業界初!!新ジャンル!!セルフインタビュー!笑

こんにちは。

株式会社五光 採用担当の荒川です。

今日はネタがないので、自らインタビューをします。笑

「イタい!」とか絶対に言わないように!!(特に新入社員。笑)


荒川A:「こんにちは!」

荒川B:「こんにちは!宜しくお願いします。」

荒川A:「早速なんですが、今回使われている画像がバンドやってるアピールがキツすぎて気持ち悪いんですけど、その辺どうなんですか?」

荒川B:「そうですね!今回は、いつも仕事の話を中心にしているので、そういった話以外もしていきたいと思います。」

荒川A:「あ、僕の指摘は完全に無視なんですね。」

荒川B:「自撮りするのが恥ずかしいんだよ!!察してくれ!!」

荒川A:「では本題に入りますが、荒川Bさんの経歴を教えて下さい。」

荒川B:「はい、まず僕は小学生の頃から中学校の先生になるんだって決めていました。当時は『GTO』や『金八先生』など、中学校が舞台の漫画やドラマが流行っていましたから、躊躇なく“中学校”の先生を目指したんですよね。」

荒川A:「その夢はいつまで追いかけていたんですか?」

荒川B:「大学卒業までは追いかけていましたよ。教員免許も取って、東京都の教員採用試験を受けて、見事落ちましたが!笑」

荒川A:「通常、その場合は“臨時教員”とかになって、次年度に採用試験を受けたりすると思うんですけど、そこまでの情熱がなかったんですか?」

荒川B:「自分なのに悪意がありますね。笑 情熱はありました!みなさんご存じの通り、僕は学生結婚で、卒業と同時に子供が生まれてくるって状況で、自分の夢ばかり追いかけていられなかったんですよね。」

荒川A:「それでどうしたんですか?自分のことだから良く分かりますが、卒業するまで出産費用を稼ぐので精一杯で、就活もしていませんでしたよね?」

荒川B:「はい、友達の紹介で卒業後、5月に某塾に入社しました。」

荒川A:「教育は諦められなかったんですね?笑」

荒川B:「そうです!そして中学校教員にしか興味がなかった僕ですが、色々な学年の生徒と触れ合っていくことによって、塾の方が面白くなっちゃったんですよね!笑

荒川A:「なるほど!学校と塾と根本的な教育方法が違うと思いますが、何か苦労したことはありますか?」

荒川B:「死ぬほど苦労しましたよ!笑 まず、最初に受け持った高校生の生徒が慶応大学を受けたいって言ってきて。笑」

荒川B:「そもそも、僕が卒業した大学より偏差値が高いところなので、僕も勉強しないといけないと...。それで、そこから赤本を一緒に解いたり、人生で一番勉強しましたね。笑

荒川A:「荒川Bさんは、ド文系ですが、その生徒さんに何を教えていたんですか?」

荒川B:「はい、主に国語全般(現代文・古文・漢文)、英語、論文作成のお手伝いをしていました。理数系はそれぞれ専門の講師がいましたから、(むしろ理数系の方が多かった)そこは安心して任せられました。」

荒川A:「それで、その生徒は受かったんですか?」

荒川B:「途中から進路変更して、アメリカの大学に行きました。笑」

荒川A:「笑 話が長くなってしまったので、ちょっと端折りながら話してください!」

荒川B:「はい、結局その塾で新規教室の立ち上げがあり、ある程度の実績を残して違う塾にヘッドハンティングされたのですが、そこで一度挫折をします。」

荒川A:「と言うと?」

荒川B:「自信満々で行ったのに、地域や偏差値が違うと、通用しないってことです。笑 僕も若かったんで、同じように指導をしていたところ、『先生の言っていること分かんない』ってクレームが来たんです。何件も。笑」

荒川B:「自分本位で相手に適したサービスが提供出来ていなかったんですよね。これは教訓になりました。どうしても塾の性質上不規則な生活になってしまって、自分の子供の教育にも関わりたいということで退職し、前職に転職しました。」

↓↓詳しくはここで↓↓

荒川B:「過去にフィード内で書きましたが、安定した職業に就いたのは良かったのですが、やはりここ数年で“安定の概念”が変わってきていると思います。そんなこんなで今の仕事をやっています!」

荒川A:「今の仕事のやりがいって何ですか?」

荒川B:「やりがいは自分で探せ!っていつも言ってるんですけど、自分から自分に聞かれたことなので答えます。笑 人事なので、やはりジャンルは違っても“教育”にもう一度携われたことは嬉しいです。僕がフィードを書いている内容も、新人さん絡みだとテンションの高さが感じられると思います。笑」

荒川B:「そして、今まで培ってきた経験(マネジメント・営業・事務・経理)を全て活かせる部署であることも面白いですかね!僕はあまり職種は気にしないんで、余計面白いのかもしれないですけど。」

荒川A:「最後にこれからの目標をお願いします。」

荒川B:「目標はたくさんありますが、当面は人事として一人前になること、そして社員から慕われるキャラクターの確立ですね!」


~インタビューを終えて~

自分で自分のことをインタビュー形式で記事作成している姿は

想像をはるかに超えてイタいです。笑

2回目はないと思いますが、

毎日広報のネタが尽きないように考えていきたいと思います。笑

株式会社五光宇都宮店's job postings
Anonymous
Abf2c824 a382 4ce0 b463 c395474123f2?1542003686
30316fc7 706b 42f4 a23e 516bbe373148?1548161032
D34e5d50 c0aa 4df5 88a4 a00a8915f3c1?1542075204
A7fb8f65 e2ff 4669 b006 94853293278c?1549600235
4 Likes
Anonymous
Abf2c824 a382 4ce0 b463 c395474123f2?1542003686
30316fc7 706b 42f4 a23e 516bbe373148?1548161032
D34e5d50 c0aa 4df5 88a4 a00a8915f3c1?1542075204
A7fb8f65 e2ff 4669 b006 94853293278c?1549600235
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon