1
/
5

【エンジニアチームインタビュー】会社・チームのあれこれ聞いてみました!

こんにちは!グラム採用担当の山口です。
今回はエンジニアチームの2名にインタビュー!社内の”猫好き”で彼女の右に出る者はいない!猫大好きな「さやこさん」と、頼れるしっかり者!新卒入社の「もりさん」にお話を伺いました♪ 

山口プロフィール🐤
2019年9月入社。コーポレートチームとして、採用や広報周りを担当しています! 皆さんにグラムを知っていただけるように、色々な目線からグラム情報を更新してきますので、よろしくお願いします!

           *        *        *

さやこさんもりさん、それぞれのインタビューをもとに、社内の雰囲気・チームの雰囲気・運営状況など、お二人から見たグラムをご紹介できればと思っています📝

▼さやこさんプロフィール

エンジニアチーム / 社会人5年目 / 通称『さやこさん』
性格:明るい/フレンドリー/猫が大好き🧡
趣味:海外旅行/音楽フェス
山口メモ:さやこさんは、その場の雰囲気を明るくしてくれる会社のビタミン的存在✨
最近はコロナでのリモート勤務中、家でPCを触っていると飼っている猫に邪魔される…ということで、どうにか邪魔されないようにいろいろ試行錯誤しているそう。しかしWEBミーティング中、さやこさんに猫が襲いかかる瞬間がよく目撃されています🐾笑

では、早速インタビューへ💁‍♀️

【さやこさん🐈 インタビュー】

Q.仕事をする中で、さやこさんの得意なこと、苦手なことを教えてください!
さやこ:はい。得意というか、”好き”という感じなんですけど、事業内容を絡めた企画を考えることが好きです。どうやって私たちのサービスを体験してもらうか、ビジネスサイドの観点も考えながらつくることが楽しいなと思っています。

山口:さやこさん、よくビジネスサイドの他チームの意見や運営方法などディスカッションしに行かれてますよね!さやこさんからも結構企画案を出すことはあるんですか?

さやこ:そうですね。意見や提案は誰でも言える環境なので、私も気づいたり思いついたことはたまに案として出すことがあります!
苦手なことは、コーディングを綺麗に書くことです(笑)
読むのに時間が取られず修正もしやすい、きれいなコーディングが課題ですね。コーディングに関しては、チームメンバーの中に得意な人がいるので、勉強させてもらいつつ、他の人が書いたものなども色々見て、一番最適な方法でコーディングできるように勉強しています!

Q.仕事に限らず、日々取り組んでいることや勉強していることなどはありますか?
さやこ:
えー、なんだろう。。

山口:私の中で、エンジニアの方って日々勉強されているイメージがありまして!

さやこ:え、そうなんですか!?私そんなにやっていないかも...(小声)
私の場合は、、、休日にフレームワークを1つ立ち上がりそうなところまでやってみることはありますね。あとは機械学習のためのデータ処理として、日本語の言語処理の方法や、自然言語の処理方法などを見ている時もあります。他には…Tech系のPodcastを聴いたり、一番簡単な方法でブログを作ってみて、仕事に活かせるものがないかパフォーマンスを図ってみたり、そんな感じですかね~。

山口:やっていないと言いつつ、しっかりやっているように聞こえますけれど!笑

さやこ:いやいや、私は本当にこれくらいしか…。。(小声)
もっといろいろやっていきたいなとは思っています!笑

Q.さやこさんが大切にしている仕事に対しての考え方などはありますか?
さやこ:
常に最新技術にアンテナを張っておくことが大切だと思っています。私たちがつくっているアプリ系は技術の変化が激しいので、社内外問わずいろんな方の話を聞いたり、ニュースなどを見たりしていて…
手順の自動化や、もっと簡単にできる技術があれば、積極的に取り入れるようにしています。

山口:具体的に直近で自動化したものや、新しい技術を取り入れた例はありますか?

さやこ:グラムは最近EC2からECSに移行して、自動化された部分がとても多いです。作業に取られる時間も大きく変わったので、そういう点で改めてどんどんアプリを取り入れていきたいなと感じました!それからは最新のものは特に注目して見るようにしています。

Q.さやこさんにとって”モチベーションが上がる瞬間”ってどんなときですか?
さやこ:
事業にインパクトを与えるような仕事にアサインされた時ですね!
『良いものを作りたい!!』という気持ちが倍増します。

山口:そういった仕事に携われるチャンスは実際どれくらいあるんですか?👀

さやこ:そうですね、チャンスはいっぱいあると思います。私はチームの採用など他に携わっているものがあるので新しい開発に携わる機会は半々ぐらいですけど、人によってはずっと新しいものにアサインされたりする人もいますよ。

山口:ちなみに、これからチャレンジしていきたいことはありますか?

さやこ:
私たちが運営している自社サービス(WORKCANVAS)では、自然言語処理がすごく重要で。そこに課題があるので、もっと本格的に自然言語にチャレンジしてみたいです!

【さやこさんから見たチームって?👀】

Q.エンジニアチームでさやこさんはどんな仕事を任されていますか?
さやこ:
エンジニアメンバーは、自社で運営している転職支援サービス(WORKCANVAS)に携わっていて、分析の基盤作成や入力フォームなども含め、エンジニア業務全般を任されています。
私は特に、サービス利用者にあたる”サロンと求職者の条件マッチング”を担当していますが、担当がきっちり決まって分業で進めるという環境ではないので、幅広く関わっているという表現が一番近いかな?

山口:なるほど。任される範囲が幅広い中で、業務の優先順位はどのようにつけているんですか?

さやこ:チーム内でスプリントを2週間単位で回していて、スプリントの初日に期間内に何を開発するかを決めています。ビジネスサイドとエンジニアサイドで話し合って、優先順位の高いものから案件を選んでエンジニアに当てていく形で回しています。

Q.さやこさんから見たエンジニアチームの雰囲気はどんな感じですか?
さやこ:
チームの雰囲気…何て伝えたらいいんだろう、難しい(笑)
ワイワイでも静かすぎるわけでもなく、でもどちらかというとちょっと静かめですかね~。珍しいなと思うのが、男女比が一緒なこと!エンジニアだけで見ると大体どこの会社も男性8、女性2くらいのイメージがあるんで、その点は珍しいなと思います。

山口:確かに!イメージですけど、男性が多い職場環境が多いのかな…というざっくりしたイメージがわたしもありました。
エンジニアチームではミーティングが頻繁に行われていると思いますが、ミーティングでの雰囲気ってどんな感じなんですか?

さやこ:ミーティングは、和気あいあいとしてますよ。フラットな環境を目指していることもあって、意見はみんなから聞くようにしていて、発信もしやすいです。私もそうですが、新卒の”もり”もよく意見を求められたりしていますね。

Q.チームの好きなところを教えてください!
さやこ:
これはですね~、良い意味で偏っていないところです!

山口:偏っていないというのは、一人一人個性があってバランスが良い…みたいなことですか?

さやこ:うーん。何か、みんなそれぞれ違うことが好きなんですよね(笑)
今はコロナウィルスの影響で中止していますが、コロナウィルスが流行る前はエンジニアメンバーで週に1回か2週間に1回の頻度でランチに行っていました。そのランチ会でも特定の偏ったジャンルの話をする感じではなく、いろいろなジャンルの話しをしていて…

山口:へえ!具体的には?

さやこ:仕事の話はあんまりしないです!(笑)新しい技術のギミック系の話や、メンバーの誰かの趣味の話などで盛り上がってますね。チーム内のコミュニケーションは結構頻繁にあって、「みんな違って、みんないい」という感じが好きです。

Q.今後チームでこういう人がいてくれると嬉しいな、とさやこさんが思う人はどんな人でしょうか?
さやこ:
ムードメーカーな人がいてくれたら面白いなと思います!「得意な技術がある」、「ここの部分にこだわりがある」みたいな人も嬉しいですね。
他には、検索やフロント場面のパフォーマンスを出すことが得意な人や、新しいものに興味がある、ビジネスに合ったシステムづくりに興味があるという方は活躍していただけると思います!
担当を任せられたら、基本自分で引っ張っていかなければいけないので、積極的に動ける方が会社としても合っていると思います。

▼もりさんプロフィール

エンジニアチーム/社会人4ヶ月目🐣/通称『もり/もりさん』
性格:真面目/堅実/お酒が好き🍻
趣味:ショッピング
山口メモ:もりさんは新卒とは思えないぐらいしっかり者!社内の小さなタスクもいつも率先してこなしてくれて、笑顔がかわいく会社のアイドル的な存在です💕
本人曰く、「ハマるほどの趣味がなくて趣味を探している」とのことで、おすすめ絶賛募集中!笑

それでは、質問へLet’s go❗❗❗

【もりさん🧚‍♀️インタビュー】

Q.もりさんは営業からエンジニアになられた経歴があると伺ったんですが、その経緯を教えてください!
もり:
これ話すと少し長くなるので、できるだけ完結に伝えますね(笑)

山口:お願いします!(笑)

もり:えーっと、営業は学生時代のインターンの時からやっていて、グラムでも営業インターンをしていましたが、他の所でもやっていたんです。「経験したことがあるし、営業で就職しよう」と自分の中で勝手に決めてしまっている部分がありながら、今後の将来についてすごく悩んでいたとき、代表の徳永さんとお話する機会があって。
「色々選択肢はあるんだから、自分の理想像から逆算してこの先どうしたいか決めていきな」と言われたのがきっかけでした。

山口:なるほど。ちなみにもりさんの理想像とは何だったんですか?

もり:私の理想は、将来家庭を持ってもプライベートと仕事を両立することです。それで徳永さんに言われたように将来の理想と興味のあることから自分なりに逆算して…今までの経験に固執せず、自分の中で新しい領域だったエンジニアに挑戦したいなと。

山口:それで営業からエンジニアへ転向したんですね!

もり:はい。「知識もないし全て一から学ぶところだけど、エンジニアに挑戦したい」と徳永さんに相談したら「いいね、グラムでやってみなよ」って言ってもらいました。
営業をしていた時は考えもまとまってないのに行動して、焦って、いつも勝手に切羽詰まって辛かったときもあったんですが、今は働くことがとても楽しいです!インターン時代に営業からエンジニアに転向して、新卒でエンジニアとしてグラムに入社して今に至ります。

Q.仕事をする中で、もりさんの得意なことや苦手なことを教えてください!
もり:
得意なことは目標設定をして、それに対して努力しようとするところ、、ですかね。

山口:すごい!目標は自分で設定しているんですか?

もり:そうですね、CTOのヨンさんと週1回の面談をしながら決めている目標があるんですけど、個人的に「こういうことがしたい」って思うことも自分の目標として決めています。
逆に苦手なことは、容量が悪い所です(笑)
仕事をする中で「全然できてないな~」って思うことが多くて、それが自分としては「容量悪い」と思ってしまうんですけど...何て言えばいいんだろう...?

山口:もりさんはいつもクールに”なんなくこなしているイメージ”があったので意外です!
もりさんの話を聞いていると、、完璧にこなしたい完璧主義タイプだったりしますか?できていても自分が想像している”できている像”がその先で、「もっとできたのに!」ってなる、自分ルールが厳しい感じの…?

もり:あー、そうですそうです!完璧にこなしたいのに自分に自信が持てていないので、、、いくらこなしても「まだ足りない」って思って、自分を追い込むタイプです(笑)

山口:どんどん「もっとできるはず!」っていう沼にハマっていくやつですね(笑)でもいいことだと思います!振り返った時きっとすごく成長していると思いますよ。

Q.もりさんが自分の中で大切にしている、信念のようなものはありますか?
もり:
人の意見に左右されないように、自分の意見をしっかりと持っておくことを大切にしています。あとは、曲がったことが嫌いなのでルールは絶対守ります!(笑)
あとー、任せてもらった仕事は期限を守ること。内容なども良い状態で終わらせていきたいと思っています。ただ、これに関しては実際できているかというと...目指している状態です。

山口:あの…回答に完璧主義なところが出てます、もりさん(笑)

Q.仕事に限らず、日々取り組んでいることや勉強していることはありますか?
もり:
資格を取ろうと思い、取得に向けて勉強中です。私は文系の学部だったので、エンジニアの基礎などグラムのインターンから学び始めたところで、まだまだ学ぶことがいっぱいあるんですよね。なのでまずは資格を取ることを自分の中の一つのマイルストーンにしています!

山口:素晴らしい!ちなみに何の資格を勉強されているんですか?

もり:まず、ITパスポートを取りました。これから基本情報技術試験というものを受講予定です。そのあと応用技術者試験を受けようと思っているので、すきま時間に勉強しています!

Q.もりさんにとって、”モチベーションが上がる瞬間”はどんな時ですか?
もり:
自分のタスクを完了させたり、それを実際に使ってもらえたときです!
あとは、他のサービスを見て凄いなと思った時に「私も頑張ろう!」とモチベーションが上がります。

【もりさんから見たチームって?👀】

Q.さやこさんからは先程、特に担当が決まっているわけではないとのお話だったんですが、エンジニアチームで、もりさんはどんな仕事を任されていますか?
もり:そうですね、確かに分業制で決められた仕事をこなしていくような環境ではないです。
ただ私はまだ入ったばかりなので、まずはサービスや使っている言語に慣れるために、小さい単位の保守の仕事を行っています!
私がしていることに特に期限は設けられていませんが、他の人たちが回しているスプリントを見ながら、自分もこんな風に終わらせられたらいいなと計画を立てて進めています!

Q.もりさんから見たエンジニアチームの雰囲気はどのような感じですか?
もり:
いい意味ですごく自由だと思います!例えば、私は新卒なのでエンジニアメンバーの中で一番年下で経験も一番浅いんですが、「こういうことやりたい!」とか意見を言えるし、受け入れてもらえるんですよね。

山口:さやこさんからも同じようなことを聞きました!

もり:一人一人が持っている元々の雰囲気が、フラットで話しやすい空気をつくっているのかな?”エンジニアが”というよりは、社内全体がそういう雰囲気を持った人が多いなと思いますね。

山口:実際、「こういう風にしていきたい!」みたいな意見など、言ったことはありますか?

もり:もちろんありますし、なんなら代表の徳永さんに「会社をこういう風にしていきたい」っていう話をしたこともあります(笑)

山口:チームを超えましたね!(笑)何かあれば言える環境が、エンジニアだけでなくグラム全体にあるというのは私も思います。

Q.チームの好きなところを教えてください!
もり:
これもチームの雰囲気と同じく、自由なところですね(笑)
私目線になるんですけど、一般的な会社だと新人研修とかがあって、みんなで一緒のペースで一斉に同じことを学ぶようなことが多いと思うんです。
グラムだとそういう環境は逆になくて、「こういうことをやっていきたい」という私の方向性が決まったら、どんどん自由に学ばせてくれる感じ。向かっている方向がズレないようにサポートしてくれるので、安心して自分のやりたいことに取り組めて、自分次第で目指す道を決めたり、切り開いていけるように環境を作ってくれるのがとてもありがたいなと思っています。

Q.今後チームでこういう人がいてくれると嬉しいなと、もりさんが思う人はどんな人ですか?
もり:
向上心のある人が入ってくれたら一緒に頑張ろうと思えるので嬉しいです!
あとは、チームだけではなく、会社全体を盛り上げてくれるようなパワフルな人が増えたら楽しいなと思います。

山口:いいですね!グイグイ引っ張ってくれる感じの方!

もり:そうそう!事業やサービスを大きくして、一緒に良い会社をつくってくれる方ですよね。会社が大きくなっていく過程を見られる、そこに参加できることがグラムの特徴でもあって、それが私がグラムに入社した理由のひとつでもあるので、同じような志を持った人が増えてくれたら嬉しいです。

今回はエンジニアのさやこさん、もりさんにお仕事のこと、チームのことをお伺いしました❗❗
この記事を読んで、少しでも興味を持ってくださった方がいたら、カジュアル面談(Web面談含む)なども随時行っておりますので、お気軽にご応募いただければと思います✨

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

株式会社グラム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more