1
/
5

【ヒトカラオフィス移転プロジェクト2018】ついに、物件探し開始!

2017年2月13日、渋谷区神南から渋谷区桜丘町にオフィスを移転してから、もうすぐ1年半が経とうとしています。全員で何度も「どんなチームになるべきか?」「どんな働き方を実現したいのか?」と話し合うワークショップを重ねて、チームごとに分かれてオフィスビルの提案プレゼンをして、みんなで選定を進めていった思い入れたっぷりの第1カスヤビル

渋谷駅徒歩1分!歩道橋を渡ってすぐ。周りにはたくさんの飲食店・コンビニ・本屋があって、利便性の高い好立地です。しかも相場よりもだいぶ安い坪単価!!

さらに、ココナラさんの居抜き物件とあって、内装構築費用も抑えながら、ヒトカラらしさをプラスした空間をつくることが出来ました◎

なぜ、こんなにも好条件なのかというと?!

超高層タワービルがどんどん建てられ、街の変化が目まぐるしい渋谷。地図の赤い部分は、「桜丘町1地区再開発エリア」です。つまり、第1カスヤビルは、再開発による建て壊し予定!そのため、定期借家契約という2018年10月までに絶対退去しないといけない契約を結んで入居しました。(そのため、原状回復も不要につき、コスト削減でもあります◎)

オフィス移転プロジェクト、再び!

前回、33坪→79坪のオフィス移転プロジェクトにワークショップから内装構築まで含めて約6ヶ月を費やし、検討を開始したのは2016年9月、不動産契約は11月30日、12月の社員旅行でもワークショップをしながら、入居は2017年2月13日と、約2ヶ月間を内装構築に要したものの、これはもう二度と出来ない超ド短期案件でした。。(実際、入居後に工事や什器搬入が続いている場所もチラホラ。。笑


次回のオフィスは、最低100坪以上を検討しているため、現在入居しているオフィスよりも大きいオフィスとなることとワークショップ期間も加味して約8ヶ月かけて、2018年2月から検討開始〜要件決め、2018年5月には物件選定〜契約して、7月から設計スタート、10月頭には工事開始して月末に引っ越し予定です。


2018年1月には、次のオフィスの必須条件とともに、企画営業部のビルマニア木幡と南本が特命となり、「さぁ、全員で全力で新しいオフィスを探そう!」という共有がありました。

次のオフィスの必須条件
・山手線南側
・1フロア
・100〜150坪

物件がナイ!このままではオフィス移転失敗?!

現在までに、内見した物件は下記の通り。新着物件が出るたびに「この物件は絶対見ておいた方がいいです!」と企画営業部のビルマニア木幡と南本が経営陣をグイグイ引っ張って内見を重ねました。

2018年2月21日:代々木・100坪
2018年3月22日:代々木・120坪
2018年4月11日:渋谷・120坪
2018年4月23日:神泉/渋谷・100坪
2018年5月17日:中目黒・110坪
2018年5月22日:神泉/渋谷・100坪

本命の都心5区エリアは、非常に物件が少なく、平均空室率は2.65%と言われています。しかも、平均賃料は19,896円。なんと52カ月連続の賃料上昇中!空室率とともに賃料はどんどん上がっているのが現状です。そのため、コスパの高い物件ほどすぐに申し込みが入ってしまい、検討する間なんてないほど動きが早く、大苦戦!!とにかく「新着物件情報を手に入れたらすぐに内見せねば!」と、前回とは市況が変わっていることをヒシヒシと感じる日々でした。はたして、どのエリアのどんなビルで、どんな空間のオフィスになるのか?!これから楽しみです!

一緒に次のオフィス移転を体験するメンバー募集!

主に都内のベンチャー・スタートアップ企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行なっているヒトカラメディア。今回の募集は、自社オフィス移転プロジェクトに携わった上でお客様にヒトカラメディアのメンバーとして価値提供をできる最後のチャンスです!ぜひあなたも一緒に、なかなか体験することが出来ない「自社のオフィス移転プロジェクト」に携わってみませんか?ご応募お待ちしてます!

企画営業部・営業チーム
ビル取り壊し決定、、一緒に次のオフィス移転を体験する企画営業メンバー募集!
”「働く」にもっとこだわれば、組織はもっといきいきする。” 多くの人にとって切っても切れない、 「働く」という領域。 職場の近くに住み、 仕事を通して価値を生み、対価をもらう。 わたしたちの「暮らし」、ひいては 「人生」に大きく影響する領域です。 もし、多くの人にとって 「いきいき」と働ける状況が増えていけば、 世の中にもっとオモシロいことが増えていくのでは? ヒトカラメディアはそんなことを考えながら、 事業を展開しています。 ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす 上記の企業理念の下、『「らしさ」にこだわった働く場』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、働く場に関する要件定義からオフィスの選定、内装のプランニング、場合によってはワークショップの企画等まで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 さらにコロナ禍を受けて、企業にとっての「働く場」の捉え方は大きく変わりました。リモートワークが普及し、必ずしもオフィスに毎日出社する必要がない企業も増えました。これを機にオフィスを無くし、フルリモートで働く企業も出る一方、チームを育んでいく上では一定量のリアルでのコミュニケーションは必要という声も多く挙がっています。自宅ではなかなか集中できない、いや在宅ワークがあってよかった、メンバーごとにも出てくる声は違ってくるでしょう。 コロナあるなしに関係なく、企業やチームの数だけ、「働く場」や「働き方」の最適解があるはずで、今回のコロナ禍によりその重要性がより際立つようになりました。 これは言い方を変えると「自分たちらしい働く場・働き方」を実現するということ。ここに寄り添って実現までのサポートをしていくのが、ヒトカラメディアの役目だと考えています。 集中と発散を使い分けられる。共創を生む背中押しをする仕掛けがある。カルチャーを自分ごととして感じられるシーンがある。みんなで食事を楽しめる場所がある。その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「自社らしさって何だろう?」「これから 自分たちは、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング