Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

【医療機関の運営推進サービス】医療経営システム・電子カルテの開発、提供し、プライマリケア ・ クリニックの多拠点展開を総合的に支援するサービスです。患者様の満足度の向上、医療従事者の高い効率性と働きやすさを実現しています。
【データフィットネス】六本木にある弊社が運営している会員制のジムです。トレーニングデータや日々の活動のデータを蓄積するシステムを利用し、メンバー様のトレーニングや活動の状況のデータを見える化することができます。
私たちは、「医療・運動・食」を中心とした様々な生体情報を幅広く効率的に集約・活用しながら、多くの人が自分自身で健康管理ができる環境を整えて行きたいと考えています。自分の健康を自分でサポートできるための環境を作り出す、セルフメディケーションプロバイダーを目指しています。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 《展開しているサービス例》 具体的には、下記のサービスを開発・運営しています。 ・クリニックチェーンマネジメント  多拠点運営クリニックのサポートとして電子カルテ、クリニック経営システム全般 (ネット問診、予約、待ち時間の可視化、医師の診療サポートツール)の提供 ・DATE FITNESS  ウェアラブルデバイス等から得られるデータを利活用したフィットネスジム ・Heath Storage  企業の健康経営をサポートする企業健診情報管理サービス ・ストレスチェック  心の側面から企業を元気にするストレスチェック業務代行サービス ・ask365.jp  健康に関する様々お悩みを専門家が解決する遠隔相談サービス ・セサミストリートクリニックメンバープログラム  楽しく学べる小児科クリニック ・小児科スタイル365  現役医師が伝えるウェブメディア                     等 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 上記のサービスを通して、ITの力で健康を日々提供し、そのためのより良いプラットフォームの構築を目指しています。

なぜやるのか

日本の医療の現状を理解し、仲間と共にそれを解決して行くべく日本でNo1のプライマリケアチェーン組織を目指します。その為に医療法人社団ナイズと事業提携をし、CAPSグループとして一体運営を行なっています。
年間20万件以上の症例を扱う医療法人の多拠運営を推進。医療とヘルスケアの両面から予防医療を啓蒙・実践することでセルフメディケーションの普及を推進し、予防医療社会を実現します。
Community And People Support ~健康的で豊かな生活を実現し世界中の幸せの総量を最大化すること~ これが私たちのビジョンです。人の幸せの基盤は、健康にあると私たちは考えています。 より多くの人に幸せを届けるためには、その幸せを感じることができる健康的な体と心、そして、生活が必要なことは間違いありません。 ビジョンの背景として、医療において今まで「健康になる」と言うことは、「病気になった状態を元に戻すこと」が主流でしたが、健康の本質を突き詰めていくと「健康な状態から病気の状態にならないこと」だと私たちは考えます。そして、「健康的な状態から更に健康的な状態になること」が未来の健康の在り方であると考えています。 また、これまで健康は「医療」を中心に考えられ実践されてきましたが、健康は運動・栄養・休息といった日々の生活を形作る多くの分野が関わりあっています。それらの分野が垣根を越えて融合していくことが必要です。そのため、これまでの健康のあり方を考え直し「新たな健康づくりの枠組み」を作り出す必要があります。 健康は失って初めて、日々の生活の基盤になるものだと気づくものです。ただ、失った後に取り戻すには困難や多くの悲しみを伴います。だからこそ私たちは、ITの力を使ってそれらを解決する事に貢献し、より良い社会を実現したいと考えています。

どうやっているのか

企業健康診断の記録をデータ化し、それを個人の健康管理に活かし、企業の健康経営をサポートしていくサービスです。健康のデータという切り口に健康をサポートするとともに、その健康データをもとに、その企業自体の提供するサービス、商品開発の一助となるようなデータ分析などを行っていきます。
2015年12月から義務化されたストレスチェックも開発しています。社員のセルフケアを重視し、提携医療機関とのシステム連携により企業の健康経営を強力にサポートするサービスです。健康のためには、肉体的な側面だけでなく精神面も重要です。
事業とは別に、社内の労働環境や教育環境の整備も、より良い事業・企業となる上で重要な要素と捉えています。その為に仲間の積極採用や研修、学習環境の整備を行なっています。 また、複数企業の起業経験を持ち、国内の名門大学で教授も務める会長、現役医師でありながら様々なサービスを生み出してきた代表、経営企画部門で上場を経験した役員などを始め、様々な経験値を持つメンバーが本気で世の中の健康について考え、役職関係なくCAPSの目指す世界観を実現させる為日々議論を繰り広げながら挑戦を続けています。 提携医療法人や協力医師を始めとした外部の様々なステークホルダーとの連携や昨年行った資金調達など持てる全てのアセットを最大限活用しながら事業を進めて参ります。

Page top icon