1
/
5

【社長が教える面接対策】 「将来の夢はなんですか?」と聞かれた時の上手な答え方

こんにちは、日本デザインの大坪です。

転職の際に避けては通れないのが面接です。
その面接で「将来の夢はなんですか?」と聞かれたら、あなたどのように答えますか?

今現在はありません、と答えるでしょうか。
それとも、当たり障りのない解答をしてやり過ごすでしょうか。

このような質問をされたときは、面接官に好印象を与える絶好のチャンスです。

今回は、面接で「将来の夢はなんですか?」と聞かれた時の上手な答え方をお伝えします。

夢を見つける努力をしよう

「将来の夢は何ですか?」と聞かれた時に、まだ思いつかないという状態でも大丈夫です。

ただ、きちんと答えられるように、常に夢を見つけていく努力をしたほうがいいでしょう。

海外移住の夢があります。
豪邸に住みたいです。
奥さんと子供と幸せな家庭を作りたいです。

その夢が、希望する企業での経験の先にあるというのを示すことができると、とてもプラスに働きます。

大半の人は将来の夢が言えないか、無難な回答をしてやり過ごしてしまうのです。

将来の夢がないと、一体どのようなことが起こるのでしょうか。

将来の夢がないと流されるだけの人生になる

人生はセーリングのようなもので、大海原を波と風で流れていきます。
自分で漕ぎ続けるよりも、周りの環境のスピードや流れに乗せてもらったほうが、早く目的地にたどり着きます。

その時に、舵のあるなしで進路が大きく変わってしまいます。
進路が決まっていないと、ただ単に流されるだけの人生になるでしょう。

自分で舵を切って波と風をうまく使えたら、行きたいところに最短で行けるようになります。

企業は人生に計画がある人を求めている

面接官は、きちんと人生の計画がある人に来て欲しいと思っています。

将来の夢をきちんと持っていて、それに対して自分の人生プランを考えており、

「そのためにこの会社がベストだと思いました。働くなかでしっかりと学ばせて頂き、実力をつけていきたいと考えています」

そう言える人を採用したいのです。

そのことによって会社が良くなるのは、誰から見ても明らかでしょう。

将来の夢を聞かれた時に、しっかりと答えられるようにしておいて下さい。
夢を持ち、自分自身を磨くことは人生でプラスに働きます。

自分の夢と企業の計画をマッチさせて、相手に未来を想像させる

ただ単に自分がしたいことだけを答えるのではなく、

「私はこのような夢を持っており、御社の計画と目指している場所が一緒なので必ず力になります。」

「共に仕事をする上でこういったことが実現できたら、お互いにとってプラスになると考えています。」

このように言えると好印象を与えられます。

転職とは人生を進めるためのチャンスでもあります。

ケースによっては逃げとして使ってしまっている人もいますが、自分の人生をプラスに進めていくいい機会です。

人生単位で自分の将来を言えるようにしてください。

自分自身がただ単に達成できればいいと考えるのではなく、誰かと共有することでうまくいく、ということを考えられるようになりましょう。

まとめ

今回は、面接で「将来の夢はなんですか?」と聞かれた時の上手な答え方をお伝えしました。

人生の舵取りをしないと、ただ流されるだけの人生になってしまいます。

そのような人生を、あなたは心から望みますか?
もちろん、答えはNOですよね。

将来の夢を聞かれた時にしっかりと答えられるように、自分自身を磨いておきましょう。

自分自身が生きたい人生をしっかりとクリエイトできるようになったら、世の中がもっと良くなっていくはずです。

ぜひ今回の記事を参考にし、いい転職をしてもらえたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼動画でみたい方はこちらから!

【面接で注意すべき質問】「将来の夢は何?」で面接官の注目を一気に集める答え方

他にも、転職や働き方にまつわる情報を発信しています!
5倍速成長&5倍速お悩み解決チャンネル - Takuma Otsubo

株式会社日本デザイン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings