1
/
5

【新人INTERVIEW vol.1】私がモフのインターンに応募した理由

Photo by Christin Hume on Unsplash

はじめまして!
株式会社モフでアルバイトをしております、高井です!
冬の寒さを感じつつありますが、皆さんいかがお過ごしですか?

突然ですが、この記事をご覧の皆さんは、転職を少なからず考えているのではないでしょうか?
中には、モフに興味を持って下さっている方が既にいらっしゃるかも…

wantedlyを含め、世の中には多種多様な求人広告が存在しています。
しかし、私たちはその膨大な数から1企業を選び抜く必要があります。
企業選びって、とても難しいですよね💦

そこで…
“私がなぜモフに入ったのか?” という部分から “どんなキャリアアップをしているのか?” といったところまで、私自身の実体験に基づいた記事をモフのストーリーに連載して行きたいと思います✨

モフへ興味をお持ちの方にとって、有用な記事となれば幸いです!






はじめの一歩は、インターンシップで。

私は現在アルバイトの身ですが、当初はインターンとしてモフに入社しています。
ですので、今回の記事ではモフのインターンに応募したきっかけをお話しします。

まず、私自身モフに入る以前から、UXデザインに興味がありました。
しかし、「UXデザイナーとは実際どんな仕事なのか?」「UXデザイナーの仕事内容を私はしっかり理解できているのか?」といった疑問や不安が自分の中にあったのです…
自分の目標設定に間違いがないかを再確認したいと思い、私はインターンの求人広告を探し始めました!

それでは、 “なぜモフだったのか?” をご説明していきましょう。




私がモフに応募した理由は、大きく3つ

(1)UXデザインを行っている
(2)社会貢献度の高い事業に携わっている
(3)モフの社風に魅力を感じた



“UXデザインを行っていること” は絶対条件

前述しましたように、私がインターンシップをする理由は “UXデザインの現場を見るため” です。
ですので、将来自分がインターンシップをする企業において、UXデザイン事業が行われていることは必要不可欠の条件でした。

しかし、 “企画〜運用を一貫して行なっている” かつ “UXデザイナーが在籍している” 企業は少ないと感じていました。

私は色々な求人サイトで企業をリサーチする中で、モフに出会います😊



“社会貢献度の高い事業に携わる企業” であることに気が付く

転職を考えるようになってから、自分の中に漠然と「より多くの事業に携わって行きたいな」と
いう気持ちがありました。

そのことから、インターン先を選ぶ際は、企業実績にもしっかり目を通すよう心がけていました。
そんな視点でモフの実績を見てみると、個性的かつ幅広い実績が並んでいるではないですか!!

例えば、大気汚染・水質汚濁の検知を行う環境汚染監視システムデザインといったものから
教育エンターテイメントアプリケーションデザインまで。

さらに、 “モフの実績は難解で専門性の高いものが多い” と私は感じました。
はじめは、「何だこれ?」と思うものばかり…笑

しかし、その分「社会貢献度が高いな✨」と感じるものがいっぱい!
このことは、「自分が向き合う仕事に達成感とやりがいを感じ、効果的に自己成長していくことに繋がる」と感じました!

もちろん、「UXデザインに挑戦したい!」と考えている私にとって、何より理想的な実績だったのです❗️




“モフらしさ” に惹きつけられる

モフの事業内容や実績を見て、私はどんどんモフに興味が湧いてきました!
さらに、様々な情報に目を通す中で、私はモフの社員インタビューの記事に辿り着きます。

その記事を読んで私は、モフの “新しいことにチャレンジ出来る職場環境” “UXデザインが社内全体に浸透している社風” に新たに気づきました!

私自身は今まさに新しいことに挑戦しようとしていて、モフはそれを受け入れてくれそうだと感じました。さらに、新しいこと(=UXデザイン)という領域に、仲間と一緒に向かっていける環境にもとても魅力を感じたのです😊


CINRAのインタビュー記事はこちら




モフの魅力、すこし伝わりましたか?

様々な理由が重なって私がモフに応募したことを、理解して頂けたでしょうか?
もちろん、応募の際には気づかなかった魅力がまだまだ沢山あります!!
私がインターンシップを始めて3ヶ月ほど経ちましたが、時が経つにつれて新しいモフの魅力にどんどん気付けていると実感しています。

今後の記事でそのこともご紹介しようと考えているので、乞うご期待くださいね!

株式会社モフでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング