名古屋支社恒例の手づくり懇親会で、豪華な“ひつまぶし”をつくりました!

こんにちは。2019年度新卒の鈴木です。

大阪での3ヶ月の新卒研修も終わり、現在は名古屋支社で iOS のエンジニアをしています。

名古屋支社ではメンバー間の親睦を深めるため、手作りにこだわった懇親会を定期的に開催しています。

今回の懇親会ではひつまぶし会を開催しました!

前回、前々回の記事はこちら

今回も名古屋支社のメンバーだけでなく、各支社のスタッフも多く参加いただきました。名古屋に配属された、私を含めた新卒2名も初参加です。

アイディア満載の懇親会

前回は生パスタ作りを行いましたが、今回の懇親会は名古屋らしく、ひつまぶしです。

そしてひつまぶしはひつまぶしでも、ローストビーフのひつまぶしです。

まず、名古屋メンバーが自宅から持参してくれた炊飯器でご飯を炊きます。

お米を炊いている間に、メンバーで分担して付け合わせのエビ団子や唐揚げ、うなぎのひつまぶしを近くのお店でテイクアウトします。ローストビーフもデパ地下の美味しいやつをテイクアウトしましたが、美味しいものが多いのも名古屋の魅力ですね。

エンジニアリーダーの指示により、おひつにご飯を入れ、焼いた豚バラ肉をのせました。(ちなみに私が焼きました)

これだけでもとっても美味しそうです。


その上にまたご飯をのせ、ローストビーフをこれでもかと、のせていきます。

奥に写っているたまごの薄焼きは同期の新卒スタッフが慣れた手つきで作ってくれました。


バラエティ豊かなメニューに大満足

ローストビーフひつまぶしだけではなく、テイクアウトしてきたエビ団子や唐揚げもお皿に盛りつけます。うなぎのひつまぶしもテーブルにセットし、準備完了です!

ちなみにひつまぶしは、三等分もしくは四等分して以下のように食べるとより美味しいです。

1.そのまま食べる
2.ねぎ、山椒、きざみ海苔などの薬味をのせて食べる
3.だし汁をかけて食べる
4.気に入った食べ方で食べる

私のイチオシは山椒とうなぎの香ばしさが口の中に広がる2番の食べ方です。

今回はローストビーフひつまぶしを作りましたが、本来のうなぎのひつまぶしを手作りしても楽しそうです。


ひつまぶし with ひつまぶし はお腹いっぱいになりましたが、とても美味しかったです。その後も、ひつまぶしを片手に、参加いただいた他支社のスタッフとの交流を楽しみました。

私は今回初参加でしたが、人数が多い大阪本社とはまた違った、アットホームな雰囲気でとても楽しかったです。

今回も名古屋支社のこだわりの懇親会を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。引き続き名古屋支社のイベントなどをお伝えしていきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

フェンリル's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings