1
/
5

2021新卒内定者3名 入社に向けて、意識高まる代表との1時間!

2021年4月に入社予定の新卒内定者は3名!配属先も確定しており、それぞれの部署でインターン、課題に取り組んでいます。グロウに入社を決めた理由、現在のインターンについて、さらに入社後の活躍に向けてグロウの求める人物像を改めて代表と語り合いました!

<配属部署>
飯田:計画部 計画課
岡本:商品企画部 スタイリング課
𠮷田:物流部 配送手配課

※吉田さんはzoomでの参加


グロウに入社を決めた理由

飯田:グロウがアパレルで成長していることや、会社の雰囲気が良いと思っていたことなど、入りたいと思った要素はたくさんあります。何より、計画部のマネージャーである新安さんについていきたいと思ったことが一番ですね。新安さんとともに余剰在庫をたたき売りするような これまでのアパレル業界をグロウを通して変えていきたいと思ったんです。

岡本:私は商品企画の松本さんや、スタイリング課の田中さんとの面接の中で、スタイリング課の話を聞いて、自分ならできそうと思ったからです。よくECも利用するので、利用する側として、お客様目線を活かせるようなことができるんじゃないかと思いました。

吉田:将来、アフリカ布で服をつくりたいという夢があって、他社の面接では話をあまり聞いてもらえなかったけれど、その話を真剣に聞いてくれたことがまず第一印象としてとてもよかったです。私はアルバイト経験で大手通販サイトの倉庫でアルバイトをしていて、その経験も活かしていきたいと思いました。

代表:何をしたいかがすごく大事だと思っていて、それで世の中をどう良くしていくのか、飯田君なら「不良在庫の問題を解決するんだ!」という、世の中の天才たちが挑んでもまだ実現できていないことを自分がやる!と大きな志を持っていることが大事。難しいことだからこそ、やる意味がある!


現在の取組みについて(インターンや課題を通しての気づきや成長)

飯田:計画部の定常業務の引継ぎや自動化をはじめ、他部署へのFBを目的としたツール作成やデータベース周りの環境構築など、幅広く取り組んでいます。計画部のミッションである「誰でも、いつでも、どこででも、欲しい商品が、欲しいタイミングに買える状態を創り出す」を実現するために、各データ収集や受注データをはじめとしたデータ分析を行い、仕組化を目指しているところです。グロウで影響を受けたことはたくさんあるんですが、グロウの人って利他の精神があると思っています。以前、倉庫にピッキングの作業をしに行ったとき、倉庫の作業効率が悪くて、やり方を変えればいいんじゃないかと倉庫側に提案したとき、途中でふと、自分の役割でもないのに、なんでこんなことしてるんだと思ったんです。でもそんなとき、物流部の梅田さん付さんが、パートナーである倉庫会社のためにすることは、いずれ自分たちに戻ってくるし、利他の精神をもって接することの大切さを教えてくれました。


岡本:私はインターンでスタジオにいくことが多く、モデル撮影の日までに、田中さんがスタイリングを組んで、私が撮影日までに洋服を準備して、当日はコーデにあわせたヘアスタイルであったり、洋服がよりよくみえるようなセッティングをしたりしています。撮影の場面では、カメラマンとスタイリストとモデルちゃんが一致団結して、devirockがより一層輝くように取り組むことが大切だと知って、私もスタジオを盛り上げる掛け声をまねしたり、1つのものをみんなで作り上げる大切さを学びました。


吉田:私は現在は関東に住んでいるため、インターンでグロウに行くことはできない分、オンラインで面談の機会を作ってもらっています。課題図書を読んで提出することもあります。その中で、自分でも気づいていたんですが、失敗を恐れすぎて、1人で思い悩んだりすることも多かったんです。完璧なものを提出しなければと期日にぎりぎりになってしまったり。でもまずは完成させることが大事だと思いました。失敗してもまた直せばいいと気づくことができました。


グロウの一番の財産

𠮷田:社長から見て、グロウの中の一番の財産はなんですか?

代表:やっぱり人、『人は財なり』と言うのでね。グロウのミッションやバリューについて、入社される方には「どう思う?」という話をしたと思うけれど、それに共感した方がここにいるはず。インターンを通じての気づきや成長について話してくれたけど、ここで仕事をすることで、スキルが身に着くのはもちろん、できなかったことができるようになるのは当たり前のこと。大事なのは利他の精神。仕事はもちろん、人生は利他でできていたりもするよね。自分が学生の頃は、何の話かと思ったと思うけれど、時間が経つと全部が『利他』なんだなと思う。自分のことしか考えていない人間に何かしようとは思わない。必ずお土産をくれる友達に、あの子だけにはお土産を買おうと思う。自分がしてほしかったら、まずしてあげる、いつも良くしてくれるから、「あの人には!」と思うようになる。結局自分がしあわせになりたいなら、求めるばかりじゃなく与えること。利他の精神をもっていると仕事でもうまくいくし、プライベートでもきっとしあわせな人生を歩める。

グロウの理念「革新的付加価値を創造し世界のあらゆる人々の物心両面の豊かさを追求する」これも簡単に言うと利他の精神につながる。

グロウで1人1人が学んでいくことで、仕事でも付加価値を創り出してくれると思うし、家族や仲間にも良い影響を与えられる。世界の平和にもつながると思うね。俺が俺が、ではなくグロウという会社から1人1人が発信できるならすばらしい!だからこそ『人は財なり』ですね。


グロウでどんな人になりたい?

飯田:僕は誰かに与えることができる人になっていきたいです。いっしょに協力して成し遂げていく精神、芯を持った人になりたい。

岡本:私もさっきのお話を聞いて、助け合って成長できるようになればいいと思うし、後から入る人が『相手のことを思いやりながら仕事する私の姿』を見て、思いを感じ取ってもらえる、そんな人になりたいです。

吉田:私は社長のお話を聞いて、自分の芯を持ちつつも、周りに気を配って、利益を求めるよりも先に還元できるような人になりたいと思いました。


2021年4月 入社後は、こんなことを成し遂げたい!

飯田:まずは子ども服市場を徹底的に理解することが大事だと思っていて、devirockがどんな人に求められているかを徹底的に確認すること。うまく商品を消化する仕組みを作っていきたいです。

代表:飯田君にあこがれて大学の後輩がどんどん入ってくるような偉大な人物になって欲しいね。


岡本:インターンでdevirockの洋服を実際に手に取ると、「もっとこの部分を見せたい!」という思いが溢れてきました。街中でもdevirockの洋服を見かけますし、ディズニーランドでも親子でdevirockのミッキーの商品を着てくれている人を見て、すごくうれしかったんです。もっと多くの人に届けることができるようになりたいです。

代表:岡本さんは、まずはスタイリング課でスタートするけれど、スタイリングだけの視点で終わるのではなくて、どういう商品をお客様が求めているのか、トータルで考えていける人になってほしいなと。会社が大きくなると個別最適になってきがちになるけれど、お客様が買ってくれないと成り立たない。お客様にとって必要なものを届けていかないと。価値のある商品・サービスを提供することが必要。単にスタイリング、撮影だけと思うと視野が狭くなってしまうから、さっきは嬉しかったと言ってくれたけど、視野は大きく持たないといけない。自分たちは常にお客様を見続けないといけない。自分の仕事は「スタイリングすること」じゃなくて、お客様を満足させることが仕事!役割分担が違うだけの話。何が大事なのか、その気持ちを持っていてほしいと思う。


吉田:物流部の皆さんから現在尽力されている内容もお聞きしたので、私も戦力になれるスキルを身につけたいというのが1つ目。2つ目は、倉庫の現場で働いた経験を活かして、改善提案していく存在になりたいです。

代表:まずは物流のスペシャリストになってほしいけれど、𠮷田さんにも視野を広くもってほしいと思う。物流と一言で言っても、服も精密機器も家具も色々な物流がある。物流以外でも色々なビジネスのアイデア、視野をひろげていくといろんなことがわかるし、ヒントが世の中にはたくさん落ちている。アパレル物流ということに凝り固まることなく、全く異なる業種にもヒントがあるかもしれないし、どういう合理化を進めてそのコストが実現できているのかなど、活かせるヒントを広い視野を持って気づき、物流にどう活かすかを考えられる人になって欲しいと思います。


※𠮷田さんは今回リモートでの参加。写真は前回訪問時。また大阪オフィスに来られることを楽しみにしています!

対談終了後に「社長と直接話せて、とてもいい時間になりました!」と話してくれた3名

グロウが大切にしている精神を改めて知り、それぞれへの期待を聞いたことで、ますます意識が高まったのではないかと思います。4月の入社、そしてそれぞれの目標を達成に向けての活躍が楽しみです!

グロウ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
グロウ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?