1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

若いメンバーが多いので、楽しくお仕事することができます!
推進力をお持ちの方、お待ちしております!
「ECトランスフォーメーション ~テクノロジーとKPI保証で、“売れるEC”を実現する~」 デジタル技術の進歩が、ビジネスや社会の現場において変革を引き起こしており、各企業はテクノロジーを介して、事業活動を再定義する必要を感じています。 こうした状況下において、弊社が競争力を高めるためには、広告領域に留まらない価値をクライアントへ提供できることが重要と捉えております。 そこで弊社は弊社が持つテクノロジーを結集し、これまでダイレクトマーケティング領域で培ってきた知見と実績を昇華させることで、ピアラならではの提供価値を創出することを進めております。 弊社のメインクライアントであるBtoCの販売をするクライアントの事業活動をデジタル化するお手伝いを行います。 弊社がメインの事業領域としているマーケティングの根幹は、消費者が求める商品やサービスを届けるということであり、 その円滑な実行には、消費者が求める情報を、最適なタイミングと的確なコンタクトポイントでリーチさせていくことが重要です。 それらの条件は、1人1人によって異なります。 消費者の属性や傾向を分析し、個々のターゲットに適したアプローチを可視化・自動化することは、One to Oneのコミュニケーションの実現に不可欠なことであり、それは現在のマーケティングの本流とも言える概念となっています。 当社もこの潮流を捉え、マーケティングのオートメーション化の推進を急務と考えており、これらを実装するためには事業のデジタル化が必須となります。 国内のEC市場は、2020年には20兆円を突破し、現在のほぼ2倍に拡大するとみられています。ピアラはこの成長市場を舞台に、時代に即したマーケティングの仕組みを市場へ提供し続けていきます。

なぜやるのか

ダイレクトマーケティングはターゲットに直接アプローチするため、反響が分かりやすく、効果が現れやすい利点があります。当社は2004年の創業以来、ダイレクトマーケティングの販促支援に注力し、トライ&エラーを繰り返しながらノウハウを蓄積し、成果へと結び付けてきました。 しかし昨今、消費者のライフスタイルの変化や嗜好の多様化がますます顕在的となり、従来の画一的で一方通行型のコミュニケーションでは、十分な成果を上げることが困難になっています。 マーケティングの根幹は、消費者が求める商品やサービスを届けるということであり、 その円滑な実行には、消費者が求める情報を、最適なタイミングと的確なコンタクトポイントでリーチさせていくことが重要です。それらの条件は、1人1人によって異なります。 消費者の属性や傾向を分析し、個々のターゲットに適したアプローチを可視化・自動化することは、One to Oneのコミュニケーションの実現に不可欠なことであり、それは現在のマーケティングの本流とも言える概念となっています。当社もこの潮流を捉え、マーケティングのオートメーション化の推進を急務と考えています。 国内のEC市場は、2020年には20兆円を突破し、現在のほぼ2倍に拡大するとみられています。この成長市場を舞台に、時代に即したマーケティングの仕組みを提供し続けていきます。

どうやっているのか

Web化の進行による消費者の購買行動の変化や嗜好の多様化により、コミュニケーションの手段も一律ではなくなってきています。 マーケティング担当者は、膨大なパターンの中から、それぞれのターゲットにあった訴求方法を見つけ出さなくてはなりません。 お客様の属性や傾向を分析し、個々にあった最適なコミュニケーション(メッセージ・クリエイティブ)を的確かつ即効的に設計すべく、当社のマーケティング支援ツールであるRESULT MASTERにAIを搭載。マーケティングの自動化、最適化に向けてシステムの改修・運用を行っています。 システムによるマーケティングの自動化が洗練されていくことで、当社のコンサルタントは上流のコミュニケーション設計に携わることが出来るようになり、より高精度なマーケティングの実行を可能とします。 そのためには、AIを育成する必要があり、AI育成のためのシナリオ設計には、担当者の発想力・クリエイティブ力が重要になります。