1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【飲食を経てIT業界へ。入社1年で第一線で活躍するエンジニアとなった経緯】

こんにちは!NSP人事担当です。

今回は社員でエンジニアの京谷さんに、リアルな声を聞かせてもらいました!

京谷 龍之介 Ryunosuke Kyoya
NSPに所属するエンジニアの京谷さん。数々の資格を所持し、インフラ系エンジニアとして活躍する彼は、なんと一年前までモスバーガーの店長として働いていました。IT業界未経験だった彼が、どうやって第一線で働くエンジニアになったのか、なぜNSPを選んだのかなど、現在に至るまでの経緯を聞きました。

Q.NSPに入社するまでの経緯を教えてください。

神奈川県の高校の普通科を卒業した後、モスバーガーに入社して約5年間働きました。元々機械を触るのが好きで、学生時代の趣味はバイクと自転車いじり。そんな趣味を生かしてデリバリーのバイトをしたいと思い、見つけたのがモスバーガーのアルバイトでした。高校卒業後すぐ社員登用してもらって、3年目からは店長をとして働いていました。

Q.転職をしようと思ったきっかけを教えてください。

元々モスバーガーでずっと働く気はなかったのですが、退職の大きなきっかけとなったのは友人との起業です。起業は成功し、現在は中古車販売、車検代行、携帯電話やウォーターサーバーの販売代理など幅広く事業展開しています。ただ僕はそこに本腰を入れるつもりはなく、それとは別に軸となるような職を持ちたいと思っていたんです。機械いじりが好きだったので、IT業界がいいのではと目を向け出しました。

Q.数多あるIT企業の中で、NSPを選ばれた理由を教えてください。

NSPはSES事業と教育事業をメインに行っているのですが、特にセキュリティ・SI事業に強いのが特徴です。僕は元々、趣味で自宅のネットワークやサーバーをいじっていたのですが、ソフトやプログラム開発はやったことがなく、正直言って開発には自信がなかったんです。そこでインフラ系が強いという軸で、まず企業を絞りました。

それと、IT系には珍しく就業時間がきっちりしている点も大きな魅力でした。前職が飲食業で休みが自由に取れなかったため、ライフワークバランスがきちんと取れる会社を切望していたんです。NSPに入社して以来、残業をしたことはほぼありません。研修なども就業時間内に全て行われ、プライベートの時間はしっかりと確保できています。

Q.入社後、どういうキャリアプランを考えていましたか?

入社時も今も、いずれ独立したいという思いがあります。会社側もそういった動きはサポートしてくれるので、資格取得のための研修や費用、勉強時間を保証してくれています。今、僕は24歳なのですが、30歳になる頃には理想のライフスタイルを実現していたいなと思います。

Q.NSPで今やっている仕事を教えてください。

某銀行で常駐をさせていただいています。具体的には仮想環境のアップデート対応、設定調整の対応、問い合わせ対応、全ネットワーク機器の設定、見直しや設計書の書き直しなどを担当しています。

Q.入社前と後でギャップはありましたか?

そもそも業界のことを全く知らなかったので、悪いギャップはないです。ただ、なんとなくIT企業はブラックなイメージがあったので、NSPは恵まれているなという良いギャップはありますね。実際他の会社だと、“基本給が14万で固定残業費が2万円”とか、“就業後の20:00から先輩エンジニアが研修をするけど、参加者も講師も無償”といったことが普通に行われているんです。

それに対してNSPは、土日や就業時間外に呼び出されることはまずありません。さらに、入社すると就業時間内にしっかりと研修時間を設けてもらえます。一人一人の希望に沿った研修内容や期間を設けてもらえるのですが、僕の場合は最初の3ヶ月間みっちりと学ぶことに専念させてもらいました。

勉強しながら給料がもらえて、資格代も出してもらえて、合格したらお祝い金ももらえます。実際僕もその期間中に、オラクルマスター、ブロンズ、Azure、CCNA、LPIC Level1、2など5つ以上の資格を取得しました。

駐在先で他会社の方と会う機会もあるのですが、一流IT企業で電話対応をしながら勉強して、5年かけて資格を取得してやっと現場に来られたという方もいるんですよ。そういった方の話を聞くと、やはり恵まれているなと感じます。


Q. これまでしてきたことが今の仕事に生かされている点はありますか?

飲食業で老若男女さまざまな人たちと接してきたからこそ、どの駐在先でも上手くコミュニケーションを取ることができます。業界全体でコミュニケーションが苦手な方が多く、質問があっても聞きにいけない、また仕事をふれずに抱え込んでしまうという方も少なくないんです。その点、抵抗なく誰にでも話しかけにいけることが僕の強みです。うれしいことに、現在の駐在先の方に「自分から仕事を聞きに行ってどんどん吸収してくれるのでとても助かっている」との評価をいただきました。

Q.今後どういった人と一緒に働きたいですか?

やはり、ハキハキしてコミュニケーションがきちんと取れる方を希望します。NSPの社員は、前職で違う業界にいた人が多いんですよ。接客や芸能、営業などの経験者が集っているので、人あたりのいい人が多いですね。一人一人が他社に駐在することが大半なので、“NSPの人いいね”といった声を聞くととてもうれしいです。

Q.どういう人がNSPに向いていると思いますか?

機械いじりやPCが好きな人。あとは自分のやる気次第でいくらでも学べる環境が整っているので、学ぶことが嫌いじゃない人にはとてもおすすめです。

Q.今後の目標を教えてください。

中長期的に見ると独立が目標ですが、直近でいうと高収入です!先日結婚してそろそろマイホームを建てたいなと思っているので……。NSPはスタートアップで評価制度などがまだ定まっていないので、逆にいうと頑張れば頑張るほど評価がついてきます。

Q.最後に、求職者へのメッセージをお願いします。

NSPはスタートアップだからこそ、自分次第でいくらでも可能性が広げられます。“会社に属しているから安心”ではなく、“将来独立してやる!”“自分が引っ張っていくんだ!”という野望のある人にはとても協力的な会社です。ITというだけで壁を感じている人もいるかもしれませんが、NSPは一味違う会社です!お会いできるのを心待ちにしています。

株式会社NSPでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう