1
/
5

企業理念と行動指針、コンサルタントとして意識していること(石井編)

こんにちは、コンサルティング事業部の石井です。

前回の齋藤さんに引き続き、当社の企業理念や行動指針について、普段の業務でどのように実践しているのかお話したいと思います。

私の自己紹介などは下記よりご覧ください!




今年30歳の僕が、会社に対して思うこと | リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社
ぼくの本棚(石井編) | リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社 こんにちは 石井です。 ぼくの本棚第4回を務めさせて頂きます。 さて、社内の人間からすると意外かもしれませんが、私は読書が大好きです。特に推理小説が好きで、小学生のころの愛読書は「シャーロック・ホームズ シリーズ」でした。 ただ、本を読みだすと熱中しすぎ、読み終わるまで他のことが一切手につかなくなるため、現在は読書をセーブしております。 そんな私が最近読んだ おすすめの本 は、 です。 ... https://www.wante
https://www.wantedly.com/companies/lmc-c/post_articles/203831
企業理念・行動指針


まずは今回もLMCの企業理念と行動指針のご紹介から始めさせていただきます。

企業理念

賃貸不動産マーケットのあらゆる課題をマーケティング力で解決する!

行動指針

・当たり前を疑うこと

・できない理由を探すのではなく、できる理由を追求すること

・常に消費者(エンド)ニーズから逆算し、しくみを因数分解すること

・しくみを利用する側ではなく、しくみを創る側に立つこと

・コダワリを持ち、失敗を恐れずすぐに試すこと

・信用されること=小さなことでも依頼された期日までにやりきること

・クライアント(他者)の成功を心から喜べること

・全てのものへ好奇心をもつこと


日々どう実践しているか


行動指針の中で私が特に意識しているものは

・できない理由を探すのではなく、できる理由を追求すること

が挙げられるかと思います。

私は直接クライアントの方とやり取りをするポジションですので、クライアントの方から「こんなことはできないか」「こんなことがしたいがいい方法は無いか」といったようなご相談をいただく機会が多くあります。

中には弊社既存のサービスで対応できないものであったり、一見無理難題に思えるようなこともありますが、クライアントの方は何らかの理由や要望があってそのご相談をしてきていただいているので、そこで「できません」という回答ではなく、先方の事情を伺いニーズに沿うものをご提案することを意識しています。

あくまで私自身の意識の問題ではありますが、物事に対して「できる、できない」を考えるのではなく「どうやったらできるか」を最初から考えるようになったと感じています。

もちろん全てができるわけではありませんが、自分がクライアントの立場になったとして考えると何か相談した時に「できません」と一蹴してくるコンサルタントよりも、結果的にできなったとしても「できる方法を考えてくれる」コンサルタントの方が信頼が置けますし、その後も相談しやすいと考えているので、その部分は強く意識しています。

また、

・クライアント(他者)の成功を心から喜べること

ですが、これは自然と実践できています。

コンサルタントという仕事の性質上、クライアントの成功=自分の成功でもあるので、携わったプロジェクトの成功やクライアントの課題解決が出来た際にはとても喜びを感じます。クライアントから「石井さんとはチームだから」という言葉をいただくこともあり、今後もそう言っていただけるような関係性でいるために努力していきたいと思っています。

簡単にではありますが、私がLMCの企業理念・行動指針を日々どのように意識しているかお話をさせていただきました。

当社の企業理念や行動指針に共感いただけましたら、ぜひお気軽にエントリーください!お待ちしております。

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more