1
/
5

タテvsヨコ!!どっちが効果が高い!? Google Play ストアでスクリーンショットABテスト

こんにちは。春大好き!って言うと花粉症の方々から冷ややかな目で見られるデザイナーの佐藤です。


今回はGooglePlayストアでNews DigestのスクリーンショットをABテストを行ったのでその結果をご紹介します。

テストを行うことにした経緯

以前までは、すべてタテ型のスクリーンショットを使用していました。

しかし様々なアプリが並ぶ一覧ページでは、画像の表示が小さくなるので、ある時これをヨコ型に変更したらインストール率が上がるのではないか?という提案がありました。

それならタテ型vsヨコ型でどちらがインストール率が高いか見てみよう!ということになったのです。

一覧ページでの見え方


テスト結果の仮説

News Digest開発チームでは次のように考えました。

<1>一覧ページでは、タテ型よりヨコ型の方が訴求ポイントがユーザーに伝わりやすいので、詳細ページに移動してもらいやすい。

<2>詳細ページはタテヨコそれぞれでスクリーンショットの違いはあるものの、アプリタイトルや説明本文、またスクリーンショット自体の内容も同じ(レイアウトが違うことによる差は多少ある)なので、ここでのインストール率は変わらないものとする

<3>ということは、<1>のユーザーが増えれば、最終的にインストールしてくれるユーザーも増えるはず!



なお、計測方法については、GooglePlayのストア掲載情報のテスト機能を使用しました。
https://developer.android.com/distribute/best-practices/grow/store-listing-experiments.html?hl=ja


さて、テスト開始して1ヶ月の計測期間をもって結果が出ました。
果たして勝者はどちらか...!!!!

結果

↓↓↓↓↓↓↓↓




なんと同点でした(誤差0.1%以内)


News Digestチームの期待を完全に無視し、何とも面白くない結果となってしまいました。

この記事を見て頂いてる皆さまも、さぞ面白くない顔をされてることと思います。


結論

ユーザーは詳細ページに移動するために、我々が思っていたよりもスクリーンショットを見ていなかったのかもしれません。


どちらも数字が変わらないということで、

・文字や画像の大きさという意味で、視認性が高い

・レイアウトの都合で、内容の詳細説明が少し多く入ってる

という理由でヨコ型を最終的に採用しました。


今回は数字が上がる施策にはなりませんでしたが、まだ改善施策はアイディアベースではたくさんあるので、これからもドンドン試していきます!


そんな自分たちのアイディアで勝負できるのがJX通信社です!!

自分ひとりだけでなく、チームと様々なディスカッションを重ねて制作/開発していくことにやりがいを感じられるなら、あなたはJXに適性があります。

デザイナー、エンジニア(フロント/サーバ)ともにぜひ気軽にご応募ください!


News Digest


iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/news-digest-ニュースダイジェスト/id950527505?mt=8

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newsdigest&hl=ja

JX通信社では一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング