1
/
5

オフィスにアートを! OVER ALLs流の壁画の作り方

会社のエントランスに絵を入れよう。

その目的は様々。

インスタ映えするオフィスにしたい。

海外のIT系のオフィスみたいにしたい。

OVER ALLsのオフィスアートはさらにその一歩先を目指します。

会社の企業理念を絵にする。

企業理念の浸透って、簡単なようで、難しい。

毎日、朝礼で唱和しても形骸化してくるし、

企業理念浸透研修とか、営業マンとか打ち合わせを理由に不参加したりする。

だから僕らの出番。

「会社の玄関の絵を制作するのですが、何を描いたら良いと思いますか?」

そう呼びかける。

すると、みんなが企業理念について考え始める。

中には「うちの企業理念、何だったけ?」なんて人も(笑)

そういう打ち合わせを経て、ラフスケッチを出す。

社内がざわつく。

「なんか、色がうちっぽくない気がする。うちって何色だと思う?私は緑かなぁ。」

「わかる。それに、うちって業界では珍しい取り組みとか社風だと言われていて。そういうのを絵に入れて欲しい。」

みんな、真剣に自分の会社のことを考え、語り始める。

そういう思いを受け止めて、最終ラフスケッチに落とし込み、制作を始める。

ここからは孤独な作業・・・

と思いきや、社員の皆さんから話しかけられたり、

コーヒーをご馳走になったり、ランチに誘われたり。

時には仕事のアイデアを求められたり。

そんなこんなを経て壁画が完成する。

完成する頃には壁画は「みんなの壁画」になっている。

ただ描きたいものを描く、のではなく。

会社で働く人の誇りを確認したり、

しんどい時にも、そっとエールになるような。

そんな思いで絵を描いています。

だからOVER ALLsの行動指針がこれなんです。

「僕らは絵を描くだけの会社じゃない」

今日も絵の向こう側にある価値に挑戦しています。

「GREEN PIECE」
モノトーンの街に東邦レオの皆様が緑のピースをはめていくと、そこに人が集い、話し、憩い、
新しいコミュニティやコミュニケーションが生まれる。

パズルをモチーフに、一つひとつの小さな積み重ねが大きな成果を生む。

パズルから飛び出した鳥は枠にとらわれない新しい発想、独自性、創造性を意味し、
エントランスから屋上までの連続性、ストーリーを展開する。
未来の東邦レオ。

パズルの形をした苔のパネルや、取り替えられるリアルの植栽を組み合わせることで四季を
感じられ、生きた壁画になりました。

塗料提供:カラーワークス神戸

株式会社OVER ALLsでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社OVER ALLsからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?