1
/
5

エンドライン、部活はじめるってよ 第五章(最終章)

こんにちは。

エンドラインの採用担当の江下です。

トップの写真はなんか怖いですが、

いつもはプリティなイメージですのでご安心ください♪


さて、『エンドライン、部活はじめるってよ』という題で、

5回にわたりお話しますので、

暇つぶしに読んでいたらければ幸いです。


第五章:だから部活はじめるってよ

さて、第四章までは読んでいただけたでしょうか?

第四章の続きですので、必ず第四章まで読んでからこの先を読んでください(笑)


無限ループに陥ったエンドライン…。

私は頭をフル回転(やっぱりまだ今後の可能性を信じ半回転とします)し、

イベントをするのが良い案だろうか?と自問自答します。


結論からいうと、

『エンドラインがイベントをしても意味がない!』と気づきます。


その理由は、

・他社さんがいくらでも学生向けイベントをやっている。

・学生さんはインターンに行ったり、就活のためのイベント等疲れている。

・疲れているのに学生さんには認知の低いエンドラインのイベントには来ないだろう。

・そもそも学生さんはエンドラインってなんの会社か知らないから集客に苦戦する。(B2Bの会社なので…)

・会社のイベント(=義務)だと社員の負担が増えるだけでは?

・イベントをするには予算・時間・人員…と取られるが、かけたものに対しての対価(下記参照)はあるのか?

etc…

となり、じゃあ何をする?と考えたときに、

『部活だ!!』

と江下の脳内の小さな妖精たちが囁きました。


第四章で述べた通り、

エンドラインは面白い会社なんです!!


しかし、外部への面白い会社ということの伝え方を考えたとき、

あれ?伝わってなくね?

どうやったら伝わるんだ??

見える化じゃない???

と妖精たちの囁きで、部活をはじめることを思いつきました。


エンドラインが考える部活は、

エンドラインの社員が楽しめる場であり、

エンドラインと外部の方(社会人・学生関係なく)が触れ合える場

です。


だから、部内の年間予算(1回あたりの予算限度額)は決まっていますが、

年間のイベント等は自由に組んでどーぞ(^▽^)/

となっています。


部活としては3部活できました!!

①もつ鍋焼き鳥部

②作ってみる部

③写真部


これから随時、

フィード記事にて活動報告していきますのでお楽しみに!!


『部活に参加したい!!』という方も募集しておりますので、

社員にお声掛けください(^▽^)/


さて、今回の第五章が最終話となります。

今冬、『部活内ポイズンベリー(仮題)』を配信予定です。お楽しみに…。


2018年2月3日 ※楽しそうな山本と鬼になりきる下坂

エンドライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
エンドライン株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?