1
/
5

キャリアデザイン(社内公募)制度を使ってみて

媒体営業から紹介営業に転身された上野さん。キャリアデザイン(社内公募)制度を使い異動希望を出された時の気持ちやそれぞれの部署での仕事のやりがいと大変なことをお話しいただきました。
入社してよかったエピソードから辞めたくなったエピソードまで(笑)ありのままをお話しいただきましたので是非ご覧ください。


ーー所属部署、仕事内容を教えてください

管理部門、監査法人・会計事務所への人材紹介(正社員採用の支援)を行う、
第一営業部に所属しています。

先輩方はRA(企業側の営業)とCA(求職者の面談)どちらも対応されていますが、
私は今年の1月に異動してきたため絶賛研修中。
現在はRAのみ
を行っており、CAデビューに向けて奮闘中です!

異動前は、求人媒体(アカナビ)の営業担当としてパート採用の支援を行っていました。


ーー所属する部署はどんな部署ですか?

頼れる先輩方がたくさんいます!
20代後半~30代前半の方がほとんどで、年も近いこともあり皆さんとても話しやすいですね。
質問をしに行くとすぐに手を止めて話を聞いて下さるので、優しい方ばかりだなと感じています。

個人的な話をすると、新卒が6人入ってくれたので、末っ子キャラ(?)がもう通じなくなるのはちょっと寂しいです…笑


ーー新卒入社の上野さん。数ある人材業界の中で、なぜREXで働くことを選びましたか?

もともと人とコミュニケーションを取ることが好きで、人と深く関わる職業がいいなと思っていたので、
人材業界を第一志望として就活をしていました。

当時人材業界を中心に各社の説明会に行きましたが、
「当社は成長率200%です!」等、うちの会社すごいんだぞ!というアピールをしている企業が多く、
人材=体育会系!ゴリゴリ営業!成果主義!という印象が強くなりました(あくまで私の主観です)
自分には合わないと思い違う業界を見てみようと考えている時、たまたまREXに出会いました。

REXはベンチャー企業の割には、経営基盤がしっかりしており、成果主義の雰囲気のようなものをあまり受けず、すごく落ち着いているイメージがあったのを覚えています。
「成果」ももちろん大事ですが、成果の先の「人と企業の成長支援」に本気で取り組んでいるからこそだったのかなと、今文章を書きながら思いました。笑

最初は面接の練習がてらREXの面接に行きましたが(笑)
面接担当者と話す中で、この人達と一緒に働きたい!と思ったのと、REXであれば、目の前の数字にとらわれず長期的な視点での支援ができると考え入社したいと思いました。


ーー身に付いたスキルを教えてください!


一番は「度胸」ですかね!笑

まずやってみよう!ダメだったらまた次の方法を考えよう!
と最初の一歩を踏み出すことに対して背中を押してくれる上司のおかげで
我ながら成長スピードは速かったと思います。

実際に入社をしてからは実践!実践!実践!という感じで、毎日新鮮でしたね。

入社3日後にテレアポではじめてアポが取れ、
入社15日後で先輩のフォローを受けながらはじめて会社の売上に貢献をし、
入社2か月後には一人で営業に行ってこいと言われ、独り立ちを果たしました。

初めて営業に行くときは本当に心配で仕方がなかったですが、意外と乗り切ることができました。

ただ「いってらっしゃい!!」ではなく、
たくさん座学やロープレを研修を行い、分からないことは丁寧に教えてくださった上で
送り出してくれた
周りの皆様のおかげだと思います。


ーーキャリアデザイン制度を使い、媒体営業から紹介営業に異動されましたが、異動希望を出された理由や制度を使った感想を教えていただけますか?


求人媒体の部署では、もともとスキルアップを歓迎してくれるような方が上司だったので、
希望を出したときに報告はしましたが、制度自体は使いにくいとは思わなかったです!

