【ヒトカラオフィス移転プロジェクト2018】ついに、物件探し開始!

2017年2月13日、渋谷区神南から渋谷区桜丘町にオフィスを移転してから、もうすぐ1年半が経とうとしています。全員で何度も「どんなチームになるべきか?」「どんな働き方を実現したいのか?」と話し合うワークショップを重ねて、チームごとに分かれてオフィスビルの提案プレゼンをして、みんなで選定を進めていった思い入れたっぷりの第1カスヤビル

渋谷駅徒歩1分!歩道橋を渡ってすぐ。周りにはたくさんの飲食店・コンビニ・本屋があって、利便性の高い好立地です。しかも相場よりもだいぶ安い坪単価!!

さらに、ココナラさんの居抜き物件とあって、内装構築費用も抑えながら、ヒトカラらしさをプラスした空間をつくることが出来ました◎

なぜ、こんなにも好条件なのかというと?!

超高層タワービルがどんどん建てられ、街の変化が目まぐるしい渋谷。地図の赤い部分は、「桜丘町1地区再開発エリア」です。つまり、第1カスヤビルは、再開発による建て壊し予定!そのため、定期借家契約という2018年10月までに絶対退去しないといけない契約を結んで入居しました。(そのため、原状回復も不要につき、コスト削減でもあります◎)

オフィス移転プロジェクト、再び!

前回、33坪→79坪のオフィス移転プロジェクトにワークショップから内装構築まで含めて約6ヶ月を費やし、検討を開始したのは2016年9月、不動産契約は11月30日、12月の社員旅行でもワークショップをしながら、入居は2017年2月13日と、約2ヶ月間を内装構築に要したものの、これはもう二度と出来ない超ド短期案件でした。。(実際、入居後に工事や什器搬入が続いている場所もチラホラ。。笑


次回のオフィスは、最低100坪以上を検討しているため、現在入居しているオフィスよりも大きいオフィスとなることとワークショップ期間も加味して約8ヶ月かけて、2018年2月から検討開始〜要件決め、2018年5月には物件選定〜契約して、7月から設計スタート、10月頭には工事開始して月末に引っ越し予定です。


2018年1月には、次のオフィスの必須条件とともに、企画営業部のビルマニア木幡と南本が特命となり、「さぁ、全員で全力で新しいオフィスを探そう!」という共有がありました。

次のオフィスの必須条件
・山手線南側
・1フロア
・100〜150坪

物件がナイ!このままではオフィス移転失敗?!

現在までに、内見した物件は下記の通り。新着物件が出るたびに「この物件は絶対見ておいた方がいいです!」と企画営業部のビルマニア木幡と南本が経営陣をグイグイ引っ張って内見を重ねました。

2018年2月21日:代々木・100坪
2018年3月22日:代々木・120坪
2018年4月11日:渋谷・120坪
2018年4月23日:神泉/渋谷・100坪
2018年5月17日:中目黒・110坪
2018年5月22日:神泉/渋谷・100坪

本命の都心5区エリアは、非常に物件が少なく、平均空室率は2.65%と言われています。しかも、平均賃料は19,896円。なんと52カ月連続の賃料上昇中!空室率とともに賃料はどんどん上がっているのが現状です。そのため、コスパの高い物件ほどすぐに申し込みが入ってしまい、検討する間なんてないほど動きが早く、大苦戦!!とにかく「新着物件情報を手に入れたらすぐに内見せねば!」と、前回とは市況が変わっていることをヒシヒシと感じる日々でした。はたして、どのエリアのどんなビルで、どんな空間のオフィスになるのか?!これから楽しみです!

一緒に次のオフィス移転を体験するメンバー募集!

主に都内のベンチャー・スタートアップ企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行なっているヒトカラメディア。今回の募集は、自社オフィス移転プロジェクトに携わった上でお客様にヒトカラメディアのメンバーとして価値提供をできる最後のチャンスです!ぜひあなたも一緒に、なかなか体験することが出来ない「自社のオフィス移転プロジェクト」に携わってみませんか?ご応募お待ちしてます!

企画営業部・営業チーム
ビル取り壊し決定、、一緒に次のオフィス移転を体験する企画営業メンバー募集!
ヒトカラメディアは主に都内のベンチャー・スタートアップ企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。単なる引っ越しにするのではなく、オフィス移転のタイミングだからこそできる価値提供を追求しています。 たとえば、オフィスの内装を決めていく過程。経営層で決めていくこともできますが、場合によってはメンバーの方々を巻き込んだワークショップを行うこともあります。仲介としては難易度や実現のハードルは高いのですが、原状回復費や内装構築費を大幅に削減できる「居抜き」を戦略的な移転手法として実現するために、マッチングサービスを提供したりもしています。 『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』というビジョンに掲げる通り、ハード面の提案ではなく、そこで働くメンバーがよりパフォーマンスを発揮できるような、ひいては企業の成長を下支えするような「働き方」を加味したプランやプロセスの提案が持ち味です。 都市部から離れた地方も、ヒトカラメディアが扱う領域のひとつです。特に「サテライトオフィス」という座組みにはこれからの働き方・暮らし方の幅を広げるひとつの手法として可能性を感じています。ヒトカラメディア自身、東京にオフィスを構えながら、軽井沢、徳島県美波町と合計3つのエリアに拠点を構え、新しい働き方を模索・実践しています。 ◆株式会社ヒトカラメディア http://hitokara.co.jp/ ◆オフィス移転の選択肢を増やすための情報サイト「スイッチオフィス」 http://switchoffice.jp ◆軽井沢の別荘選び・移住なら『タウナー不動産』 http://estate.towner.jp
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディア's job postings
Anonymous
48d8961c 7a53 4626 b6ad d7431f185380?1523237453
A643ce91 cc7e 40a0 be75 2a32d361da67?1543329581
997659b3 f770 408d a90b 316349b927fe
6ab8a22e 2b5c 47c7 86fc dcae63094130?1518237071
7335f112 0973 4981 b7a2 831479ad7ce3?1511853932
16 Likes
Anonymous
48d8961c 7a53 4626 b6ad d7431f185380?1523237453
A643ce91 cc7e 40a0 be75 2a32d361da67?1543329581
997659b3 f770 408d a90b 316349b927fe
6ab8a22e 2b5c 47c7 86fc dcae63094130?1518237071
7335f112 0973 4981 b7a2 831479ad7ce3?1511853932
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon