1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

サプライズ大好きメンバーが手掛ける、社内向けYouTube配信の取り組み

(話し手:永原啓司さん)

「私たちらしさ」を知ってもらうYouTube

当社では「もっと会社のことを社員に知ってもらい、好きになれるように」をモットーに、インナーブランディングチームを立ち上げています。社内向けに「私たちらしさ」を発信していくことで、北神社が大切にする思いの浸透を目指しています。

インナーブランディングチームの取り組みとして、昨年の11月にスタートしたのがYouTubeチャンネルの「ハナちゃんねる」。若いメンバーが多いチームの雰囲気を活かし、時代の流れ的に動画コンテンツでの発信の強さに可能性を感じ、以来毎週配信を行っています。

私はチーム最年長ですが、北神社の魅力をもっと社内に発信していける取り組みにワクワクして、迷わず参加することに決めました。




ワクワクさせよう、笑わせよう

配信に向けて、まず大枠となるテーマを決めます。ただワイワイするだけではなく、「どうしたら北神社らしさを伝えられるか」という視点を大事にしています。社内の人間に見てもらうことを念頭に入れて、動画の配信時間を工夫したり、見て楽しめるようにポップな雰囲気作りをしたり、試行錯誤をしています。

葬儀の現場で仕事をしているメンバーが多いチームなので、予定の変更が起きやすく、撮影の日程を合わせるのが本当に一苦労。動画のストックが充分にあるわけではないので、編集になかなか時間をかけられないまま、撮って出しで配信をすることも。

チームの状況を理解し、励まし合いながら活動を続けています。撮影にメンバー全員が揃わなくても、チャットグループで「こんな企画はどう?」と常にアイデアを出し合いながら、チームを盛り上げる。

さすがサプライズを生業にする仕事をしているからか、みんなのサービス精神の旺盛さには驚かされます。「ワクワクさせよう、笑わせよう」と各々が自由なスタンスを持って、時に起こるハプニングさえも、動画のネタにして楽しんでいます


面白さを追求し、アットホームさを体現する

私たちの代名詞は「アットホームさ」。会社の経営理念にも掲げている「アットホームさ」を日々体現しているから、毎回の仕事で笑顔が絶えない。正直、コツコツ続けていくことは大変ですが、毎回の2時間の撮影が大爆笑に包まれるのが活力になるんです。

任意の挙手制で集ったチームなので、各メンバーがこだわりを持って、自由奔放にやれているところも魅力だと思います。このYouTubeチャンネルのプロジェクトのミッションは、登録者数でもお金でもなく、面白さを追求すること



会社の魅力をもっと多くの人に知ってもらえるように

チームメンバーが面白おかしく楽しみながら、どうすれば北神社のコンセプトである「アットホームさ」を届けられるのか、日々試行錯誤しています。インナーブランディングとしてやっている取り組みなので、もっと多くの社員に会社の魅力を知ってほしいですね。

社内向けの浸透もまだまだで、あまりにも社員からの反応がないので、先日ある社員に突然電話をしました。「YouTubeチャンネルやってるの知ってる?」と聞くやりとりを、そのまま動画コンテンツにするという(笑)。もちろん本人の許可はもらって、色んなハプニングやきっかけも、面白さに変えられるようなコンテンツ作りを目指しています。

大好きな会社の魅力を伝えるために、メンバーとワイワイしながらコンテンツを作るチームに関われることは、楽しくてしょうがないですね。将来的には社内向けだけでなく社外の人にも、北神社の魅力をもっと知ってもらえるようなチャンネルになるように、これからも頑張っていきます!


《執筆》
林 将寛

㈱北神社 花浄院では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング