1
/
5

お気に入りのソファーを見つけちゃったお話。~あずあず編~

こんにちは、バリ活の辻あずさです。バリ活に転職して1年。今日はお気に入りのソファの話をしたいと思います。

【経歴】

京都府出身。立命館大学文学部を卒業。新卒でCDC→2社目エス・エム・エスキャリア→3社目アークティブ。あだ名は、あずあず。


「ストレス少ない人生を歩みたい。」

これが私の人生理念です。2社目を退職したタイミングで真剣に考えて行き着いたんです。「ストレスがあるか、ないかが私にとって大切。ストレスゼロな毎日を過ごせたら、私の人生最高に幸せ。」

アークティブでの毎日は、まさに「ストレスフリー」です。自然体でいられる。自分が創った会社なの!?と思ってしまうほど。自分にぴったり合ったソファーみたい(笑)

ちょうど入社して1年経ったので、「なんでだろう?」と考えてみたんですよ。今の私の仮説としては、普通の会社だと当たり前にあることが、アークティブには「ない」ことが大きいのかなと。

たとえば、「達成文化」や「売上最大化の考え」。これらがアークティブには「ない」。だから、自分たち都合で、ユーザーを追いかけ回さなくてもよくて、あくまで常識的に相手のことを考えて行動できています。私の価値観として、常識的な判断や行動ってすごい大事なことで。ちょっとした信念みたいなものなのかもしれません。それがアークティブでの仕事では、その信念がちゃんと守られているから、心地よいのだと思います。


「社員のモチベーション上げるためにどうしてる?」と聞かれることがあるのですが、正直何も考えていません。そんなことよりも、変なことを「しない」ほうが大事だと思っています。もともと新卒サービスは「普通」にやれば学生ユーザーに相当喜ばれるものだし、組織施策としてはユーザーへの価値提供を邪魔するものを「徹底排除」しているだけです。


アークティブでは全員「役割」が違います。なので比べようにも比べられない。

普通の会社なら「よーいドン」で走り出して比べますよね。私ランキングとか正直苦手で、前職では発表されているものすら全然見てなくて。「辻さん、先週ランキング入ってたね!」とか先輩に声掛けてもらっても「え、そうなんですか!?」みたいな反応してしまって、見てないのがばれるっていう(笑)

そもそも、「役職」はあっても、「役割」なんて言葉自体使わなかったですし、考えたこともなかったです。今は真逆ですね。「役職」はなくて、「役割」の話が社内で出続けるし、私自身の「役割」についても自然と考えるようになりました。

入社前は「人数が少ない会社だから、一人がいろんな役割こなさないといけないんだろうな。」とステレオタイプに思っていたのですが、入ってみると全然そういうことではなくて。意図的に「メンバーの弱みを消して、強みを活かす」という観点でやっているんだって気づきました。

例えば今の私だと、同じ関西面談担当のしおりんとかぶる役割も多いけど、完全に一致することはありません。酒井さんが私の強みを活かして、あえてずらしてくれている役割があるなと感じています。

さらにこの役割がかなり「流動的」で。というのも、新卒は年間の流れがあって、その時期ごとに注力する戦略が違うので、それに基づいて役割も月ごとに変える必要があるんです。個人的には、月やクオーターごとに役割が変わると、仕事していて見える景色も全然違うので、その感覚を楽しんでます。


しんごからは、「酒井さんは監督やったら、(そこそこ)いけると思いますよ。」と言われます。個々人が強みを活かせる役割を「見つけて」、それをチームとして成り立つように「つなげる」のが好きなんだと思います。各メンバーについて、「あ、こういうのが強みなんだ」とか「こういう仕事のやり方が得意なんだ」とか分かると、面白いし、一人ひとりのそれを活かしたくなりますね。


私がアークティブの七不思議だなと常々思っているのが、「お金」と「チーム」の話。

まずお金について言うと、「学生ユーザー第一、クライアント第二」と言い切っているのに、ちゃんと成り立っているところ。私も1人決まったらいくらとか全然興味ないし、社内で今売上いくらだとか話にも出てこない。不思議すぎる。

もう一つがチームについて。それなりに濃いというか、ちょっと変わった人たちが集まっていると思うんだけど、そのメンバーが「別の役割」で、「別の仕事」を、「別の場所」でやっているのにうまく回っているんですよ。

毎朝の「朝MTG」をオンラインでサクッとやっているだけで、チームでの仕事が毎日どんどん進んでいきます。日中に社内でコミュニケーションをとることはほとんどないんです。不思議すぎる。

あ、ちなみに、少人数の組織って「いつでも一緒!!!超仲良し」みたいなイメージありますけど、うちは違います。全然べたべたしていなくて、ほどよい距離感。こういう部分も私にとってはちょうどいい、ぴったりソファーですね。


ちゃんと成り立つように、運営してます(笑)

売上は、「結果」として自然と上がるようにしています。

チームについても、確かにこの1年くらいで仕事がどんどん進むようになってきました。オールラウンダーあずあずの加入によって、弱みを「打ち消す」役割分担が出来るようになってきたことが大きいです。

(ストレスフリーな1日に乾杯!)


【面談担当(正社員)募集@梅田】

「ベンチャー面談」担当者
ユーザーファーストを実現させる学生面談担当、募集!@大阪
2つの事業を行っています。 ◯FC紹介「独立相談所リアシル」 独立・脱サラ希望者に、厳選フランチャイズ本部を紹介しています。 ◯新卒エージェント「バリ活!!」 ベンチャー志向の学生に、厳選ベンチャーを紹介しています。 2つの事業に共通している点が2点あります。 ① がんばる人を応援する 独立を志すおっちゃん(おばちゃんや若手もちょっといます)、大手ではなくベンチャーを目指す学生といったがんばる人を応援するのが好きだったりします。 ②クライアントを厳選する 代表の酒井のこだわりでもあります。いわば「セレクトショップ型」のエージェント事業です。 (参考) リアシルLP https://dokuritsu-sodanjo.com/ バリ活LP http://www.barikatsu.com/
株式会社アークティブ


【営業&面談担当(正社員)募集@東京】

セールス・事業開発
ベンチャー面談で学生フォローしながら、企業側も担当したい欲張りな人、募集!
2つの事業を行っています。 ◯FC紹介「独立相談所リアシル」 独立・脱サラ希望者に、厳選フランチャイズ本部を紹介しています。 ◯新卒エージェント「バリ活!!」 ベンチャー志向の学生に、厳選ベンチャーを紹介しています。 2つの事業に共通している点が2点あります。 ① がんばる人を応援する 独立を志すおっちゃん(おばちゃんや若手もちょっといます)、大手ではなくベンチャーを目指す学生といったがんばる人を応援するのが好きだったりします。 ②クライアントを厳選する 代表の酒井のこだわりでもあります。いわば「セレクトショップ型」のエージェント事業です。 (参考) リアシルLP https://dokuritsu-sodanjo.com/ バリ活LP http://www.barikatsu.com/
株式会社アークティブ


【面談担当(業務委託)募集@梅田】

「ベンチャー面談」担当者
大阪で働くフリーランスの方、ぜひ!ベンチャー面談担当者@梅田を募集中!
2つの事業を行っています。 ◯FC紹介「独立相談所リアシル」 独立・脱サラ希望者に、厳選フランチャイズ本部を紹介しています。 ◯新卒エージェント「バリ活!!」 ベンチャー志向の学生に、厳選ベンチャーを紹介しています。 2つの事業に共通している点が2点あります。 ① がんばる人を応援する 独立を志すおっちゃん(おばちゃんや若手もちょっといます)、大手ではなくベンチャーを目指す学生といったがんばる人を応援するのが好きだったりします。 ②クライアントを厳選する 代表の酒井のこだわりでもあります。いわば「セレクトショップ型」のエージェント事業です。 (参考) リアシルLP https://dokuritsu-sodanjo.com/ バリ活LP http://www.barikatsu.com/
株式会社アークティブ
株式会社アークティブでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング