1
/
5

なぜ、世界に進出するのか?へ対しての僕の回答(・∀・)

マサです。

週一回、Wantedlyに書いていくつもりが、頓挫しておりました。今、台北に来ています。

福岡市と台北市がスタートアップ国際交流支援に関する覚書を締結するということで、急ぎ、旅程を調整して、調印式に参加しました。

以前より、台北のスタートアップコミュニティーの皆様に、ヌーラボのイベントを手伝ってもらったり、いろんな方を紹介していただいたりと、大変密にお付き合い頂いているので、今回、このような形で、国際的なつながりができて良かったなあ、と感じています。

実は、台北にもヌーラバーが1名おり、彼女は現地でユーザーコミュ二ティーやプログラマーのコミュニティーにて活躍しています。周りの評判から判断すると、とても、人気のキャラクターのようです。


そういえば、先日、「なぜ、世界進出するのですか?」という質問を受けて、再度よくよく考えたのですが、結果的に「世界平和のためだなあ」という考えに至りました。「マーケットシェアがー」とか「世界で勝負したいー」とかって考えももちろんあったりするのですが、「なぜ」「なぜ」「なぜ」と考えていくと、結果的に「世界平和かな」に至るのです。

世界中にユーザーとして、もしくはヌーラバーとして知り合いがいると、例えば、ロンドンのテムズ川が氾濫したとき、インドネシアを津波が襲ったとき、台湾で大きな地震が起きたとき、学生が暴徒化したときなどに「あの人大丈夫かな?」とリアルな顔を浮かべてかなり心配になります。ある国と日本の関係性が政治的に悪い状態になったときも、はやりある個人の顔を思い浮かべて「ああ、国同士仲良くしてほしいな」と心底思ったりと、ちょっと違ったリアル感をもって、ニュースや情報に触れるようになります。これが、小さいことですが、世界平和への一歩だなあ、と感じるわけです。

逆のこともあって、例えば福岡市内にて、あの有名な「穴」が空いたときに、USのヌーラバーから心配する声が届きました。結果、1週間ほどで埋まった穴ですが、このときに「逆に気にかけてもらえるのだな」と思いました。

国を超えて、海を超えて、互いが顔を知り合い、良い状態でつながっているとことは、世界平和につながるなあ・・・と、思うように至ったわけです。

ともあれ、この度、台湾と良き仲になったこと、とても嬉しく思います。


ではでは (`・ω・´)ゞ

株式会社ヌーラボ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings