【カードゲーム部】ザ・マインドに挑戦

こんにちは!
アンファク カードゲーム部、部長の萩原です。

カードゲーム部は、カードゲームを通じて社内交流を図ることを目的とした部活動です。

今回は「ザ・マインド」にチャレンジしてみました!

ザ・マインドは、参加者全員でクリアを目指すゲームです。

参加者には1〜100までの数字が書かれたカードがランダムに配られるので、そのカードを昇順に出すことができればクリアです!
※参加者が4人で上の写真のカードが配られた場合、2→11→48→50の順にカードを出すことができればクリアです。

ただし、自分が何番のカードを持っているかは、一切伝えることはできません。
言葉で伝えるのがNGなのはもちろん、ジェスチャーや目線で伝えることもNGです。

これだけ聞くと面白そうなゲームには思えないんですが、実際にやってみると結構盛り上がるんです。

早速どんな感じでプレイしているのか見ていきましょう!

それぞれ1枚ずつカードが配られた図。
誰が最初にカードを出すかみんな牽制しあっていますね。

一人だけ携帯をいじっているのは、大きい数字が配られてよほど自身があるんでしょう。


本当は喋っちゃいけないのに、ルールを無視してガンガン話しかける部長と、戸惑う後輩の図。


戸惑う後輩を見て、何番のカードを持っているか予想するメンバーの図。


最終的にこんな感じに。誰がどんな数字を出そうと、絶対に俺は出さないという決意が感じとれますね。

このゲームは、100のカードを持っていたメンバーが、決意を貫き通して最後にカードを出すことができ、無事ゴール!

続いて2回戦。今回はそれぞれ2枚づつカードが配られます。


大きい数字が配られたのか、余裕の表情の部長。まったく動く気配がありません。


悩みに悩んでいるメンバー。微妙な数字が配られたのでしょうか。


よく分からない表情で場を混乱させるメンバー。考えすぎて顔も真っ赤ですね。


虚ろ気な表情のメンバー。カードを早く出して楽になりたいといった心境でしょうか。


お互いのカードが何なのか心理戦が始まっていますね。


おもむろにカードを出そうとするメンバー。


たしなめるメンバー。微妙な数字を持っているみたいですね。


「てへ。」

人数も増えてきましたので、1回戦目から再スタート。
※公式ルールでは4人までですが、独自ルールで楽しんでいます。



まだまだゲームは続くようです・・・。

ゲームを何回かやっていくうちに、メンバーの出すカードの傾向が分かってきて、いつの間にか連携ができていることに気付かされます。

非常に盛り上がりますし、みんなで一つの目標に向かう為、絆の深まりを実感することができました。

シンプルながら、良くできたカードゲームだと思いました。

andfactory株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more