This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

日本旅行を楽しみに来た訪日外国人。
今は東京のみならず、色々な場所に訪れる方がたくさんいます。
その場所には、道の駅、お土産屋、スーパー、デパート、ドラッグストアなど、Made In Japanの素晴らしい製品や、そこでしか買えない商品や伝統工芸品・特産品がたくさんあります。

けれども、パッケージは日本語表記だけで、どのような商品なのか分からない…。
実際に日本ではどれくらい人気なのか?、ベジタリアンだし、ハラル対応ではないし、アレルギー製品入っているか分からないし、原材料が分からないし、効果・効能が分からないし、食べ方が…使い方が…。

Paykeは、そんな訪日外国人向けに、世界共通であるバーコードをスキャンするだけで商品情報が多言語で表示されるアプリを開発しております。
また、良い商品を作っているメーカーさん、良い商品を販売している店舗にも、Paykeのサービスを提供しています。

3.5兆円にもなるインバウンド消費の市場。
しかし、訪日外国人の方は日本の商品パッケージを見ただけではそれが何の商品かがわかりません。
企業側もパッケージからあらゆる国の人に、
自社商品の特徴・魅力を訴求するのには限界があります。

その結果、「分からないから買わない」=「伝えたいけど伝わらない」というミスマッチが至る所で起きているのが現状です。

このミスマッチを「Payke」は解消します。
訪日外国人もメーカーも小売店舗も喜ぶ、誰でも使える世界で唯一のサービスです。

また、データ分析にも力を入れており、様々なメーカー、小売、自治体からの仕事を受けております。
「いつ」、「誰が」、「どこで」、「何を」手に取っているのかをリアルタイムで把握しています。人々の興味動向や動線データなどを収集し、Paykeでしか取得できないデータを活用して課題解決を行なっております。

なぜやるのか

世界中どこに行っても、商品のパッケージの裏側を見ると、そこにはバーコードがついています。 だからバーコードの存在は、世界中のみんなが知っている。100人いたら100人が「知っている」と答えるはずです。
実際世界100ヶ国以上でバーコードは活用されています。

そんな誰でも知っているバーコード。けれど、「バーコードを利用したことはありますか?」と聞けば、そういう経験をした人は全くいません。 知ってはいるけど、実際の生活の中でバーコードを使うことはありません。
私たちPaykeは、バーコードのこの知名度と実際の活用機会のギャップに、 大きなポテンシャルがあると考えています。

アプリ「Payke」は、バーコードという世界中に点在する媒体を活かし、世界中の商品をインターネットに繋げることを可能にします。我々が目指すのは、バーコードを基軸にした膨大なデータベースメディアの構築です。

世界中の商品をひとつのデータベースに再編、整理し、そして誰でもそこに自由にアクセスできるようにすることです。

いつでもどこでも、誰でも、世界中の商品の情報に触れることができるようになる。 このアプリさえあれば、全ての商品についての「分からない」を無くすことができると考えています。

どうやっているのか

私たちのチームは沖縄発のベンチャーで、民間のみならず、
沖縄県の認定ベンチャーとして自治体とも連携をしてサービスを展開しております。

平均年齢も20代前半という若いチームですが、各界の実力者も支援者として一緒にサービスを盛り上げてくれていて、大手クライアントを中心にサービス導入も確実に進んでおります。

総務大臣賞や九州・山口地区ベンチャーアワード大賞も受賞させていただき、さらには東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出して頂きました。一歩ずつですが確実に急増する訪日外国人のインフラとして浸透してきております。

国内インバウンド消費のソリューションの先にはアウトバウンド、世界中のインバウンド消費のソリューションとしての構想を掲げております。

沖縄発の伸び盛りのベンチャーで、創業メンバーとして活躍してくれる仲間がくるのを楽しみにしています!

▼payke 参考記事▼
「ベンチャー最前線『モラトリアム社長が創る外国人向け新サービス』」日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/269655/040700008/

「身近なバーコードが新しい情報のインフラになる−−スキャンするだけで商品情報が閲覧できる「Payke」が築くインバウンド消費のおもてなし」THE BRIDGE
http://thebridge.jp/2016/03/payke

※CTOインタビュー※
「沖縄の名産品といえば、なんといっても「インバウンド向け便利アプリ」でしょ!」SHIFT LOCAL
https://shiftlocal.jp/1194

ソーシャル

私たちについて

Paykeは、バーコードを読み取って世界中のあらゆる商品を検索できるサービスです。訪日外国人の方が日本に来たときに商品を調べたり、日本人が海外に言ったときに商品内容を知るために使われています。現在はバーコードから集めたビッグデータをもとに、訪日外国人向けマーケティングも開始しています。

Paykeは沖縄で創業したベンチャー企業で、現在は沖縄が開発・沖縄営業の2つ、東京が全国営業を担当する3拠点体制となっています。

東洋経済「すごいベンチャー100」、起業家万博「総務大臣賞」受賞。

スペース

株式会社Payke(ペイク)'s Blog

アルバム

ストーリー

投稿

株式会社Payke(ペイク)の募集

もっとみる

地図

東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台501

Page top icon