1
/
5

CSCの資格報奨金・資格手当が大幅UP!そもそもIT業界で働くために“資格”って必要なの?

“資格”持ってますか??

こんにちは、シーエスコミュニケーションの兵永です。持ってる資格は…英検4級です。。。
皆さんも一度は「資格を持ってると就職する時に有利」という話を聞いた事があるのでは無いでしょうか?
でもその一方で「資格なんて取っても意味がない」なんて話をも聞くことがあると思います。

んーーー、どっちやねん!!

そんな事を思ったことは無いですか?
世の中には社会的な意義の大きなものから、「何の役に立つの?」ってものまで、本当に多種多様な資格が溢れています。

そもそも「資格」という言葉を紐解いてみると、以下のような意味があると辞書には書いてあります。

 【資格 (しかく)】
① あることをする場合の、その人の立場や地位。 「個人の-で発言する」 「どういう-で参加したのか」
② 一定のことを行うために必要とされる条件や能力。 「教員の-をとる」 「議員の-を失う」 「 -を欠く」 「受験-」

もちろん今回、取り上げてる資格は②の方の話
しかしIT業界で考えてみると、“資格がなかったらその仕事に従事できない”というようなお仕事は限られているように思います。
たとえば資格が無くてもプログラマになれますし、資格がなくてもプロジェクトマネージャーになれます。
なんだったら経営者になるのにも、特別な資格というものは必要ありませんよね。(手続きは必要かもしれませんが)
IT業界で働いていると、資格などを持っていなくても卓越したスキルを持っているエンジニアに出会うことも多いですし、資格を持って無いからと言ってその方が就職が難しくなる事はまず考えられません。
逆にどんなすごい資格を持っていても、現場の経験が全く無いエンジニアでは、実際の仕事の場で活躍する姿を想像するのは難しいでしょう。



じゃあ、なんで「資格が大事」と言われるのか?

もちろんメリットの部分を見れば数多くあるのですが、ITの現場を見ていると若い方ほど資格で判断されているように思います。
ビジネスの場では、企業はより生産性がある人を採用して、利益を上げていきたいという思いがあります。
当然、年齢が若ければ若いほど経験年数が少ないというのは少ない為、その方が現場で活躍できるかどうかという部分に企業やお客様は不安を持たれてしまいます。
そんな中で資格を持っているということは、「ある一定の基準まで知識やスキルを持っている」という品質保証がついているようなものなので、当然同じレベルで資格を持っている人と持っていない人を比較した時には資格保持者が優先されることになります。
とはいえ、自社の事業にとって意味のない資格を持っていてもほとんど意味が無いため、なんでも持っていれば良いというものではありません。
資格を取るだけ時間の無駄になることだってあります。
もし資格を取得しようと考えているのであれば、ちゃんとその資格を使って何をしたいか、どうなりたいのかの目的設定を行い、目標を決めて進めていく事が重要です。



CSCは資格取ったらめっちゃ貰える!!

シーエスコミュニケーションではこの度、資格一覧が改定され資格報奨金と資格手当が大幅にUPされました!

その一例を挙げてみましょう。

・基本情報技術者試験          報奨金:30,000円   資格手当(月額):3,000円
・情報セキュリティスペシャリスト試験  報奨金:200,000円  資格手当(月額):30,000円
・ネットワークスペシャリスト試験    報奨金:300,000円  資格手当(月額):50,000円
・CCNA                 報奨金:30,000円   資格手当(月額):10,000円
・CCNP                 報奨金:120,000円  資格手当(月額):20,000円
・第一種電気工事士           報奨金:50,000円    資格手当(月額):5,000円
・秘書検定1級             報奨金:50,000円    資格手当(月額):10,000円
・日商簿記検定1級           報奨金:50,000円    資格手当(月額):5,000円

などなど・・・。
どうでしょうか?持っている資格はありますか?

弊社の事業に関わりのある技術的な資格は特に大きな見直しがかかり、報奨金、資格手当共に金額が上がっています。
そして今回の改定にあたり、事務的な資格も多く対象になりました。
会社として社員がレベルの高い資格を保有することがプラスになるのは当然ですが、それ以上に本人のキャリアを考えた上でも資格取得を推奨しています。
自分のスキルを高めることで、ダイレクトに自分に対して評価が返ってくるというのは、成長意欲を掻き立てられますよね。
もちろん毎日の仕事をしながらの資格勉強というのは簡単な事ではないと思います。
しかし、自分の時間をいかに自己研鑽に使えるか次第で、得られる報酬も大きく変わって来るのです。

ちなみに受験費用も会社が負担してくれるんです!!(受かった場合のみですが…)
さらに資格勉強に必要な参考書や問題集も経費申請可能!!(各一冊づつまで)
そういう部分でも社員の成長を応援したいと考えています。




目的と目標を決めて一歩ずつ!

業界を問わず、資格を意味のあるものにするかどうかは、自分次第と言っても過言ではないかと思います。
資格を取るからには、ちゃんと知識として自分の中に残したいですよね。
目的と目標をきっちりと定めて資格取得に臨むことで、本当に意味のある学びの時間にして下さい。

さて、私も報奨金と資格手当GETを目指して、少しずつ資格勉強を進めようかな!
資格取得を報告できるようがんばります!!

株式会社シーエスコミュニケーションでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング