1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

週1出社も週5出社も。ご機嫌にいいものづくりができるオフィスを考える。

こんにちは。エバーセンスでコーポレートを担当している真辺です。
この1年でリモートワークが当たり前になり、オフィスのあり方も多様化してきているなぁと感じます。
エバーセンスは、というと、今のオフィスが来年の4月で契約終了。そのために、いろんな選択肢を考えていたのですが、つい先日良い移転先が見つかり、今年の夏に移転することが決定しました!

私たちにとって大切なのは、いいものづくりができること。
そして、私たち自身が幸せな働き方ができること。

そんな私たちがどんなことを考えてオフィスを選んだのか?今回はその背景をお伝えしていきたいと思います!

目次

  1. リモートワークの制度化
  2. オフィスに求めるものの変化
  3. 固定から変動へ。フリーアドレスの導入。
  4. ここからいそがしくなるぞ…!

リモートワークの制度化

オフィスのことを考える上で、どんな働き方をしていきたいか、ということは切っても切り離せません。

こちらのnoteを書いたのも、もう半年前。ここから働き方を試行錯誤し、今エバーセンスでは、リモートワークを制度として導入しています。

どちらかに偏るのではなく、働き方はそれぞれだからどちらも選べる形にしたい、というのがエバーセンスの考え方。

もちろん、多くのメンバーがフル出社して仕事をしたい、ということであればそのような働き方を作っていきます。でも、リモートワークを試行錯誤しながらやってきた中で、各々がいいものづくりのために、出社とリモートの良さを使い分けることができるようになってきました。

先日実施した、社内の働き方アンケートではこのような結果に。

▲5段階評価で80%が4以上(ほぼ使い分けられている)と回答

今回の緊急事態宣言も大きな混乱なく、スムーズにいいものづくりに向かうことができているのは、各々が新しい働き方にチャレンジしてくれているからだなと改めて思っています。

移転先を決める上で聞いたこちらのアンケートでも、週2出社希望が一番多い結果となりました。

それなら、働き方の選択肢は多い方がいい

今後も仕事の状況によって、出社とリモートを個人・チームが選択できる働き方を進めていきたいなぁと思います。そして、そんな働き方にあったオフィスの形を色々と考えていました。

▼続きはぜひ公式noteで!

株式会社エバーセンスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング