋琢磨するカルチャー

なにをやっているのか

バーチャル経理アシスタント

メリービズ経理DX

「バーチャル経理アシスタント」サービスを提供しています。「バーチャル経理アシスタント」とは、日本全国の優秀な経理スタッフによる、会計・経理特化型のクラウドソーシング・オンラインアシスタントサービスです。 経理業界の変革を背景に、受け身の経理から提案型への変化が求められている昨今ですが、変化における課題の筆頭としてあがるのは担当者の「スキル不足」と「業務過多」です。 ツール導入など技術を取り入れた業務改善が急務とされています。 弊社では、経理業務のアウトソースに留まらず、システム導入支援や業務改善など、SaaS各社とのパートナーシップを構築しながら、ベンダーフリーでサポートを実現し、バックオフィスSaaSエコノミーの人的インフラ的ポジションとしてクライアント企業の成功に向け伴奏していきます。 特に3つの強みを有しています。 ①会計&経理に専門特化 会計・経理業務は、事業者における“血液”ともいえるお金(収支)の流れや状況を記録・整理し、税務申告や次の成長に繋げる極めて重要な業務です。専門知識や事業の知識だけでなく、ミスを犯さない正確性が求められています。弊社は、公認会計士を擁するメリービズ会計事務所とも連携し、対上場企業レベルの専門性を担保し、また、ダブルチェック体制や後述するシステム化で高度の正確性を実現しています。 ②クラウドソーシング 日本全国に約1000名の在宅専門スタッフを組織化しています。いずれも、様々な業界で活躍した会計・経理業務の経験者です。出産・子育てで第一線を退いた女性が中心ではありますが、労働力不足社会において在宅・リモートワークによる女性活用促進という社会貢献も兼ねています。 ③システムエクセレンス 独自開発システムを用いて、レシートや請求書などの画像認識およびデータ抽出・自動入力を行うことで、人的作業を削減し、正確性の担保や生産性向上を実現しています。 こうした使い勝手の良さが評価され、ユーザーは急増中で、上場企業から個人事業者まで、累計で600事業者ほどに及んでいます。業種もIT、メディア、金融、広告、不動産、金融、サービス、電力、医療など多岐に渡っており、この対応力も大きな強みといえます。 ▼バーチャル経理アシスタントとは 「バーチャル経理アシスタント」とは、コア業務に集中し、一歩先のバックオフィスを目指す企業と、全国で働くリモートワーカーの架け橋となるサービスです。東証一部上場企業様から中小企業様、スタートアップ企業様まで、業種や企業規模を問わず様々な企業にご利用いただいます。 「バーチャル経理アシスタント」サービス情報 https://merrybiz.jp/ ▼「バーチャル経理アシスタント」がお客様から選ばれる理由 ・経理業務への知見の深さ  事業会社での経理経験豊富なコンサルタント・リモートワーカーが多数在籍しているため、  業務内容の理解が早く、円滑なコミュニケーションを実現しています。 ・高い柔軟性  企業規模や社内ルールに合わせ、お客様ごとに寄り添った対応が可能です。 ・サービス導入から運用・定着までのサポート体制  お客様の課題に合わせた改善提案とサービス導入コンサルティング、  導入した後の充実した運用サポートを実現しています。

なぜやるのか

お互いを認め合い切磋琢磨するカルチャー

●VISION 「ビジネスを楽しく!」 当社のビジョンは『ビジネスを楽しく!』、ミッションは『“ビジネス・インフラ”を創る』と掲げています。 社名の由来も「ビジネスを楽しく」から、Merry”は「楽しい」、“Biz”はBusiness(ビジネス)の略です。 ●社会課題を解決するサービス! バーチャル経理アシスタントという事業を通じ、課題を抱えるクライアントとスキルフルなクラウドワーカーとを繋ぎ、そこに我々が介在することで価値を提供しています。企業のバックオフィス人材不足、スタッフの就労機会創出、雇用に限らない多様な働き方の提供など、労働人口減少や働き方といったテーマを切り口に、とても大きな社会課題に向き合っているといえます。地方は人材の流動性が低く、スキルとマッチした仕事に出会えていないという課題がある一方で、都市では恒常的な人材不足に陥っており、会計・経理においてもその適切な供給はなされていない状況です。 そのため、都市の人材不足解消と、地方での高スキル人材のミスマッチング解消を両立するサービスを展開しています。 当社のサービスにより、これまで出来なかった働き方が可能となり、双方の自己実現や「楽しく働く」支えとなることが当社の使命です。 東証一部上場企業様から中小企業様、スタートアップ企業様まで、業種や企業規模を問わず様々な企業にご利用いただいています。

どうやっているのか

IBM、大手コンサルティングファーム、マザーズ上場マーケティング支援企業、大手ERPベンダー、元プロサッカー選手、起業経験者、ベンチャー投資家、など様々なバックグラウンドを持つ経営陣、メンバー集まっています!

渋谷に移転!自然なコミュニケーションが生まれるオフィス

~目指すのは、導入企業・リモートワーカー・自社がWin-Win-Winになる世界~ 社内メンバーのコミュニケーションの円滑化だけでなく、外部スタッフも含め職種を超えてコミュニケーションを重視し、チームワークを発揮できるよう意識しています。例えば、営業担当が『売ってきた。後は知らない』と言うような分断おきないようにし、最後のお客様満足までを在宅スタッフも含めて全員が気にかけ、それぞれが協力し合いながらやるべきことをやる、クロス・ファンクショナルな“チーム・メリービズ”をマネジメント・ポリシーにしています。 ■ 第二創業!対前年3倍成長!サービスを通して世の中を変えていきます 「バーチャル経理アシスタント」という新しいサービスを2017年9月にリリースしてから事業は対前年比3倍成長をしています。 ■創業から10年、「バーチャル経理アシスタント」へのピボットで生き残ったメリービズが描く未来 https://thebridge.jp/2021/07/merrybiz-10th-anniversary ■【ボードメンバー鼎談・前編】資金不足、チームの縮小.....それでも曲げなかった信念が『バーチャル経理アシスタント』を生んだ──経営陣が語る、メリービズの「これまで」と「いま」 https://note.com/merrybiz/n/nfd6be4f57e84 ■ 強いVision!強いチーム!強いカルチャー WHYの通り、社会性・公共性を強く意識した事業運営を行っています。これに共感した強いチームメンバーが集まっています。 メンバーの自律的な働き、そしてそれを支援する経営陣によりメリービズは強いチームになっています。 ・四半期ごとの半日合宿 ・毎月の全体会・不定期イベント →感染拡大防止のため、オンラインorオフライン開催を適宜判断 これらも含めて、コミュニケーションの量を増やし企業文化づくりに力を入れています。

こんなことやります

第4回のEngineer Startup Meetingで「みんなの総務部」として説明していたサービスを 「MerryBiz」として提供します! ( http://merrybiz.jp/ ) 日本を元気にするには、もっともっと小さい企業/個人事業主/フリーランスが活躍しないといけません。大企業には任せてられません!これから成長する企業を強力にサポートする、それがMerryBizの役割です。 MerryBizは経理のクラウドサービスを提供します。 まずは、レシート・領収書等の会計記録のサービスを実施しています。今後は経理の他の業務にも対応していこうと考えています。 最大850万社を対象にするこのサービス、この壮大なプロジェクトを実行するにあたり、最高のチームメンバーを探しています! マーケティング以外にもエンジニア、営業、オペレーション等も募集しています。 ※ 経験は無いがいずれ起業したいので、起業というのがどういうものかを体験したい学生もインターンとして募集しています。 私のことはこちらをご覧ください。 http://jp.linkedin.com/in/hirokikudo 友人やお知り合いでご興味ありそうな方に、どんどん教えてください。 宜しくお願い致します。
14人がこの募集を応援しています

14人がこの募集を応援しています

+2

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2011/07に設立

31人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都港区東麻布1-7-3 第二渡邉ビル7F