希望を出した理由は、自分の中で媒体営業はある程度やり切ったかなと思ったタイミングで、
次のステップとして、紹介営業にもチャレンジしてみたい!と考えたからです。


希望を出した後は、2回の面談と課題のクリア(知識のテスト、候補者の面談同席、人材紹介の申込み書回収)
を経て、今年の1月より異動となりました。


ーー媒体と紹介、それぞれの仕事のやりがいと大変なことを教えてください。


媒体は・・・

行動量がそのまま結果にダイレクトに表れるので、自分の頑張り次第で結果がついてきやすく、やりがいにも繋がっていました。

新規開拓が多いのが特徴で、常に攻めの姿勢なので、テレアポをやっていたことのは大変でしたね。

仕事の流れとしては、ざっくり
『訪問アポイント取得⇒商談⇒取材・撮影⇒求人作成⇒掲載中・掲載後のフォロー』で、
テレアポ以外にも取材や撮影、求人作成等、クリエイティブな仕事もできるので、仕事の幅が広く楽しかったです。

これは当社の媒体の特徴ですが、掲載後のフォローとしてAIを使ったマーケティングで効果検証を実施しています。

当社の採用決定率は63%で、他社様の平均(30%~40%)と比較すると高い実績は出せていますが、
どうしても採用が決まらないケースも出てきます。
採用が決まらなかったら終わり!ではなく、掲載後のフォローとして、「例えば時給で求人を見る人が急減してしまったので次回は時給を上げてみましょう」等と採用課題を分析してお伝えできるのは当社の強みであり、営業としても仕事がしやすかったです。

よく上司に「営業の神様は見ている」とスピリチュアルなことを言われていましたが、不思議なことに頑張っていると、ひょっと案件を受注できたりしましたね。私も洗脳されてますかね?笑


紹介は・・・

異動から5か月目にして、ようやく成果が出たところなので、語れるようなことはまだないです(笑)

企業へ紹介した候補者の方が、面接に絶対通過する!と思っていたのにお見送りになったり、書類通過は難しいだろうなと思っていたら書類通過になったり…、人を相手にするお仕事なので、予測できないことが多いです。

正直、紹介のほうが大変だと思っていますが(コソッ)、
長いフローを超えて内定承諾が出たときは感慨ひとしおですね!!!
もっとこの感覚を味わいたいものです。


ーーREXに入社して良かったエピソードを教えてください!

「働き方」と「人」です!!!!

残業時間が少ないので働きやすいです。
求人媒体のときは(月平均)10時間いっていないです。
人材紹介に異動してからは、(月平均)20時間弱だと思います。

人はとにかく嫌な人がいない
よく友人からは「上司がうざい」みたいな愚痴を聞きますが、全くないです。
YouTuberみたいなことをしている方、
在宅勤務になり、ちまきを作っちゃう方、
本部長なのに社員からいじられまくる方など、マネージャー陣も面白い方ばかりです。


ーー逆に、辞めたいと思ったエピソードを教えてください(笑)


給与水準が特別高いわけではないので、荒稼ぎしたいな~と思ったときは転職サイトちら見してますね(笑)

でも給与が高い会社は働き方が大変だったりするので、居心地はいいしな~!と気持ちが戻ってきます。笑
おそらく居心地の良さは、『仕事の裁量の大きさ・自由度が高いこと・人間関係で悩む事がないこと』からきているのかと。

中途社員が9割を占めているので自立している社員が多いこともあり、スケジュール管理は全て自分で行っています。基本的には手をあげた人が仕事を任せてもらえる社風なのでやりたいことに挑戦しやすい!

副業もOKですし、今年の4月からはコアタイムなしのフルフレックス制度を導入しているのでかなり自由度も高いですね。

失敗もたくさんありますが、その時々で回りの方がサポートしてくださるので、仕事の失敗で辞めたい!と思ったことはないですね。


上野さん有難うございました!最後に・・・次のバトンの指名をお願いします!

たまーにですが、栄養たっぷり&愛情たっぷりのお弁当を与えてくださる、河村さんです!


以上、REXの末っ子キャラ、持ち前の明るさとポジティブさで皆に愛される上野さんでした!末っ子キャラと言いつつも(笑)しっかり実績を残し表彰をされたり、なんと先日は社内YouTuberとして『新規開拓の極意』についてのレクチャーもされていました!すっかり頼れる存在で、今後より一層の活躍が楽しみな社員の一人です。

株式会社レックスアドバイザーズ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more